*

ケッティシリー レジデンス宿泊レポート。ソイブッカオの格安ホテル。

公開日: : ホテル情報


以前紹介したケッティシリーハウスに続いて、姉妹ホテルのケッティシリーレジデンスにも宿泊してみた。
どちらもソイブッカオ沿いにあって、LKメトロが近い。ある程度パタヤに慣れている人には、抜群の立地条件である。

両者を比較しつつ、宿泊レポートをお届け。

SPONSOR LINK

ケッティシリー レジデンス (Katesiree Residence)

外観
katesiree-residence-8

ロビー
katesiree-residence-6

一階はロビー兼レストランになっている。
ケッティシリーハウスと同じようなものだが、なぜかレジデンスのほうには客が少ない。

チェックインは奥のカウンターで行う。

チェックインは、少しだけ難儀した。
昼間のフロントで対応した女性の態度は、過去最悪レベルの無愛想ぶり。
Agodaで予約していたが、まず、予約が確認できないという。ケッティシリーハウスの間違いじゃないかと指摘されたが、そんなことはない。
バウチャーを見せろと言われたが、印刷していないのでノートパソコンに保存してあるPDFを提示しようかとバッグからPCを取り出す。と、無言でどこかへ消えていく女性。
また無言で戻ってきて、無言でキーを渡された。
こちらからの問いかけは一切無視。
すげえ。ここまで無愛想で投げやりな対応は、はじめて見たかも。
ブチ切れる客がいてもおかしくない。まあ、切れたところで先方はまったく意に介さないだろうけど。
こちらも、無愛想にスルーしておけばいいだけ。そういうもんです。

階段
katesiree-residence-5

エレベーター無しで4階まで。
ケッティシリーハウスに比べると、階段も廊下も広め。
階段の踊場に灰皿が置いてあり、喫煙スペースとなっている。

スーペリアルーム内部

予約したのはスーペリアルーム。名前はスーペリアだが、実際は一番下のランクの部屋となるようだ。

katesiree-residence-1

部屋は手狭だが、ダブルベッド、エアコン、テレビ、イスと必要最低限のものは揃っている。

katesiree-residence-4

クローゼットの中に、セーフティボックスと冷蔵庫が置いてある。

katesiree-residence-2

作業用のテーブルがないのが残念。ベッドのサイドテーブルは片側のみ。

全体的に清潔に保たれている印象。わずかだが、ケッティシリーハウスよりも綺麗かな。
安宿にしては、かなり上出来だと思う。

が、タイでありがちな設計ミスもある。

katesiree-residence-9

壁から飛び出したコンセントだ。
浴室のスライドドアを全開にすると、かならずコンセントにぶち当たる設計となっている。
まあ、電気はちゃんと通っているんで、ちょっと気をつければいいだけ。
安宿なんて、そんなものである。

あと、あらかじめわかっていたが、スーペリアルームには窓がない。
これはちょっと辛い。圧迫感が押し寄せる。
まあ、1泊だけ寝るだけならまったく問題ないが、数日の滞在だときつい。洗濯物を干すところもないし。

よって、スーペリアは非推奨。
もう1ランク上の部屋にすれば、窓がつくようだ。

スーペリアルームは室内禁煙だった。
おそらく窓のある部屋は喫煙可能だと思われる。
(ちなみにケッティシリーハウスは、一番下のランクの部屋でも窓があって、室内でも喫煙可。)

無料のWi-Fiは、フロントでパスワードを教えてもらう。
繋がりは、まずまず良好。

浴室内

katesiree-residence-shower

シャワーの温度と湯量は並。決して水シャワーではないんで、ご心配なく。

シャワーと洗面台の間には低い仕切りがついているけど、多少は床が濡れます。

katesiree-residence-3

アメニティは石鹸くらいなもの。
あとは自分で揃えましょう。

前述のとおり、1階がレストランになっている。

katesiree-residence-7

朝食はセットで129バーツ。

地図と周辺施設

地図

ソイブッカオのやや南側の立地だ。
ケッティシリーハウスをさらに南へ3分くらい歩いたところ。
つまりLKメトロまでは徒歩3分ほど。

ブッカオを走るソンテウに乗れば、ウォーキングストリートまで1本で行ける。帰りは少々面倒。セカンドロードのパタヤアベニューで降りてソイ15を抜けるか、ソイダイアナを歩いて戻ることになる。もしくは、ウォーキングストリートからブッカオ入り口まで歩いて、そこからソンテウに乗ればいい。結果的に歩く距離はそれほど変わらない。

周囲にはコンビニや薬局もあり、生活に不便はない。

ローカル系食堂ならば、ブッカオ名無し食堂まで3分くらい。ケッティシリーハウスの目の前にある。
ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

午前中限定だが、ソイレンキー交差点付近に、お粥屋台やパートンコー屋台が出現する。
タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

