*

【最新版まとめ】パタヤからドンムアン空港への行き方

公開日: : 空港やバス関連 ,


パタヤからドンムアン空港へ移動する方法のまとめです。

以前にも記事を書いたが、別の方法を試してみたり、新しいロットゥー情報が入ったので、ここでまとめておきます。

パタヤからドンムアン空港へは、直通で行ける方法と、バスを乗り換える方法とに分かれる。
料金は安い方法だと100バーツほど。

利便性向上のため、パタヤ市内のバスのりばの地図もつけておきます。

SPONSOR LINK


 

パタヤ市内バス乗り場地図

直通でドンムアンへ

パタヤからドンムアン空港まで乗り換えなしで行ける方法。
あまり選択肢はない。

タクシー

説明不要。最も楽で早い方法。
パタヤの街中にあるタクシー手配所で依頼すると、1500バーツ前後と言われることが多い(要交渉)。割高なホテルフロントでの手配だと2000バーツから2500バーツくらいか。
深夜や早朝などは、追加料金あり。また高速道路代が込みがどうかもきっちり確認しておくこと。
所要時間は2時間から2時間半ほど。
ターミナルビルへ横付けできる方法は、今のところタクシーだけ。

ベルトラベルのドンムアン・パタヤ路線を利用(運行休止中)

少し前に記事にしたが、ベルトラベルサービスは、2015年10月31日からドンムアン・パタヤ間の運行を一時休止中とのこと。

本数が少なくて使い勝手が悪く、料金も少し高め(345B)だが、かなり楽な方法だった。
おそらく利用者が少なくて、休止となったのだろう。

よって、この方法はもう使えない。
が、まれに運行することがあるかもしれない。念の為にチェックしておいたほうがいいかも。

ロットゥでパタヤから直接ドンムアン空港へ

タイ人に聞いたところ、パタヤカンから出ているランシット行きのロットゥ(乗り合いバン)がドンムアンに立ち寄るようだ。
ランシットはドンムアンの北側の隣町。

パタヤのロットゥー乗り場は、パタヤカンのスクンビット近く北側。
フードランドをさらにスクンビット方面へ進んだところだ。
電気量販店POWERBUYの隣(ビーチ寄り)あたり。

たぶん、ここ。自信なし。看板にはランシット(รังสิต)とタイ語で書いてあるような気もする。

パタヤカンには乗り合いソンテウが走っており、簡単にソンテウで行ける。

ランシットまではロットゥー料金は180バーツ。
タイ人の話では、乗客が集まり次第出発だが、すぐに集まってくるので10分か15分も待てば出発できるらしい。

ランシットの手前にドンムアン空港はある。
詳しい下車場所は不明だが、おそらく鉄道駅前のバス停だと思う。

モーチットからドンムアン空港行きバス (3)

ここからなら、陸橋を渡ってすぐに空港ターミナルへ行ける。

ベルトラベルのサービスが休止となれば、タクシー以外でパタヤからドンムアンへ直行できるのは、このロットゥだけかも。
ロットゥでは、大きな荷物があると二人分の料金を請求されることがある。
大きなスーツケースだとかなり厳しいかも。
なるべく荷物の少ない人向け。
ちょっと180バーツは高いような気もするが、パタヤからドンムアンまで直行できるならアリかも。

バスを乗り換えてドンムアンへ

パタヤ市内から一度バンコクまで出て、さらにバスを乗り換える方法。
パタヤのバスターミナルまで移動する必要もあるので、乗り換え回数は2回以上の長丁場。
でも安上がりなので、倹約派向きとなる。

アヌサワリーまでロットゥに乗り、そこからローカルバスでドンムアン空港を目指す方法

これもわたしは実践したことがない。
理屈の上ではとても簡単だ。

パタヤ各地からアヌサワリー(戦勝記念塔。ビクトリーモニュメント)行きのロットゥが出ている。
複数の会社が運行しているが、パタヤタイに乗り場が多い。

PATTAYA VANが一番メジャーだろうか。
パタヤタイのフレンドシップスーパーマーケット向かい側など3箇所に乗り場がある。

詳しい乗り場は以下参照のこと。

PATTAYA VAN

パタヤバンなら運賃は92バーツ。

アヌサワリーからローカルバスもしくはロットゥに乗り換えて、ドンムアン下車。
これでもドンムアン空港へ行ける。
かりにロットゥが92バーツでローカルバスが10バーツ程度だとすると、合計102バーツ。
一番安上がりとなるが、慣れていない人にはあまりおすすめできない。また荷物が多い人にも不向き。

わたしは未確認だが、パタヤからモーチット行きのロットゥもあるとのこと。
(モーチットバスターミナル内のロットゥ乗り場では、パタヤ行きと書かれたロットゥを見かけた。)

