パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ステーキ・洋食

ソイブッカオの新ファラン飯屋、HUNGRY HIPPO(ハングリーヒポ)

投稿日:2019年9月16日 更新日:


ソイブッカオに新しくオープンした洋食レストランのHUNGRY HIPPO(ハングリーヒポ)。
2019年7月頃の新規開店だ。
ファラン飯屋の多いソイブッカオだが、またしても新しい店の登場。
メニューは多く、量も多い。お値段安め。
いろいろ食べてみたので、まとめてレポート。

SPONSOR LINK



HUNGRY HIPPO(ハングリーヒポ)

ハングリーヒポ Hungry Hippo (4)

建設途中から話題になっていたが、外見は明らかに近所にあるCHUNKY MONKEY(チャンキーモンキー)と似ている。

チャンキーモンキー
Chunky Monkey Pattaya チャンキーモンキー (1)

関連記事:【Chunky Monkey】洋食天国パタヤ・ソイブッカオに大型ファラン飯屋登場
関連記事:Chunky Monkeyの洋食ラインナップ。リソールとグレイビーソースがおすすめ。
関連記事:値上げが続くチャンキーモンキーでブレックファースト、据え置き価格119バーツでボリュームと質良し

ハングリーヒポ公式ホームページ情報によれば、オーナーは元チャンキーモンキー創業者のイギリス人。
チャンキーモンキーを売却して一時帰国したあと、ハングリーヒポを新たにオープンさせている。

公式HP⇒https://hungryhippopattaya.com/

よって、現在のチャンキーモンキーとは別オーナーだが、中身は同じと考えていい。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (1)

店はチャンキーモンキーよりも小さめ。
表はテラス席になっていて、喫煙可能。ただテーブルが4つしかない。
店内はエアコンが効いていて快適。むしろ効きすぎなくらい。
1階だけでなく、2階席もある。
2階まで含めると100人以上が座れるそうだ。

メニュー

店頭にはその日のスペシャルメニューが手書きで掲示してある。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (3)

入り口も同様。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (13)

基本メニューはチャンキーモンキーとほぼ同じ。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (23)

139バーツの固定日替わりメニューと109バーツの特別料理。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (5)

日曜日は、サンデーディナーとなっている。
チキン129バーツなど。

109バーツのものは、チャンキーモンキーとほぼ同じ。
ミニミックスグリルが増えているくらい。

メニューの中にはブレックファーストと通常料理が並ぶ。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (22)

洋食メインに、インド料理とタイ料理など。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (27)

ハングリーヒポ Hungry Hippo (26)

上掲写真以外にもまだまだ料理多数。
洋食系は日替わりスペシャルとして出されることが多いんで、店頭の手書き看板をよく見ておこう。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (28)

ドリンクは、水が25バーツ、コーラが35バーツ。
アイスティーが25バーツ、ネスカフェが35バーツ。

ビールは安め。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (29)

サンミゲルライトとハイネケンが55バーツ。
シンハーやLEOの大瓶が79バーツ。

ブレックファースト

ブレックファーストは、WOWと呼ばれる時間限定ものとオールデイものに分かれる。

お得な時間限定ものは、午前7時半から午後1時までの提供。

ちなみに、チャンキーモンキーのお得なブレックファーストは午前10時まで。
ヒポは午後1時までなので利用しやすい。
59バーツから89バーツまで、安いメニューが並ぶ。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (21)

BREAKFAST

1番のブレックファースト。79バーツ。

当然コーヒーも含まれている。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (32)

本体は、卵2個、ソーセージ、ベーコン2枚、ポテト、トースト1枚。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (33)

トーストは大きめだが1枚のみ。
ソーセージは小さめ。ベーコンは厚切りタイプで脂身なし。
ポテトは量が多い。
うん、このポテトが一番うまいな。

軽くお腹が膨れる程度の量。
79バーツならこんなものでしょう。

BUBBLE SQUEAK+2 EGGS

3番のバブルスクイークと卵のセット。59バーツ。
もちろんコーヒー付き。

はて、バブルスクイークとはなんぞや。
ポテト料理なのは知っているが、その正体はいまだに見たことがない。

はい、こちら。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (14)バブルスクイーク

目玉焼きの下には、ポテトと野菜をこねたものがたっぷりと敷き詰められている。
これがバブルスクイークか。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (15)バブルスクイーク

味は見た目そのまんまである。
つぶした芋と野菜だ。
味は薄め。
適当にソースやらケチャップやらをつけて食べる。

あとで調べてみると、サンデーローストで余ったポテトや野菜を再利用して作るイギリス家庭料理とのこと。
まあ、たしかに余り物で作りました感がすごい。
ポテト好きとしてはおいしく食べられたけど、リピートはしなくていいかな。

ENGLISH BREAKFAST

ニューオープン記念のプロモーションで、イングリッシュブレックファーストが99バーツで提供中。
これは、午前8時から午後1時まで限定。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (20)

2ベーコン、2エッグ、1ソーセージ、トマト、豆、フライドポテト、トースト、揚げパン。
ドリンクはオレンジジュースの他、コーヒーor紅茶orコーラorスプライトから選択できて、おかわり1杯無料。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (16)

見ての通りの豪華ラインナップ。
ソーセージ、ベーコン、ポテトは79バーツのブレックファーストと同じ。トマトと豆が増えている。
トーストも同じだが、なんといっても、揚げパンが増えているのがイングリッシュだ。

