*

バンコク(ドンムアン空港・ファランポーン駅)からパタヤへ列車で行く方法

公開日: : 空港やバス関連


バンコク・ドンムアン空港からパタヤまで列車で移動してみた。

やってみると実に簡単なのだが、まあ時間のかかることかかること。
ただし、料金は激安である。

ドンムアン空港からパタヤへの道のりを順に追っていくが、バンコク市内やスワンナプーム空港からも鉄道に接続しており、バンコクからパタヤまで鉄道で移動してみたいと考えている人も参考にしてみてほしい。

SPONSOR LINK

ドンムアン空港からバンコク・ファランポーン駅までの鉄道移動

タイ・エアアジアXのXJ611便でドンムアン空港に到着したのが午前4時20分。
イミグレーションを通過したのが午前4時45分くらい。

まずは、ドンムアン駅へ向かう。
空港からは大きな道路を渡ってすぐのところに駅がある。

いくつかルートはあるが、わかりやすいのはここから。

ドンムアン空港鉄道方面出口

税関を抜けて、左に行ったあたり。
鉄道時刻表も貼ってある。

ここは階段のみだが、近くにはエレベーターもある。
とりあえず階段で2階へ。

ドンムアン空港陸橋

TRAIN STATIONと看板が出ているので、その出口から陸橋へ。
陸橋を降りると、駅になっている。
ドンムアン空港からは、ものの2,3分もあれば行ける。
陸橋を最後まで渡り切ると、駅の向こう側に出てしまうので、途中で降りてしまおう。

ドンムアン空港を背にして、左がバンコク方面。
ドンムアン空港に近いホームの端っこにチケット売り場がある。

ドンムアン空港駅切符窓口

早朝だというのに、チケットオフィスはきちんと開いていた。
バンコクまで1枚と告げると、20バーツのチケットを提示される。

ファランポーン駅行き切符

発行されたチケットにも、きちんと20バーツと表示されている。クラスは3等。
普通列車なら5バーツだが、急行列車は距離に応じて値段がアップする模様。
よって20バーツ。

ちなみに、タイ国鉄の時刻表や運賃はネットで簡単に調べられる。

タイ国鉄時刻表運賃表

http://www.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng

ここに出発駅と到着駅を入れれば、時刻表が表示される
スクリーンショット_040816_102458_AM

ドンムアンからバンコク(ファランポーン駅)までの時刻表はこのようになる。

スクリーンショット_040816_102616_AM

以下、延々と続くが省略。
北部、中部、東北部からの列車が通るので本数は多い。
待っていればそのうち来る。

わたしが乗車したのは、チケットによれば、8番目の午前4時51分発のExpress

実際に列車が到着したのが午前5時10分くらい。
まあ、それほど遅れてはいない。

これが列車の実物
ファランポーン駅行き列車 (1)

車掌にチケットを見せると、一番後ろの車両に座れと指示された。
チケット売り場の反対側となる。
すぐに列車が動き出したので、仕方なく列車内を歩いて移動。
途中、寝台車やエアコン付き車両を抜けて、最後部へ。この移動が大変だった。汗だくになった。

ファランポーン駅行き列車 (2)

3等車はエアコン無しで蒸し暑い。
席に座ると、外から風が入ってきて、ようやく涼しくなってくる。

ファランポーン駅行き列車 (3)

約1時間ののろのろ運転でバンコク・ファランポーン駅に到着。
午前6時過ぎだった。

ファランポーン駅からパタヤへ

ファランポーン駅 (6)

久しぶりに降り立ったファランポーンは、ちょっぴり小奇麗になっていた。
わたしが初めてこの駅を利用したのは約20年前。その頃の待合室は、ろくなベンチもなく、田舎から出てきたような人たちが雑魚寝をしていたものだ。
怪しい客引きも多かった。首からネームカードを下げて、いかにも政府観光局の人間だと思わせて、旅行者をカモにしようと待ち構えていた。
そんな怪しい奴が駅構内に平気で商売してたのがファランポーン駅だったが、今では静かなものだ。
チケット販売窓口もすっきりしている。

パタヤ行きチケットを購入

14番窓口がパタヤ方面行き専用チケット売り場となっている。

ファランポーン駅 (4)

が、その窓口自体が閉まっており購入不可だった。

でも心配無用。
大きなチケットカウンターですべての列車の切符が購入できる。

ファランポーン駅 (5)