鉄道利用でドンムアン空港へ

パタヤの鉄道駅からバンコクのファランポーン駅までの鉄道が運行されている。1日1本。14時21分パタヤ駅発。
ファランポーン駅でさらにアユタヤ方面への列車に乗り換えれば、ドンムアン空港まで行ける。20時07分ドンムアン駅着。

が、あまりにも本数が少なくて、利用価値は低い。
到着が遅れる可能性が高い。
時間厳守が必須となる空港利用時にはおすすめできない。というかほぼ考えなくていいと思う。

鉄道運賃は50バーツほど。
パタヤ市内からパタヤ鉄道駅までは、バイタクで80バーツくらいか。ソンテウチャーターなら150バーツか200バーツほど。

ドンムアン空港からゆっくりパタヤへ向かうには利用価値があるかも。

スワンナプーム空港経由でドンムアン空港へ行く方法(一番おすすめ)

これは、わたしが従来から利用してきた方法。

ジョムティエンにあるエアポートバス乗り場からバスに乗って、まずスワンナプーム空港へ。130B。

スワンナプーム行きエアポートバス (1)

パタヤ中心部からバス乗り場までは、ソンテウで簡単に移動できる。
セカンドロードとパタヤタイの交差点付近にジョムティエン行きのソンテウ乗り場があり、それに乗ればいい。ジョムティエンの手前、テパシット通りとの大きな交差点手前で降りること。

パタヤから1時間半ほどでスワンナプーム空港到着。
降車場所は4階出発フロアーとなる。そこから2階の到着フロアーの4番出口へ。無料のシャトルバスに乗り換えて、ドンムアン航空へ。ドンムアン空港を出発する当日のEチケットがあれば、無料シャトルバスに乗ることができる。
スワンナプームからドンムアンまでは1時間弱ほど。

詳しくはこちらへ。
関連記事:パタヤからドンムアン空港へバスで行く方法。スワンナプーム空港乗り継ぎで最安値130バーツ。

この方法がベター。

もしEチケットを持っておらず、無料バスに乗車できない場合は、面倒も一度スワンナプーム空港トランスポーテーションセンターまで無料バス(空港内を移動するためのもので誰でも利用できる)で移動して、そこでドンムアン方面へ向かうバス(554番、555番など)に乗り換える。
逆ルートとなるが、以下の記事も参照にどうぞ。

関連記事:ドンムアン空港からローカルバスでスワンナプーム空港やモーチットへ行く方法。バスを乗り換えてパタヤへ。

モーチット・バスターミナル経由でドンムアンへ行く方法

今回新たに実践してみたのがこちら。

まず、ノースパタヤにあるバンコク行きバスターミナルからモーチット行きのバスに乗る。119バーツ。

バスターミナル1

パタヤ中心部からノースパタヤのバスターミナルへはソンテウを乗り継いで行ける。
セカンドロードを北上。ドルフィンロータリーで下車して、ノースパタヤロードへ徒歩で渡る。そこにスクンビット方面行きのソンテウが客待ちしており、乗り換え。合計20バーツ。
セカンドロードのソイ10あたりからソンテウをチャーターすると150バーツが相場。言い値が200のことが多いが、すぐに150まで下がるはず。
同じくバイタクだと60バーツが相場だ。うまく交渉すれば50バーツになるかも。

2時間ほどでモーチット・バスターミナルへ到着。
ここまではとても簡単。

問題はモーチット・バスターミナルからドンムアン空港への行き方となる。

いろいろ現地で聞いて回ったが、結局サラブリー行きの大型バスに乗って、ドンムアンで下車する方法を取った。
バス代は14バーツ。所要時間30分だった。

モーチットからドンムアン空港行きバス (1)

詳しくはこちらを参照に。

関連記事:モーチットバスターミナルからドンムアン空港へ行く方法。料金14バーツ。

 

つまり、パタヤ市内の交通費を別にすると、パタヤ~モーチットが119B、モーチット~ドンムアンが14B、合計133バーツとなる。

スワンナプーム空港経由の場合、バス代130バーツと無料のシャトルバスで合計130バーツ。

バスに乗っている時間はどちらも同じくらいだ。

ただ、待ち時間の計算がしやすいのはスワンナプーム経由の方法。
前日にスワンナプーム行バスの前売りチケットを買っておく。これで満席で乗れない心配がなくなる。(昼間の時間帯はまず売り切れないはずだが。)
ノースパタヤからモーチット行きバスの前売り購入は不可。空席のあるバスへ自動的に振り当てられる。混雑している時は1時間待ちもありうる。時間がはっきり計算できないのが難点。

