パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年12月~2016年パタヤ沈没日記

ソイ7の新しいホテルiCheck innと、バービアめぐり

投稿日:

沈没日記22

ノースパタヤ散策

昼過ぎから、セカンドロードをノースパタヤ方面へバイクを走らせる。
気晴らしツーリングは楽しい。
ついでに、おいしそうな店や気になるスポットを探す。
レンタルバイク派に転向してからは、すっかり日常と化してきた。とにかく楽でいい。
以前は徒歩とソンテウだったので、おのずと限界があったんでねえ。
でも飛ばし過ぎると、見落としがでてくる。スピードには注意だ。

セカンドロードのソイ1に入っていく。

ムーガタ屋THE FISH
セカンドロードソイ1のムーガタ屋フィッシュ

看板を付け替えたようだ。入り口も変更になっている。
潮州海鮮店という漢字表記。

ムーカタというより、シーフードバーベキューになったのかな。詳細不明。
パタヤ初心者のころは、ドリンキングストリートのバービア嬢とよく食べにきたっけ。
最近はご無沙汰。
セカンドロード沿いなんで、利用しやすいムーガタ屋だった。
たぶん、中国人団体客御用達なんだろうね。
近くには、中国人向けのよくわからんナイトクラブっぽい施設もあるし、大型バスの駐車場もあるし。

Art in Paradise
アートインパラダイス

タイ人の中学生か高校生らしき集団が入っていった。
遠足でしょうかね。
ここは写真撮影にはおもしろいみたいだが、一緒に行く相手もおらず、外国人価格の入場料がもったいないんで一度も入ったことがない。

ソイ6
昼間のソイ6

これといって目新しい収穫もなしに、ビーチロードへ。
ついでにソイ6に寄ってみた。

バイクを止めて、徒歩で一往復。
まだ時間が早いせいか、ここでも収穫なし。

せめておいしそうなローカル食堂を探したかったが、ビーチロードとセカンドロード沿いでは、なかなか厳しい。
結局、FRYDAYのフィッシュバーガーを購入して部屋に帰った。
観光客メインのビーチロードとセカンドロードでは、タイローカル料理よりも西洋料理やインド料理あたりを探したほうがいいのかも。

ソイ7の新しいホテル、Studio Central Pattaya by iCheck inn

夜。
ソイメイドインタイランドで軽くビールと食事

そのまま、セカンドロードを渡ってソイ7へ。

おっと、見慣れないホテルができている。
たしかボロ宿があったような気がするのだが。

スタジオセントラルパタヤbyアイチェックイン
ソイ7ホテルアイチェックイン (1)

おそらく、元々あった建物を改築したもの。看板から察するに、J.P.INN。
見た目は綺麗なんで、部屋内部も改装して綺麗になっているはず。
iCheck innはチェーン店。バンコクのナナ駅近くにもある。スクンビットソイ7/1の奥。
その他、バンコクでも数軒、プーケット、コンケーンなどで展開中。

ソイ7ホテルアイチェックイン (2)

パタヤのアイチェックインは、ウォークイン999Bの表示。
アゴダで税抜き841バーツ。

ソイ7のセカンドロード寄りで、すぐ近くにはコンビニもあってとても便利な立地なのだが、斜め前がPJDJという爆音でBGMを流すバービアとなっている。もし通り沿いの部屋になったら、朝方まで眠れそうにない。
裏側の部屋になれば、そこそこ静かだとは思う。
これは、ソイ7とソイ8のホテル全体に言えることだが。

料金など詳しくは、アゴダでチェックのほどを。

Studio Central Pattaya by iCheck inn

 

ビールとビリヤード

ソイ8も合わせて、バービアをぐるぐるしてみたが、これまた特に収穫なし。

結局、最後はブッカオに戻る。
昨日知り合った21歳のスレンダー嬢がいるバービアへ。

軽くビールとビリヤード。
勝ったらビールを奢ってねと言われて勝負。
元ホテル勤務でバービア歴が短いせいか、ビリヤードはまだまだ下手くそな彼女。
空気を読まずにわたしが圧勝。
悪いことしたかな。
チップ20バーツを渡して、おしまい。

いや、この日は、本当にこれでおしまい。
バービア2軒でビール2本だけ。
まるで収穫のない1日だったが、フィッシュバーガーがうまかったことだけは確かだ。

のんびりやろう。
スピードを出しすぎると、見過ごしてしまったり、怪我のもとになりかねないんで。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-2015年12月~2016年パタヤ沈没日記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.