*

「 2016~2017年末年始パタヤ沈没日記 」 一覧

年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。 大晦日や新年の様子は、別途、日記特別編や夜遊び情報として記事にしてある。 関連記事:大晦日直前のウォーキング

続きを見る

深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア嬢のローテンションとなりつつある。 サービス抜群なのは20歳コヨーテ嬢のほうだが、完全に割り切った関係で電話番号すら知らない

続きを見る

思い出深いゴーゴー嬢と数年ぶりに再会した話

沈没日記14 ウォーキングストリートをぶらぶらしていると、とあるゴーゴーバー前で呼び込み嬢に声をかけられた。 綺麗な顔立ちをしている。 はっきり言って、好みだ。 ん? どこか見覚

続きを見る

20歳コヨーテ嬢をふたたびペイバー

沈没日記13 サービス、ルックス、若さと三拍子そろった20歳のゴーゴー嬢。 10日雇用コヨーテとしてい働いている。 最初の出会いから2週間ほどかけて、チップ1000バーツを受け入れてくれた。

続きを見る

10代ギャル2人とチムチュム深夜3時

沈没日記12 (沈没日記11数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショート1000B。からのつづき) 元ゴーゴー嬢 すでにイサーンの実家に帰ったはずの元ゴーゴー嬢はま

続きを見る

数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショート1000B。

沈没日記11 (沈没日記10田舎へ帰る元ゴーゴー嬢とお別れのブンブンからの続き) 12月下旬のことだ。 ひさしぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバーした。 わたしの記

続きを見る

ついにオープン。パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。セントラルマリーナ。

ノースパタヤのセントラルマリーナ(Central Marina)に、ようやくすき家がオープンした。 日本の牛丼チェーン店としては、パタヤ初進出となる。 さっそく、食べに行ってみた。

続きを見る

元日のパタヤは、さながら祭りのあと

沈没日記元旦特別編 夜通し遊んだパタヤの年越し。 酒と泡とスプレーまみれ。 わたしもすっかり二日酔い。 外出する元気もなく、日中はだらだら過ごすのみ。なかば抜け殻状態だ。 こ

続きを見る

田舎へ帰る元ゴーゴー嬢とお別れのブンブン

沈没日記10 (沈没日記918歳バービア嬢とムーガタからのブンブン再戦からの続きです。) 18歳バービア嬢とのブンブンを終えてから数日。 名無し食堂でパットママームーを食べたり、てき

続きを見る

ハッピーニューイヤー。パタヤ年越しの模様。

沈没日記年越し特別編 あけましておめでとうございます。 パタヤの大晦日から新年にかけての様子を軽くレポートします。 今年はカウントダウンコンサートや花火打ち上げが中心となっており、い

続きを見る

18歳バービア嬢とムーガタからのブンブン再戦

沈没日記9 23歳元ゴーゴー嬢とは連絡を取りつつも、ちょっと熱は冷めてきた。 彼女は、アパートを借りずにホテル暮らしをしているそうだ。毎日400バーツだか500バーツを払っているらしい。 そ

続きを見る

午前4時半、元ゴーゴー嬢が直接部屋に来てブンブン

沈没日記8 100バーツ食生活とノーペイバー生活を数日送る。 その間もバービアめぐりはしているし、ゴーゴーバーで飲むこともあった。 いろいろと誘惑は多いが、決然とノーペイバーを通す。

続きを見る

食費1日100バーツで過ごしつつ、ロング1000バーツ提示を断る。これぞキーニャオスタイル。

沈没日記7 (沈没日記6からの続き) 怒涛の三連戦を終えた。 元ゴーゴー嬢を見送ってから眠りについたのが午前5時半過ぎ。 そこから泥のように眠り込み、目が覚めたのは午後2時前だった。

続きを見る

クリスマスの夜のパタヤ

パタヤ沈没日記クリスマス編 さて、12月25日。クリスマスの夜。 あちこち見て回りたいところだが、あいにくと風邪を引いてしまった。 喉が痛い。 まずは栄養補給のため、サードロードの

続きを見る

3連戦最後は、元有名ゴーゴーバー在籍嬢をお持ち帰り

沈没日記6 連戦を終えた。 さすがに3連戦は無理だ。 この日は、のんびりとバーをめぐる予定。ペイバーなんて考えてもいなかった。 元ゴーゴー嬢 深夜2時過ぎのこと。 とあるバービア群をふ

続きを見る

連戦。濃厚サービスのバービア嬢とロングでしっぽり。

沈没日記5 たしかに18歳バービア嬢はルックス、スタイルとも素晴らしい。何より若い。 が、サービスは淡白どころか、ほぼマグロである。 濃厚なやつが欲しかった。 精神的満足のあとは肉体的

続きを見る

18歳ナーラックバービア嬢をペイバー。これぞバービア遊びの醍醐味。

沈没日記4 さて、パタヤ初回のペイバーは22歳新人嬢だっが、次なるお相手候補は決まっていた。 前回のパタヤ滞在時に何度か部屋に泊まりに来た妖艶系ブリラム嬢である。 関連記事:家賃の支払い

続きを見る

パタヤ沈没の歴史がまた始まる。初戦は22歳新人バービア嬢。

沈没日記3 いつものパタヤ沈没生活のはじまりであった。 昼はローカルなタイ飯で腹を膨らませる。 夜はファラン飯で腹を膨らませる。 夜遅くなってから、パトロールに

続きを見る

バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利で洗練されているけれど、どうにも肌に合わない。 さくっとパタヤへ向かう。 バンコク・ナナからパタヤへ ナ

続きを見る

沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記の第1回目とする。 今回は、特に個人的な夜遊び日記的な側面が強くなりそう。 初期の沈没日記は、完全に時系列順に夜遊びも

続きを見る

アドステア

アドステア

スクリーンショット_012417_024735_AM
HISの初売りクーポン券発行中。LCCでも3000円引き。

格安航空券の大手、H.I.S(エイチ・アイ・エス)が初夢フェアを開

Hot pot chimchum (1)
コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐり

Pattaya Darkside bar (6)
【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

→もっと見る

PAGE TOP ↑