このあたりはファランの長期滞在者が多いので、洋食系は充実している。
がっつりブレックファーストが食べたいなら、LKメトロかソイレンキーへどうぞ。
RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

宿泊料金と予約先

Agodaで予約した。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_080616_105730_am
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_080616_105810_am

税込みで1548円
500バーツ強といったところ。

安い。確かに安い。
が、やはり、窓がなくて圧迫感のあるスーペリアルームは非推奨。

最低でもデラックスルームにしたほうが良さそうだ。

試しに9月下旬の日程で価格を調べてみると、さらに安くなっている。
スーペリアより上のデラックスでこの価格だ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_091316_012441_pm

エグゼクティブクラスにすると、部屋も広くなってさらに快適だろう。
とにかく安値を追求する人以外は、上位クラスに泊まりましょう。

ケッティシリー レジデンス (Katesiree Residence)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコム

単純に一番安くする方法は、じゃらんのクーポンを使うこと。
お試しで一日だけ宿泊するなら500円引きクーポンがとても有効だ。
さらにPONTAポイントがたまって、次回以降の宿泊に使える。またサプライスでの航空券購入にも使える。

スクリーンショット_081016_034926_PM
⇒⇒じゃらん海外ホテルクーポン
(9月15日現在もクーポンは配布中)

サプライスでは、頻繁に大幅円割引キャンペーンをやっており、航空券を購入するならお得になる。一部LCCも扱っている。
⇒⇒航空券予約 サプライス

ケッティシリーハウスかケッティシリーレジデンスか?

部屋の清潔度では、ややレジデンスに軍配。館内もレジデンスのほうが広めで、よりホテルっぽい雰囲気がある。ハウスはいかにもゲストハウスなんで。
LKメトロから少し離れるぶんだけ、レジデンスのほうが静か。
便利なのは、やはりハウスのほう。ホテルの裏がLKメトロというのは、やはり利用価値高し。
ただ、実質的に徒歩2,3分の距離なので、大した差はない。
一番安いクラスの部屋にするなら、ハウスのほうがおすすめだ。

ケッティシリーハウスの詳細レポートはこちらから。
ケッティシリーハウス宿泊レポート@ソイブッカオ

ソイブッカオ近辺には、おおむね2000円以下で宿泊できる格安ホテルがたくさんある。500バーツ前後のゲストハウスも多い。
そんな中でも、ケッティシリーハウスとケッティシリーレジデンスは、評価の高いホテルだ。
格安料金でそこそこ綺麗な部屋に泊まりたい人には、おすすめです。

SPONSOR LINK

関連記事

スーパーベッドオテル室内 (3)

スーパーベッドオテル(Super Bed ‘otel)宿泊レポート@ソイブッカオ

連続ホテル宿泊記第2弾は、ソイブッカオ南端近くにあるスーパーベッドオテルをお届けする。 ア

記事を読む

チャップリンイン (7)

チャップリンイン(Chaplin Inn)宿泊レポート@サードロード。穴場的ホテルで長期滞在可能。

日替わりホテルシリーズ後半戦の2軒目はサードロードへ。 パタヤタイとの交差点近くにあるチャップ

記事を読む

D apartment swimming pool (1)

屋上プール付きでコスパ上々、立地良し。Dアパートメントパタヤ (D Apartment Pattaya)宿泊レポート。

ソイブッカオ北側にあるDアパートメントに泊まってみた。 数軒あるDグループのアパートだ。ホテル

記事を読む

Robin's nest guesthouse pattaya (16)

LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに泊まってみた。 LKメトロま

記事を読む

AAパタヤヴィレ (2)

AAパタヤヴィレホテル宿泊レポート@サードロードソイ14

日替わりホテルレポート第4弾はサードロードへ。 AAパタヤヴィレというホテルだ。

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル (2)

パタヤカンにある新築ホテル、BED TIME PATTAYA(ベッドタイム)

ベッドタイムパタヤホテル 場所は、パタヤカン・ソイ16。 パタヤカン沿いの屋台村

記事を読む

eastiny-residence-hotel-pattaya-28

リニューアルしたイースティニー レシデンス (Eastiny Residence Hotel)宿泊レポート@ビーチロードソイ10

ビーチロードのソイ10に位置するイースティニーレジデンス。 ここは、かつての定宿だった。

記事を読む

Sawasdee Hotel Sukhumvit Soi 8 (8)

意外と綺麗で便利。サワディー ホテル スクンビット ソイ8 (Sawasdee Hotel Sukhumvit Soi 8)宿泊レポート。

バンコク・スクンビットソイ8にあるサワディーホテルに泊まってみた。 サワディーグループといえば

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

br-guesthouse-pattaya-6

ソイブッカオの典型的ゲストハウスはこんな感じ。BRゲストハウス宿泊レポート。

ソイブッカオにある典型的なゲストハウスを紹介しよう。 そもそもゲストハウスとは、簡易宿泊施

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