*

FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

公開日: : グルメレポート


当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。
ソイニュープラザにあるフィッシュアンドチップスの名店である。
ハンバーガーもうまい。何を食べてうまい。そしてボリュームたっぷり。
そんなフライデイの店頭に新しく掲げられたブレックファーストの看板。

FRYDAY breakfast (1)

ついに朝食まで始めたか。
うん?
よく見ると、提供時間は午後2時から午後6時。っておい、朝食の時間じゃなかろうに。
まあ、開店が昼過ぎなんで、これはしょうがない。
いや、むしろ、これでこそ夜の街、パタヤである。

SPONSOR LINK

フライデイのブレックファースト

FRYDAY breakfast (2)

昼過ぎに起床した宵っ張りのわたしは、午後3時、ぺこぺこのお腹を引きずるようにしてフライデイを訪問。
パタヤはかんかん照りだ。太陽がまぶしい。ドラキュラ型の生活を送っているわたしの肉体は今にも灰になりそうだ。

きつい陽光が差し込む店内で、一言、「ブレックファースト」とだけ告げた。
コーヒーorティーの質問には、コーヒーと答える。紅茶党に言わせると、コーヒーなんていう無粋な泥水を飲むようになってから人類は堕落し始めたそうだが、わたしはとっくに堕落しきっているので気にしない。

FRYDAY breakfast (8)

ふっ、昨晩も飲みすぎてしまったぜと、うなだれていると、コーヒーとオレンジジュースが運ばれてきた。

FRYDAY breakfast (3)

おそらくはMALEEか何かをパックから注いでいるだけだろうが、それでもオレンジジュースは疲れた体に効く。
コーヒーはミルクと砂糖だけ混ぜておき、食後にゆっくり飲むか。

続いて、トースト。

FRYDAY breakfast (4)

山切りカットの大きなトーストが2枚。バターとジャムも付いている。
微妙に焦げ具合がいかしている。どんなトースターを使っているのか。

本体が遅れてやって来た。

FRYDAY breakfast (5)

大きなベーコンが2枚。
ソーセージが2本。
卵2個。
ベイクドトマト1個分。
そして、ベイクドビーンたっぷり。

FRYDAY breakfast (6)

なかなかのボリューム感である。
これで120バーツなら文句なし。

ベーコンは薄いかりかりタイプではない。しっかりした肉厚があり、しかも柔らかい。今まで食べたブレックファーストのベーコンの中では一番マイルドな味。まるでハムステーキのようだ。実際には異なるだろうが、なぜかお歳暮の定番の丸大ハムを連想させた。

ソーセージもマイルドな味。しかも柔らかい。
しっかりと味はついているし、香ばしさもあるし、わずかに臭みもある。けれども、マイルドで食べやすい。独特の臭みと味の濃さを持ったイングリッシュソーセージと、蛋白な既製品ソーセージの中間くらいの味と表現すればいいだろうか。

FRYDAY breakfast (7)

ベーコンとソーセージは当たりだ。うまい。

豆とトマトと目玉焼きは至って普通。トマトはもっと熟々になったほうが好みではある。

とにかくベーコンとソーセージがトーストによく合う。

量が多い。なかなか減らない。
気合で完食した頃には、満腹を通り越して苦しいほどだった。
大満足である。
食後の優雅なコーヒータイムどころではない。いや、飲むけど。

これでこそフライデイだ。
フィッシュアンドチップスでもフィッシュバーガーでも一度完食すれば、腹がはち切れんばかりとなり、以降6時間以上空腹を感じなくなる。
この満腹感は、フライデイで食事をしたことがある人なら誰もが納得してもらえるはずだ。
そして、ブレックファーストも同様である。
やはり6時間以上、まったく空腹を感じなかった。いや6時間どころではない。ようやく空腹となり、晩飯を食べる気になったのは、日付の変わった深夜0時過ぎであった。午後3時にブレックファーストを食べてから、実に9時間を要した。

うむ。これでいい。
午後2時から6時の朝食。
これこそがパタヤの朝食の時間帯である。
そして、晩飯は深夜0時を越えてから食べるものなのだ。

パタヤには健康的とか健全とか規則正しいとか、そんな戯言は似合わない。

昼過ぎに二日酔いの頭を抱えながら、ふらふらと起き出して、3時にフライデイで山盛りのブレックファーストを食べる。
このスタイルをこそ、わたしは提唱したい。

人間到る処青山あり。
パタヤにフライデイあり。
日本のストレス社会で灰になって朽ち果てるよりかは、パタヤのフライデイで満腹になってから死んだほうがよっぽど人間らしいではないか。

なお、FRYDAYの看板には、Everyday is FRYDAYの文字が掲げられている。
でも、毎日食べ続けたら、たぶん本当に死んじゃいます。
死なない程度においしく食べましょう。

FRYDAY地図

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ北側イサーン料理食堂 のソムタム

食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

先日、バービアで飲んでいた時のこと。 いつもは見かけるバービア嬢の姿がない。 ペイバーさ

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

panpan-bbq-hotpot-3

ムーガタとチムチュムとカラオケの店、パンパン

サードロードに以前から気になっている店があった。 明らかにムーガタとチムチュムの店

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

gafae breakfast coffee (10)

カフェ「gafae」のコーヒーとブレックファースト@パタヤタイ

トゥッコムのすぐ近く、パタヤタイ通り沿いに、わりと利用しやすいカフェがある。 その名も、gaf

記事を読む

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)

ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

毎日タイ料理ばかり食べていると、たまには洋食(つまりファラン飯)を欲してしまう。 パタヤはファ

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