スワンナプームとドンムアンを結ぶシャトルバスが早朝夜間でも確実に30分に一本は出ているため、乗り遅れの心配がないし、待ち時間も少なくてすむ。
しかも、バスの乗換えの移動距離も少ない。エアコンのきいたスワンナプーム内を少し歩いて、エスカレーターで下るだけ。モーチットのように炎天下と蒸し暑いアーケード内を延々歩く必要もない。かなり楽。

モーチットバスターミナル付近の大通りからローカルバスでドンムアン空港まで行くことも可能だろうが、やはり炎天下の中を歩いて、さらにバスを待つ必要がある。

結論

おすすめは、断然、スワンナプーム空港経由で無料シャトルバスを使った方法
エアポートバスは座席も広くて快適。シャトルバスはタダだしね。
時間の計算がしやすくて快適。料金も安い。
やっぱり、この方法が一番だと思う。
(ノースパタヤ方面に滞在していて、バンコク行きバスターミナルが近ければモーチット経由もいいかもしれないが。)

もしくは、ランシット行きのロットゥを試してみたい気もする。
問題は、狭い座席と乱暴な運転にどこまで耐えられるか。
本当に180バーツだとすればロットゥーにしては少々高い。が、乗り換えなしでドンムアン空港へ行けるのはかなり魅力だ。
おそらく2時間ちょっとで着くはずだし。

お金に余裕のある人は、もちろんタクシー利用がベストです。

SPONSOR LINK

関連記事

香港エクスプレス航空 (4)

香港エクスプレス航空、香港・バンコク間の運行開始。日本からGoConnect乗り継ぎでドンムアンまで。

香港のLCC、香港エキスプレス航空が、香港とバンコク・ドンムアン空港を結ぶ路線の運行を開始する。

記事を読む

Don Mueang Air port A1 bus (5)

ドンムアン空港発のA1エアポートバスの始発と終発は何時なのか?

LCCのエアアジアやスクートは、ドンムアン空港を利用している。 ドンムアンからバンコク市内へ行

記事を読む

タイ航空TGスーパーディール (3)

タイ航空がTGスーパーディールプロモーション中。バンコク往復29000円。10月7日まで。

タイ国際航空(TG)が、プロモーションを展開中。 成田・関空・名古屋・福岡⇒バンコクの

記事を読む

サプライススクリーンショット (6)

サプライスのクーポンセールつづき。さらに2000円キャッシュバックで合計7000円引き。バンコクまで往復2万円。

格安航空券販売のサプライス(Surprice)の5000円クーポン情報の続きです。

記事を読む

ウドンターニービエンチャン国際バス (1)

ウドンターニー発ビエンチャン行き国際バスの乗り方。始発に乗ればタイのビザ申し込み時間に間に合うのか?

ウドンターニーからラオスのビエンチャンへ移動するには、国際バスに乗るのが便利。 料金は80バー

記事を読む

ノックスクート

【最新プロモ情報】GWでもバンコクまで片道1万円。LCCスクートがプロモーション中。急げ。

関空とバンコク・ドンムアン空港を結ぶLCCのスクートがプロモーション中。 ゴールデンウ

記事を読む

ドンムアン空港発ローカルバス (3)

ドンムアン空港からローカルバスでスワンナプーム空港やモーチットへ行く方法。バスを乗り換えてパタヤへ。

ドンムアン空港からパタヤへ行く方法 以前、ドンムアン空港からパタヤへ行く方法を紹介した。

記事を読む

タイ国際航空HP (1)

バンコク爆発事件によるタイ行き航空券のキャンセルについて(追記)

バンコク・エラワンでの爆発事件を受けて、せっかく楽しみにしていたタイ旅行をキャンセルせざるを得な

記事を読む

ドンムアン空港エアアジア (3)

バンコク発関空行きエアアジア便が2016年3月よりフライト時間変更。終電に間に合うよ。

タイから帰国する便をいろいろと調べているうちに気づいたのだが、来年のエアアジアのタイムスケジ

記事を読む

ドンムアン空港第2ターミナルマジックフードディストリクト (2)

ドンムアン空港第2ターミナルの新フードコート、MAGIC GARDEN・マジックフードディストリクト

ドンムアン空港第1ターミナル リノベーションを終えて、新装オープンしたドンムアン空港第

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽キャベツ より:

    今 建設中の高架鉄道、あれ何時出来るのですかね?スワンナプム空港の様にエアポートリンクに成れば非常に便利ですね、ベルトラベルのドンムアン空港ーパタヤ間廃止にしないでドンムアンースワンナプム間ミニバスを頻繁に走らせてくれれば非常に便利です。

    • pattayan night より:

      高架鉄道は、あと何年かかるでしょうねえ。パタヤまで延伸するなんて噂も聞いたことがありますが、いつになることやら。

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