*

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

公開日: : 最終更新日:2017/01/15 グルメレポート ,


セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。
セカンドロード側からずっとバービアが並んでいるが、ブッカオ側には屋台や露店も多い。
露店の片隅に100バーツマッサージ屋があったりと、意外と侮りがたいプチローカルエリアだ。

その一角に、今回紹介するバミー屋台がある。

SPONSOR LINK

ニュープラザのバミー屋

夜のソイニュープラザ。ブッカオ側から撮影したところ。

ソイニュープラザのバミー屋台 (3)

右手にバミー屋台が見える。
奥に進むと、ニュープラザバービア群があり、セカンドロードへ抜けることができる。

地図

店構え
ソイニュープラザのバミー屋台 (2)

営業時間はよくわからない。
昼間はあまり開いていないし、深夜になると閉まっていることが多い。
また毎日営業しているわけではない。

数年前にこの近くでアパート暮らししていたので、足繁く通ったものだ。
その後も、何度もソイニュープラザを通過しているのだが、いつもタイミングが悪くて、食べそこねていた。
今回、たまたま営業中かつ空腹時に遭遇したので、久しぶりに寄ってみた。

ひょっとして経営者が変わったかな。
おじさんとその娘さんっぽいこコンビなのは同じだが、以前のおじさんと娘さんではない。

でも、店構えは同じでメニューも同じっぽい。

あとで教えてもらったところ、ここはCHY4というバミー専門のチェーン店のようだ。
タイ全国にあるし、パタヤにも多い。

バミー屋なので、注文は簡単だ。

汁ありと汁なしを選べばいいだけ。
汁ありが、バミーナム。
汁なしが、バミーヘン。

ナム=水、汁。
ヘン=乾いている。つまり汁なし。

店によって具材はいろいろあるが、普通は、バミーナムとだけいって注文すれば、店おすすめの具材入りで提供される。

今回もただ「バミーナム」とだけ告げた。
で、出てきたのがこちら。

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ワンタンと焼き豚入り。

うん、見た目は以前と変わっていない。

ここの名物はワンタンだ。
ワンタンを、タイ語で「ギアオ」と言う。
おそらく手作りで、中身は豚の挽肉。
暇な時におじさんが作って、生ワンタンをタッパの中にストックしているはず。(以前はそうだった。)。

あと、バミーといえば、焼き豚(ムーデーン)がセットとなるのが通例。
ここの焼き豚は、やや細切れ。味は普通。

やはり、焼き豚よりもワンタンがうまい。

麺の茹で加減も上々。
スープも問題なし。

味は落ちていない。
ばっちりだ。

これで40バーツ。

経営者が変わったかもしれないが、味は変わっていなかった。
おすすめ。

ブッカオ近辺のバミー屋

バミーなら、サードロードやパタヤタイなどに他においしい店はいくつもあるけど、移動手段がないと厳しい立地。

パタヤタイのムーデーン屋台

関連記事:山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデン屋台。
関連記事:サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

 

昼間はあまりやっていないが、夜になるとブッカオ近辺にいくつかバミー固定屋台が出現する。

スープに関しては、LKメトロ前の屋台がうまい。

バミー屋台
LKメトロ入り口のバミーナム
ただ、ここはワンタンが入っていないのが残念な点。

 

ソイブッカオ北側のクランク、Rコンコーナー前にあるバミー屋は、ワンタン入りながら、正直味は今ひとつ。ただ、量は一番多い。
バミー屋1
バミー屋2

 

また、ブッカオ南側火金市場手前のファミリーマート前にある屋台のバミーはそこそこいける。ワンタン入りで焼き豚もまずまずおいしい。量も多い。ちょっとスープがぬるいのが難点。

ブッカオ屋台
バミー2

 

その他のクィティアオ屋でも、もちろんバミーは食べられるが、バミーに関しては専門店で食べるのがベターだ。ショーケースに焼き豚が吊るしてあるのですぐにわかるだろう。

トータルで考えると、今回紹介したソイニュープラザのワンタン入りバミーが、ブッカオ近辺では一番だと思う。
ワンタン入りのバミーが食べたくなったら、ぜひどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ant より:

    ชายสี(チャーイシー)のバミー屋台はチェーン展開してるようで色んなところで見かけます。特にバンコクではたくさん見かけますので、もしかしたら同じ麺使った別の屋台かも…

    • pattayan night より:

      チェーン店系のようですね、この屋台は。パタヤでは、他には見かけませんが。
      経営者が変わっているようなんで、居抜きで売り渡して、チェーン店からは外れている可能性もありますね。
      まあ、安定的に食べられる味なんで、あまり気にせず利用しています。

アドステア

スクリーンショット_022817_030159_PM
香港エクスプレスのプロモーションと、JCBカード15%OFFキャンペーンのダブル割引が安い

LCCの香港エキスプレス(HK express)がプロモーション中

MEGA BREAK PATTAYA (1)
パタヤでビリヤード、MEGA BREAK POOL HALL

パタヤには無数のバービアがあり、その多くはビリヤード台を置いている

Pattaya Klang swimming pool near @mind (2)
アットマインドプレミアスイート近くの私営プールを利用してみた。1日50バーツ。

今回友人2人が宿泊しているのは、パタヤカンソイ12にある、アッ

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

→もっと見る

PAGE TOP ↑