*

FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

公開日: : グルメレポート


以前紹介したフィッシュ・アンド・チップスの名店「FRYDAY」。
場所は、ソイニュープラザ内で、セカンドロードから入ってすぐのところだ。

99バーツながら、ボリューム満点のフィッシュ・アンド・チップスはすばらしいの一言。
さくさくの衣と、ふわふわの白身がたまらない。

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)
関連記事:99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

FRYDAY地図

営業時間は不明。たぶん、昼過ぎから夜11時くらいまでかな。

SPONSOR LINK

フィッシュバーガー

久々のあの魚フライが食べたくなった。
が、同じメニューだと芸がないので、フィッシュバーガーにしてみた。
メニューの名前は、「FISH BURGER & CHIPS」。ポテトもセットでついてくる。

わたしが、マクドナルドで一番好きなバーガーはフィレオフィッシュ。
モスバーガーでも同じ。フィッシュバーガーを頼むことが多い。
単純に白身魚のフライが好きなことに加え、濃厚なタルタルソースと一緒に食べたくなってくるのだ。

午後3時過ぎにFRYDAY訪問。
さすがに中途半端な時間だけあって、客は一人だけ。
ファランが、ハンバーガーセットに豆を追加オーダーして、ばくばく食べていた。
うまそう。

わたしは、お持ち帰りでフィッシュバーガー&チップス。99バーツ。100バーツ払うと、きちんと1バーツおつりをくれた。
厨房担当は、ファランシェフではなくて、タイ人の女性だった。

別の持ち帰り注文が入っていて、巨大なスペアリブを調理中。
肉のかたまりに一生懸命でハケでタレを塗っている姿が印象的。あれは、うまそうだなあ。
フィッシュ・アンド・チップス系だけでなく、ステーキもいけそうだな、この店は。

10分ほど待って、フィッシュバーガー・アンド・チップスの完成。
持ち帰り用容器の中身をチェックしてみると、ケチャップが入っておらず、自分でポテトにかけておく。ついでに胡椒も少々。

FRYDAYフィッシュ・アンド・チップス

テーブルやカウンターに置いてある調味料は自由に使っていい。

部屋へ帰って、実食。

FRYDAYのフィッシュバーガー (2)

大きなバーガーだ。魚フライが若干はみ出しているぞ。

バンズを開けてみると、こんな感じ。

FRYDAYのフィッシュバーガー (1)

タルタルソースはあらかじめ塗ってある。

がぶりと一口。

バンズは、一度焼きなおしているようで、マックのフィレオフィッシュのようなシナシナ感はゼロ。香ばしさもあって、うまい。
そして、肝心の魚フライ。
衣はやっぱりサクサク、そして魚の身はほくほく。いや、むしろ熱すぎてヤケドしそうな勢いだ。
部屋まで持って帰るのに数分はかかっているはずで、それでもこの熱々ぶり。
揚げたてなら、おそろしいことになっている。あわててかぶりつかないほうがいい。

本来のフィッシュ・アンド・チップスの魚フライに比べると、もちろんかなり小ぶり。おおむね半分の大きさだろうか。厚みもややうすくなっている。
でも味は同じ。
タルタルソースとバンズとの相性もいい。

おいしいねえ。

野菜は、レタスとキャベツ。残念ながら、チーズは挟まっていない。

ちょっと見苦しいが、食べかけの断面がこちら。
FRYDAYのフィッシュバーガー (3)

わずかばかりでも、野菜が取れるだけいいだろう。

できれば、もう少しタルタルソースは塗ってほしいところ。
やっぱりフィッシュバーガーはタルタルソースがキモなんで。

フライドポテトは、まあ、フライドポテト。
以前食べた時よりも、わずかに揚げ過ぎで、油ギッシュかな。
ケチャップを付け足しておいて正解だった。

ポテトだけなら、マックのポテトのほうが好き。
でも、フィッシュバーガーとしては、断然FRYDAYの勝ちだね。
もう圧勝。

何とか完食したが、少食のわたしには多すぎるくらいの量。
大満足を通り越して、満腹のあまり苦しくなってしまった。
3時半くらいに食べて、夜10時過ぎまで何も食べる気がおきなかった。

99バーツで、このボリュームなら、正解でしょう。
パタヤのマクドナルドのフィレオフィッシュセットがおそらく140バーツくらい。大きなコーラがついてくるとはいえ、やはり割高。
そう考えると、99バーツは安い。

パタヤには、マクドナルドやバーガーキングなどのチェーン店のほか、街角ハンバーガースタンドも数知れず。
まあ、それほどバーガーの食べ歩きをしたわけじゃないけど、FRYDAYのフィッシュバーガー&チップスは、ボリューム・味とも文句なしです。
本格的フィッシュ・アンド・チップスの魚フライが挟まったバーガーなんて、日本ではそうそう食べられませんよ。
ぜひパタヤでどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

白身魚フライとスパゲッティ

BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ノースパタヤにあるBIG-Cは、パタヤ老舗のスーパーマーケット。かなり巨大な店内で、品数も豊富。

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

ブッカオ北側イサーン料理食堂 のソムタム

食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

先日、バービアで飲んでいた時のこと。 いつもは見かけるバービア嬢の姿がない。 ペイバーさ

記事を読む

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム。 パタヤ在住のタイ人なら、ほとんどみんな知

記事を読む

アドステア

Comment

  1. みっきー より:

    私も好物の白身魚フライ
    パタヤではできるだけタイ料理を食すよう努めておりますが、次回訪タイの際にはぜひ行ってみたいと思います
    ヤミツキになりそうな予感

  2. Singapre出稼ぎアラフォー より:

    いつも拝見してます。私も2月第2週にパタヤへ再訪できる事になりました。

    このお店にはこちらの情報を拝見して1度行きました。私も持ち帰りにしましたが、その時にケチャップ頂戴とお店の店員さんに言ったら容器に入ったのを2ついただけました。

    ビネガーも同様にもらえたと思いました。

    カラオケ嬢との進捗が楽しみです。

    • 千夜一夜 より:

      ケチャップは、店員にお願いしてもいいですね。あと、胡椒はポテトに直接ふりかけました。

  3. Taka より:

    このお店、以前に紹介されていたので年末に行って来ました。
    有無を言わず『フィッシュ&チップス』で頼みました。確かにホクホクで美味しかったのですが、私にはいささか量が多すぎました。。。。
    3分の1ほど残してしまいましたが、バーガー、美味そうですね!全く気付きませんでした。
    魚のフライが小さくなっている分、最後まで美味しく食べられそうです。
    次回はぜひバーガーに挑戦したいと思います!

    • 千夜一夜 より:

      フィッシュ・アンド・チップスの量は多いですねえ。わたしもポテトまでは完食できませんでした。
      フィッシュバーガーはポテトまで完食できましたが、最後のほうはかなり苦しかったです。でも、バーガーおいしいですよ。ぜひ。

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