All Train Ticketsと書かれている。

切符の買い方は簡単。
行き先と人数を告げるだけ。
「パタヤ ワンパーソン」
タイ語なら、「トゥンパタヤー コンディアオ」とでもどうぞ。

パタヤ行きは一日1本だけなので、時間の指定は不要。3等席のみで、座席指定もない。
料金31バーツ。

パタヤ行き切符

 

プラットフォームは6番だった。

ファランポーン駅 (2)

パタヤ行きと称しているが、正確には、Ban Plu Ta Luang行きとなる。
パタヤで途中下車する形だ。

3等席の車内はこんな感じ
パタヤ行き列車 (1)

エアコン無し。天井で小さな扇風機が頼りなさげにぐるぐる回っているだけ。
窓は全開にしておかないと、蒸し暑さでノックアウトされるだろう。

空いている席に勝手に座ればいい。
なお、進行方向に向かって左側の席のほうが広々としているが、直射日光が当たることがあり、あまりおすすめできない。右側のほうがいいだろう。

なお、ファランポーン駅からの停車駅は以下で調べられる。

http://www.railway.co.th/Ticket/list_station_stop.asp?IdTrain=283&Leg=en

スクリーンショット_040816_104302_AM

始発のバンコク・ファランポーン駅を午前6時55分に出発。
たまたまかもしれないが、わたしが乗車した際は、ほぼ定刻通りに出発した。昔は始発駅だというのに平気で30分から1時間遅れていたものだが。

ファランポーン駅出発後、バンコク市内をいくつか停車する。

パヤタイやマッカサンなどにも停車するので、スワンナプームからエアポートレイルリンクを使って鉄道に乗り換えることも可能。
実際に乗ってみると、たしかにエアポートレイルリンクと鉄道駅がほぼ直結していた。
乗り換えは簡単そうだ。

意外と人が乗ってくる。
ほぼすべてのシートが埋まっていた。詰めればまだまだ座れるので、満員ではないが、思ったよりも乗客が多い。

チャチュンサオ駅

チャチュンサオで乗客の半分ほどが下車。
席に余裕が出てきた。
行儀は悪いが、反対側のシートに足をのばしてリラックス。

列車車窓風景

のどかな田園地帯を列車はひた走る。

パタヤ駅 (5)

おっと、弁当売りがやって来た。
ガパオガイらしき弁当を購入。25バーツ。

パタヤ駅 (6)

半熟のカイダーオ(目玉焼き)が少々怖いが、気にせずに食べる。
列車の旅には、駅弁がよく似合う。

まったりとした空気が流れるローカル列車である。

しかし、陽が高くなるにつれて、車内に直射日光が差し込むようになってきた。
暑い。
しかも、砂埃まで車内に侵入してくる。
髪の毛がバリバリになってしまった。

まあ、これがローカル列車の旅というもの。
31バーツの運賃なのに文句を言うのは野暮ってものだ。

午前11時、残った乗客たちが荷物をまとめ始めた。

パタヤ到着だ。

パタヤ駅 (1)

ファランポーン駅を出発してから約4時間。
予定より30分遅れの運行となった。

パタヤ駅からパタヤ市内へ

パタヤ駅は、パタヤ中心部から少し離れた場所に位置している。
スクンビット通りのさらに東側だ。

地図

パタヤ駅プラットフォーム
パタヤ駅 (2)

駅は小さい。
改札も何もないので、すぐに外へ出られる。

パタヤ駅 (3)

駅前にソンテウとバイクタクシーが客待ちしている。
バイタクの数は少ないようで、すぐに売り切れ。
ソンテウは乗り合いになっており、座れないことはなさそう。
あと、ロットゥらしきバンも止まっていた。

パタヤ駅 (4)

今回はソンテウを選択。
ドライバーが「コンラ ハーシップバー」と呼び込みしている。
一人あたり50バーツという意味だ。
ソイブッカオと告げると、ホテルまで行くなら200バーツと吹っかけられた。
すぐに150バーツに下がったが、それでも高すぎる。
「一人50バーツでしょ?」とタイ語で問い詰めると、それはビーチロードまでの料金だと言う。
まあ、それでもいいか。あとは自力で移動しよう。

ほぼ満員状態で出発。
スクンビットからノースパタヤ通りへと入る。
そのまま直進して、ドルフィンロータリーを経由してビーチロードへ。
途中で数組の乗客が下車していった。
残り5人くらい。
ドライバーが全員に行き先を確認。どうやらブッカオとパタヤタイ方面ばかりのようだ。
「ブッカオのホテルまで行ってあげるよんカップ」とドライバーが破顔。
最初は200バーツとぼったくろうとしていたが、なんだ、いいやつじゃん、こいつ。

