*

99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 グルメレポート


パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。

たぶん正式な店名は、「EVERYDAY IS FRYDAY」。

Fridayのフライと、揚げ物のフライ(Fry)の語呂合わせだ。

フィッシュ・アンド・チップスの店としては、パタヤでそこそこ有名。
パタヤのファラン向けテレビ番組では、しょっちゅうCMが流れている。
ファランのおやじが厨房で油と格闘している場面を見た人も多いのでは。

SPONSOR LINK

EVERYDAY IS FRYDAY(エブリデイイズフライデイ)

場所は、ソイニュープラザ。

ソイニュープラザは、ビーチロードのソイ8からセカンドロードを渡った先にあるバービアメインのソイだ。

ソイニュープラザは二股に分かれているが、その北側(つまりパタヤカン寄り)にFRYDAYは位置する。
セカンドロードから入って数軒目くらい。

地図

店の外観
FRYDAYフィッシュアンドチップス

壁にメニュー一覧が貼ってある。
FRYDAYのフィッシュアンドチップス (1)

別途、きちんとメニューもあり。番号と写真入りなのでわかりやすい。
FRYDAYのフィッシュアンドチップス (3)

店に入ると、カウンターで注文して、その場で清算するシステムのようだ。
カウンター上にメニューが置いてあるんで、指差しでも簡単に注文可能。

店内にテーブルが2つほど。表にもテーブルがあるが、店自体はそれほど広くない。

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (2)

カウンター越しにすぐに厨房となっており、調理の模様はすべて見ることができる。
たまたまかもしれないが、厨房に立っていたのは、CMでおなじみのファランおやじではなくて、タイ人おやじだった。

今回は、もちろんフィッシュ・アンド・チップスをオーダー。テイクアウトすることに。
テイクアウトは、英語ではtake-awayと言うのが一般的なんで、お間違えなく。テイクアウトでも通じるはずだけど。タイ語では「ガップバーン」で通じます。

店の看板メニューであるFish & Chips。メニュー番号でも堂々の一番だ。
99バーツ。
まあ100バーツ札を渡しても、お釣りの1バーツは返ってこないのはお約束。ここで1バーツにこだわるのは野暮ってもの。

5分ちょっと待ったところで完成。
今回はお持ち帰りなので、大きめのポリ容器に入れてくれた。

近くのバービアに持ち込んで、いざ実食。

FRYDAYのフィッシュ&チップス

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

魚がでかい。
すごい迫力だ。
衣の色も堂々としている。黄金色の衣がまぶしい。

その大きな魚の下には、ざく切りのポテトフライが敷き詰められている。こちらもかなりのボリュームがある。

ビールの小瓶と魚の大きさを比較してみよう。

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (6)

魚フライのサイズは、ざっと小瓶の高さくらいはありそうだ。少なくともグラスよりは上背がある。

まずは、魚を一切れ。
付属のプラスチックナイフでばりばりと衣に切れ目を入れる。

フライの端のほうは、高温のあまりか、魚が半分溶けかけているほど。
とろとろの魚だ。

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (7)

衣は、ぱりぱりさくさくした食感。

とろとろ、さくさく、ぱりぱり、あつあつ、ほくほく、うまうま

ソースは、タルタルソース。
これが本格的な味で、魚によく合う。
しかもタルタルソースの量もたっぷりあって、タルタル好きにはうれしい。
タイのマヨネーズって、いまいちおいしくないんだよね。(キューピューがタイでも売り出しているけど、普通のレストランや食堂ではあまり見かけない。)

マナオ(ライム)も付いているんで、さっぱり食べたい時は、マナオをしぼればオッケー。

端のほうはとろとろだった魚も、中央部分は肉厚の白身で、食べごたえあり。
さすがに高級魚でもなく、おそらく元は冷凍モノなのだろう、そこまで身がしまっているわけではないが、99バーツなことを考えれば、充分すぎるほどの食べこたえだ。

ポテトは、長さや太さがばらばらで、ちょっと本場イギリスのポテトフライを思い起こさせる。こちらもカリっと揚がっており、実においしい。
塩味がきいており、特にケチャプなどは不要。タルタルソースをちょっと付けるだけでオッケーな味。

タイの揚げ物では、使用している油が安物で、そのうえ劣化していたりするものだが、FRYDAYの油は、決してしつこくない。この大きさの魚を揚げているので大量の油を吸い込んでいるはずだが、胸焼けはしなかった。
それでも、かなり量が多くて腹への負担はけっこうなものだ。胃もたれしている時はやめたほうがいいかも。
フィッシュフライは完食できた。ただ、ポテトフライは食べきれなかった。

まあ、フィッシュ&チップスなんて、そんなもの。

わたしは、ロンドンで何度かフィッシュ&チップスを食べた経験があるけど、毎回食べきれずにポテトを残している。
ロンドンの安い店でフィッシュ&チップスをテイクアウトすると、新聞紙に包んで渡される。魚はがぶりとかじりながら、ポテトをつまむスタイルだ。

