*

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

公開日: : 最終更新日:2017/01/15 グルメレポート ,


セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。
セカンドロード側からずっとバービアが並んでいるが、ブッカオ側には屋台や露店も多い。
露店の片隅に100バーツマッサージ屋があったりと、意外と侮りがたいプチローカルエリアだ。

その一角に、今回紹介するバミー屋台がある。

SPONSOR LINK

ニュープラザのバミー屋

夜のソイニュープラザ。ブッカオ側から撮影したところ。

ソイニュープラザのバミー屋台 (3)

右手にバミー屋台が見える。
奥に進むと、ニュープラザバービア群があり、セカンドロードへ抜けることができる。

地図

店構え
ソイニュープラザのバミー屋台 (2)

営業時間はよくわからない。
昼間はあまり開いていないし、深夜になると閉まっていることが多い。
また毎日営業しているわけではない。

数年前にこの近くでアパート暮らししていたので、足繁く通ったものだ。
その後も、何度もソイニュープラザを通過しているのだが、いつもタイミングが悪くて、食べそこねていた。
今回、たまたま営業中かつ空腹時に遭遇したので、久しぶりに寄ってみた。

ひょっとして経営者が変わったかな。
おじさんとその娘さんっぽいこコンビなのは同じだが、以前のおじさんと娘さんではない。

でも、店構えは同じでメニューも同じっぽい。

あとで教えてもらったところ、ここはCHY4というバミー専門のチェーン店のようだ。
タイ全国にあるし、パタヤにも多い。

バミー屋なので、注文は簡単だ。

汁ありと汁なしを選べばいいだけ。
汁ありが、バミーナム。
汁なしが、バミーヘン。

ナム=水、汁。
ヘン=乾いている。つまり汁なし。

店によって具材はいろいろあるが、普通は、バミーナムとだけいって注文すれば、店おすすめの具材入りで提供される。

今回もただ「バミーナム」とだけ告げた。
で、出てきたのがこちら。

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ワンタンと焼き豚入り。

うん、見た目は以前と変わっていない。

ここの名物はワンタンだ。
ワンタンを、タイ語で「ギアオ」と言う。
おそらく手作りで、中身は豚の挽肉。
暇な時におじさんが作って、生ワンタンをタッパの中にストックしているはず。(以前はそうだった。)。

あと、バミーといえば、焼き豚(ムーデーン)がセットとなるのが通例。
ここの焼き豚は、やや細切れ。味は普通。

やはり、焼き豚よりもワンタンがうまい。

麺の茹で加減も上々。
スープも問題なし。

味は落ちていない。
ばっちりだ。

これで40バーツ。

経営者が変わったかもしれないが、味は変わっていなかった。
おすすめ。

ブッカオ近辺のバミー屋

バミーなら、サードロードやパタヤタイなどに他においしい店はいくつもあるけど、移動手段がないと厳しい立地。

パタヤタイのムーデーン屋台

関連記事:山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデン屋台。
関連記事:サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

 

昼間はあまりやっていないが、夜になるとブッカオ近辺にいくつかバミー固定屋台が出現する。

スープに関しては、LKメトロ前の屋台がうまい。

バミー屋台
LKメトロ入り口のバミーナム
ただ、ここはワンタンが入っていないのが残念な点。

 

ソイブッカオ北側のクランク、Rコンコーナー前にあるバミー屋は、ワンタン入りながら、正直味は今ひとつ。ただ、量は一番多い。
バミー屋1
バミー屋2

 

また、ブッカオ南側火金市場手前のファミリーマート前にある屋台のバミーはそこそこいける。ワンタン入りで焼き豚もまずまずおいしい。量も多い。ちょっとスープがぬるいのが難点。

ブッカオ屋台
バミー2

 

その他のクィティアオ屋でも、もちろんバミーは食べられるが、バミーに関しては専門店で食べるのがベターだ。ショーケースに焼き豚が吊るしてあるのですぐにわかるだろう。

トータルで考えると、今回紹介したソイニュープラザのワンタン入りバミーが、ブッカオ近辺では一番だと思う。
ワンタン入りのバミーが食べたくなったら、ぜひどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

malee-breakfast-5

MALEEのブレックファースト69バーツと99バーツは、可もなく不可もなし

MALEEは、洋食が気軽に食べられるパタヤの有名店だ。 ソイハニーやブッカオの病院前脇道に店舗

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

boat%e3%80%80breakfast-1

【パタヤのファランな朝食】BOATのアメリカンブレックファースト70バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、セカンドロード沿いにあるBOATにお邪魔しま

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ant より:

    ชายสี(チャーイシー)のバミー屋台はチェーン展開してるようで色んなところで見かけます。特にバンコクではたくさん見かけますので、もしかしたら同じ麺使った別の屋台かも…

    • pattayan night より:

      チェーン店系のようですね、この屋台は。パタヤでは、他には見かけませんが。
      経営者が変わっているようなんで、居抜きで売り渡して、チェーン店からは外れている可能性もありますね。
      まあ、安定的に食べられる味なんで、あまり気にせず利用しています。

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