ソンテウはブッカオに入っていく。
ああ、帰ってきた、わが愛しのソイブッカオ。

今回宿泊予定のホテルの向かい側でブザーを押して下車。
ほとんど歩くことなく、パタヤ駅からホテルまで来ることができた。支払いはもちろん50バーツぽっきり。

これにて、ドンムアン空港からパタヤのホテルまでの遠い道のりはゴールを果たす。

いやあ、長かったなあ。

料金まとめ

今回のわたしの実例

ドンムアン空港~バンコク・ファランポーン駅:20バーツ
ファランポーン駅~パタヤ駅:31バーツ

今回のわたしの例では、20バーツ+31バーツ=51バーツで、ドンムアン空港からパタヤまで来ることができた。
さらにパタヤ駅からブッカオのホテルまでは乗り合いソンテウで50バーツ。

総合計:101バーツ

ドンムアン空港からバンコクファランポーン駅までが、普通列車の5バーツで移動できるなら、わずか36バーツでパタヤへ来れることになる。ソンテウ代も入れても、86バーツ。
まさに激安プライス。
ドンムアン空港からパタヤまでタクシー移動だと概ね1500バーツから2000バーツほど。
約20分の1の運賃です。

でも、まあ、安さだけを求めて列車を選択するというより、ローカル列車での旅行風情を味わうつもりでどうぞ。
とにかく急いで移動したいと考えている人には、まったく不向きな方法です。

正直な感想

最後に率直な感想を。

疲れた。
深夜便でほとんど寝ておらず、ほぼ完徹状態でローカル電車に合計5時間揺られるのは、けっこう体にこたえた。

あと、車内がとにかく暑かった。

列車が走っている間は、風が入ってきてそれなりに気持ちいいが、一度停車すると灼熱地獄と化す。
特に進行方向左側の座席は直射日光がもろに入ってきて、暑い。
あと、区間によっては砂埃がすごかった。これが厄介。
窓を閉めると暑いし、開けっぱなしだと砂まみれになる。
パタヤ到着までの最後の1時間くらいは、少々うんざりしてしまった。

酷暑の時期は正直おすすめできない。
4月は暑すぎる。

ハイシーズンの比較的涼しい時期ならいいかも。

次回のドンムアン空港からの鉄道移動は、正直なところ微妙。
やっぱりバスを乗り継ぐ方法にしようかと思う。

モーチット経由でバス移動するなら⇒ドンムアン空港からバスを乗り継いでパタヤへ行く方法。バンコク市内への行き方も。
スワンナプーム経由でバス移動するなら⇒パタヤからドンムアン空港へバスで行く方法。スワンナプーム空港乗り継ぎで最安値130バーツ。

でもなかなかいい経験になった。
久々にタイの鉄道に乗れたし、こういったローカル列車旅行というのは、やはり旅情をかきたてられる。
飛行機や高速バスでは味わえない風情があるよね。

いや、ほんと、風情を味わいたい人向けです、これは。

 

↓これぞ下川裕治の真骨頂という無理やりローカル列車旅

SPONSOR LINK

関連記事

ウドンターニービエンチャン国際バス (1)

ウドンターニー発ビエンチャン行き国際バスの乗り方。始発に乗ればタイのビザ申し込み時間に間に合うのか?

ウドンターニーからラオスのビエンチャンへ移動するには、国際バスに乗るのが便利。 料金は80バー

記事を読む

スクリーンショット_041716_050703_PM

格安航空券のサプライスが、2000円キャッシュバックと2000円割引クーポン配布中

以前5000円クーポンと2000円キャッシュバックを展開していたサプライス(Surprice)が

記事を読む

ウタパオ空港HP (3)

エアアジアのパタヤ・クアラルンプール便就航。ウタパオ空港発着便について。

エアアジアの新路線 クアラルンプールとパタヤ・ウタパオ空港を結ぶエアアジアのフライトが就航にな

記事を読む

エアアジア機体

エアアジアでチケットを直接購入。関空発着便の時間変更はうれしいけど、カード決済手数料が値上がりしていた。

次回のパタヤ旅行のために、いつも通りエアアジアで航空券を購入した。 墜落事故で騒が

記事を読む

エアアジア ロゴ

エアアジアのフライトを予約する際の各サイト手数料を調べてみた

少し前のエントリーでエアアジアのクレジット決済手数料値上げについて取り上げた。 一区間

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル (2)