ちなみに、ロンドンで実際に食べた、どのフィッシュ&チップスよりも、パタヤのFRYDAYのフィッシュ&チップスのほうがおいしい。

99バーツで、この味とこのボリューム。
うーん、すばらしい。
大満足だ。

 

以前紹介した、ソイレンキーにあるレストラン「フライヤータックス」のフィッシュ&チップスがこちら。

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)
ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。

ここも99バーツ。
そこそこいけるが、タルタルソースが付いていないのが残念。
その点、FRYDAYのタルタルソースはうまい。これだけでも高評価。揚げ方もFRYDAYのほうが上手だ。

他にも、FRYDAYには気になるメニューがちらほらと。

バーガー系もポテトとセットで99バーツから。
フィッシュバーガーを食べてみたい。

より上等な魚のフィッシュ&チップスが食べたければ、Cod&Chipsがいいかな。Codはタラのことだ。メニュー番号3番。
この店のFish&Chipsで、何の魚を使っているかは不明だけど、タラのほうが身が分厚くて食べごたえがありそうだ。

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (4)

あと、イカ好きとしてはイカリング(Deep Fried Calamari)も食べたいなあ。メニュー番号5番。

他にも、ステーキ系が120バーツから。

店にやって来たファランは、追加でオニオンリングを注文していた。それもおいしそうだなあ。オニオンリングは5個入りで25バーツと良心的価格。

壁のメニューには載っていないが、ピザも扱っているようだ。170バーツから。

今回は店内で食べておらず、ドリンク系の値段は不明。メニューにも載っていなかった。
おそらくコーラが20バーツか30バーツってところだろうか。(追記:コーラが30バーツ)

ソースもきちんと付属しているんで、テイクアウトでも問題ない。実際にわたしの前後で注文しているファランも、全員テイクアウトだった。
近所に持ち込みオッケーのバーが無数にあるんで、どうせドリンクを飲むなら、バーへ持ち込んで食べてもいいだろう。もちろん、自宅で食べてもよし。でも、冷める前に食べることだ。フィッシュアンドチップスは冷めると、とたんにまずくなる。熱々のうちにどうぞ。

ソイ7とソイ8も至近なので、ちょっと足を伸ばして、買い出しに出かけるのもいいだろう。セントラルフェスティバルからでも歩いて5分くらいだ。

本場より安くておいしいフィッシュ&チップスは、パタヤでどうぞ。
営業時間ははっきり調べていないが、昼過ぎから深夜1時か2時くらいまでと思われる。

なお、ファランだらけのパタヤの街には、他にもフィッシュ&チップスを扱う店は多数ある。
ロンドン&パタヤ&ジャンクフード&ポテト好きのわたしとしては、これからも予算と胃袋に余裕がある時に、新たな店探しに挑戦してみたいと思う。

(追記)
残念ながら、現在は値上げにしており、フィッシュアンドチップスが110バーツ。
それでも、食べる価値は大いにあります。
関連記事:FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

また、フィッシュバーガーもおすすめだ(これも値上げして110バーツに)
関連記事:FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

さらに、ハンバーガーも巨大で味も良好
関連記事::値上げしたマクドナルドよりも、FRYDAYのハンバーガーを食べよう

SPONSOR LINK

関連記事

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

Retox Xtra breakfast (7)

サードロードにRetox新店オープン。強烈無比なブレックファーストに打ちのめされろ。

洋食レストランの充実したパタヤにあって、ひときわ強烈な安さとボリュームを誇るRETOXのブレック

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽キャベツ より:

    私も先日一足お先に食べましたが 美味しいです、リピートも当然ありですが 次回ここに行く前にBIC-Cで千切りキャベツを量り売りで購入して一緒に食べたいです、野菜も食べれば胸焼けもしないのでは・・・・・先日待ち時間に角から何件目か数えましたが 間に小さい店が入り8件目です、アマプロが描いた絵画店の向かいが位置関係ですね。この記事を読んだらまた食べたくなってきました 近日食べよう。

    • pattayan night より:

      ファランの考えでは、ポテトも野菜だろってことなんでしょうかね。食べ終わってから、果物食べるようにします。
      8軒目ですか、意外と小さい店が多いんですね。
      次回はフィッシュバーガーを食べてみます。

  2. パ太郎 より:

    Fryday行かれたんですね。けっこう良い店だと思うんで、紹介していただいて日本人客が増えるといいなと思います。ちなみに僕はパタヤに5年ほど住んでますが、FrydayのテレビCMは見たことないですけど、、、。
    さてケバブ関連で、スクーターズバーの向かって左にペルシャ(イラン)レストランが出来てますよね。2週間くらい前にオープンのような?この店で掟破りの40バーツケバブの看板が出てます。今日試してみましたが普通に美味いです、パタヤに多い薄いナンで巻く感じじゃなくて、厚めのピタパンに入れる形でした。デフォだと味付けないのでマヨとかはリクエストした方がいいかも(ケチャップ、チリソースは付属)。好みにもよりますが、このクオリティで40バーツだと他のケバブ屋台は全滅かもしれません(笑)。よかったらレポートお願いします。それでは。

    • pattayan night より:

      フライデイのCMは、Pattaya People TVのレストラン紹介コーナーでよく流れています。毎回同じレストランのCMばかりなんで、正直飽きてきましたけど。たまに新しい店やプロモーションの紹介もあるんで、ちょこちょこチェックしています。
      ペルシャ料理(Persian)の店、ちょっと気になってます。あえてアラブではなくてペルシャを謳っているのが、珍しいかも。イラン料理ってどうなんでしょうか。
      昨晩、深夜1時過ぎに通りかかったら、まだ開いてました。たしかにケバブ40バーツって書いてました。ナンで巻くタイプじゃないのも、パタヤでは珍しいですね。今度、試してみます。情報ありがとうございました。

  3. SHU より:

    英語のサイトとこちらを参考に、先ほど行ってまいりました。コーラは30バーツ。営業時間は昼2時からです。99バーツのフィッシュアンドチップスを頂いてきましたが、ここのは本当に美味しい!もう一件の方はちょっと生臭さがありましたが、ここのはありませんでした。あっつあっつのホックホク。お店ではビネガーもありますので、本場イギリスのアジと遜色なくいただけます。
    99バーツの魚は何なのか、ファランの
    オーナーに聞いたところ、ドーイ、と言ってました。誰かわかる人いませんか^^;

    • pattayan night より:

      いやあ、ここのフィッシュアンドチップスは本当においしいです。99バーツとは思えないクオリティと量ですね。
      酢をかけて食べるのもおいしいですね。次は店で食べてみようかな。
      ドーイ? さて何でしょうね。英語なのかタイ語なのか。謎の魚の種類ですね。

  4. パ太郎 より:

    ドリーフィッシュのことだと思います。参考↓
    http://eow.alc.co.jp/search?q=dory
    http://takko.dreamlog.jp/archives/5198207.html
    日本語だとマトウダイ?まあ美味けりゃなんでもいいですが。次回は僕は鱈試してみたいですが180バーツだと思うと、、、タマダー99バーツを注文してしまいそうです(笑)。

    • pattayan night より:

      なるほど。スーパーの鮮魚コーナーでよく見かける魚ですね。
      タラにしたらもっとおいしいでしょうね。でも180バーツはちょっと気が引けます。食べてみたいなあ。

  5. SHU より:

    ありがとうございます。マトウダイのことなんですね!
    倍違うなら倍美味い、というわけでは無いでしょうが、やっぱりフィッシュアンドチップスと言えばCodですよね。180バーツかー、うーん^^;

    • pattayan night より:

      言ってみれば白身魚フライですからね。魚フライとポテトに180バーツは、う~んですね。きっと、おいしいんでしょうけどね。

  6. kami より:

    ソイボンコットのステーキ屋で59バーツステーキ頼んだら80バーツ取られました。ババア曰く、59バーツはテークアウトの値段だと…んなわけねーだろ。勘定するまでは安いからリピしようと思ってたのに残念でした。

    • pattayan night より:

      あれまあ、マジですか!?
      何度も行きましたが、おつりの1バーツまで返してくれてました。
      そりゃあひどい話ですね。機会があれば、わたしも確かめておきます。

  7. シンガポール出稼ぎ より:

    今日夕方にコッドフィッシュアンドチップスをテイクアウトしてソイ6で飲んでからウォーキングストリートに行ってみます

    • pattayan night より:

      おお、180バーツのコッドを食べますか。味の感想を聞かせて下さいね。

      • Singapre出稼ぎアラフォー より:

        こんにちは、コッド食べました。99バーツのと比較しないとわからないですが、美味しかったです。確かにあれは量がありますね。正直、ポテトは残そうかと思っいましたが完食しました。
        後、お店は午後の2時からなんですね。早く行きすぎてお店が開いてませんでした。持ち帰りにしたんですが、デフォルトはタルタルソースのみでした。追加で、酢とケチャップをお願いしました。
        今回の4泊で、ここのフライデーと、名無しの裏の定食屋でムーガティアムを食べました。
        11月にまた行く予定ですので、その時はセーラーとブッカオの40バーツケバブを食べたいと思います。

        • pattayan night より:

          おお、食べましたか、コッド。しかもポテトまで完食とは。
          そうですね、持ち帰りのソースはタルタルだけです。ビネガーやケチャップがあれば、味を変えられますね。
          名無し食堂裏の日本語メニュー食堂は評判いいですね~。

アドステア

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

→もっと見る

PAGE TOP ↑