ノースパタヤバスターミナルからパタヤ中心部(ビーチロードやブッカオ)へ移動する方法、ソンテウやバイクタクシーについて。

バンコクからのパタヤ行きバスは、ノースパタヤにあるバスターミナルに到着する。 また、ス

記事を読む

スクートSCOOT TZ297搭乗記 (11)

関空発バンコク行きSCOOT(スクート)TZ297便搭乗記。飛行時間は6時間だった。

2015年より運行がはじまったSCOOTによる大阪・バンコク便、TZ297。 この便は

記事を読む

関空ANA免税店 (1)

成田や関空内のANA免税店ならタバコも10%割引。さらにマイレージも追加でたまる。ANA、ユナイテッド、アシアナ、エバー航空、エアチャイナ限定。

関空の北ウィング先端駅近くにあるANAの免税店で、タバコを購入。 ユナイテッドマイレージプラス

記事を読む

スワンナプーム発エアポートバス値下げ (1)

スワンナプーム空港発パタヤ行きエアポートバスが122バーツに値下げ

スワンナプーム空港からパタヤへ直行するには、ルンルアン社のエアポートバスが一番安くて便利。 ス

記事を読む

香港空港エアポートA21バス (1)

香港空港から市内(尖沙咀・チョンキンマンション)への移動方法はバスがおすすめ。往復で買うと割り引き。クレジットカードも使えるよ。

香港国際空港到着後、香港中心部へ移動するには、いくつか手段がある。 ・エアポートエクスプレ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 一休 より:

    お疲れ様です。
    やはりベースにバックパッカーの魂!
    すごく勉強になります。
    悲しいかな
    私はいつもスワンナプーム、ベルトラ、ボッカオ!
    これでは沢木さんに笑われますか555!!!

    • 千夜一夜 より:

      パタヤ初心者の頃は平気でスワンナプームからタクシー移動してましたけどね。
      快適な移動が一番です。節約のため仕方なくローカル手段となります。鉄道は疲れました。
      わたしは沢木耕太郎よりも下川裕治かクーロン黒沢の影響が強いです。

  2. Ratchada3 より:

    お疲れ様でしたー!
    今回の電車では、パッツン女子大生の子達と触れ合うことはできましたかー?
    私もまだタイの鉄道は乗ったことがないので、今度時間のある時にやってみたいと思います。
    まあバンコクから北かイサーンあたりに行く夜行列車とかで試してみたいなあと思いますが・・・。

    • 千夜一夜 より:

      それが残念なことに、おっさんとおじさんばかりでした。涙。
      寝台列車もおもしろそうですね。のろのろ運転なので心地よく眠れそうな気がします。

  3. nobu より:

    毎回、楽しく拝読させて頂いています。
    もうパタヤに戻られたのですか?
    今年は、友人とパタヤへ行く計画を立てています。
    これからも、パタヤの情報発信をよろしくお願い致します。

    • 千夜一夜 より:

      もうパタヤですよ。
      ぼちぼち情報上げていきますね。

  4. ももたろう より:

    お帰りなさい
    ドムアンからホアラポーンだと市バスで1本で行けますね
    スワンナプームからラックラバンまでエアポートリンクで15B ラックラバンから国鉄で28Bかな
    以前は2、3時間遅れは当たり前だったけど
    最近は遅れなくなったようですね

    • 千夜一夜 より:

      なるほど。エアコンなし市バスなら6.5バーツですかね。これも暑そうですが。エアコンバスがあれば利用したいです。
      昔はファランポーン始発でも、平気で1時間位遅れて出発していましたね。定刻通り出発したんで、ちょっとだけ驚きました。

  5. THT より:

    踏切の記事でコメントさせて頂いた者ですが、
    こんな直ぐに、列車を試されていたとは…
    驚嘆いたしました(笑

    交通手段で試されてないのは、Devil’sなバス位でしょうか?

    まぁ、アレは泡銭が入ったとしても選び難いかもですが…

    これからも、沈没記楽しみにしております。

    • 千夜一夜 より:

      まあいい機会というか、そういう流れになりました。
      パタヤまでのロットゥもまだ利用していません。
      悪魔の穴のハデなワゴン車には、いつか乗ってみたいですねえ。恥ずかしいけど。

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