ここの揚げパンは、RetoxやCheap Charlieのものと比べると、脂が少なめで食べやすい。
揚げパンが苦手な人もこれなら食べられるかも。
まあ、どっちみちカロリーはすごそうだが。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (17)

完食すると満腹必至。
いつまでプロモーションが続くは不明だが、この内容で99バーツはパタヤ最強といっても過言ではない。

パタヤブレックファースト界の4トップ入り決定。

残り3つはこちら。

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり
関連記事:パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト"The Works"
関連記事:新規オープンのCHEAP CHARLY'Sのブレックファーストが安くてボリューム満点

SPONSOR LINK

サンドイッチ

テーブルの上にサンドイッチメニューが置いてある。
サンドイッチとコーヒーor紅茶がセットになっている。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (30)

安い。エッグサンドイッチなんて、コーヒー付きで29バーツ。

Steak and Onion Sandwich

ステーキアンドオニオンサンドイッチを食べてみた。89バーツ。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (18)

コーヒーとサンドイッチのセット。
大きめのトーストの間に具材が挟まれている。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (19)

あけてみると、肉炒めがサンドされているだけ。
もっと厚切りのステーキっぽいものを想像したのでちょっと肩透かし。
でも、肉の量は多いし、焼き立てだ。
味付けはどこか日本の醤油ベースの焼肉のたれに似ている。ほんのりと甘辛い。
サンドイッチだが手にとって食べると中身がぼろぼろこぼれる。フォークとナイフでどうぞ。
満腹にはならないが、軽食にはちょうどいいかも

Mini Mixed Grill(ミニミックスグリル)

HUNGRY HIPPOの109バーツメニューの5番目を食べてみた。
Mini Mixed Grill(ミニミックスグリル)だ。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (24)

これは、チャンキーモンキーのWOWメニューには含まれていない。
ソーセージ、チキン、ステーキ、目玉焼き、フライドポテトのセットとなっている。

どんとワンプレートで登場。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (9)

チキンはケチャップ味のようなソースがかかっている。チキンソテーといった感じで、日本のミックスグリル定食に似ている。

ステーキは固い。ポークなのかビーフなのかよくわからないくらい。
たぶん牛肉なんだろうけど、味付けがほとんどなく、このままでは食べづらい。
はて、何をかければいいのか。

テーブルの上に置かれた定番の洋食ソースたちを凝視。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (10)

無難にケチャップとマスタードを少々。あとブラウンソースも追加してみた。
これでステーキが食べられる味にあった。
ソーセージにはマスタードだけで充分だし、チキンはそのままで食べた。

ちなみに、たまたま横に座っていたファランもミニミックスグリルをオーダーしていた。
すると、ケチャップ、マスタード、ブラウンソースを皿全体にどばどばとふりかけているではないか。
ポテトも卵も肉もすべてどろどろに。
おお、これがファランスタイルか。
とんでもないカロリーに違いない。

目玉焼きとポテトまですべて完食。
満腹で腹が苦しい。

よくわからないステーキのかわりに、エビフライかハンバーグにしてくれたら、日本のミックスグリルみたいになるのに。
でも、これぞファラン飯だな。
というか、マッシュポテトには毎回苦しめられる。

TODAY'S SPECIAL

文字通り、日替わりで料理と価格が変わっていく。
メニューは店頭に張り出してある。

通常メニューにも同じ料理があるが、日替わりのほうが断然安い。

Roast Chicken Dinner

たまたま今日のスペシャルで出ていたが、サンデーディナーと内容は同じだと思う。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (3)

通常129バーツのところ109バーツ。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (2)

チャンキーモンキーと変わらず、やっぱり芋祭り。
マッシュポテトの山盛りにフライドポテトである。
チキンは小さく見えるが、厚みがあって食べごたえあり。
野菜6種とあるが、ブロッコリー、人参、グリーンピース、マッシュポテト、フライドポテトで5種類しかない。

これまた満腹必至。

Barbecued Pulled Pork Roll Patato Wedges

119バーツで出ていたスペシャル。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (6)

バーベキュープルドポークロールとウエッジポテトか。
料理名からはどのような料理かいまいちピンと来なかった。
まあ、焼いた豚肉をロールサンドにしたものだろうと。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (7)バーベキュープルドポークロール

来て、びっくり。
なんじゃこの巨大さは。

ロールというよりパンがおまけでしかない。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (8)バーベキュープルドポークロール

肉は細切れで、野菜も少々。
味付けは典型的なバーベーキューソースだ。
でも、意外としつこい味ではなく、あっさりめ。
追加でブラウンソースをかけて食べた。

この料理はまったく初体験。

あとで調べてみると、Pulled Pork(プルドポーク)とは、アメリカ料理で、豚肉をゆっくりと焼いてからほぐしたもの。
アメリカンではポピュラーなバーベーキューらしい。

たしかにアメリカンな食べ物だ。
量もアメリカンサイズ。

ウエッジポテトが小さく見えるけど、けっこうな量がある。
このポテトはおいしい。

完食したら腹がはちきれそうになった。

Pork Rissoles Mash Peas Gravy

ポークリソールだ。スペシャルで109バーツ。
チャンキーモンキーのリソールはうまかった。
ハングリーヒポではどうか。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (11)リソール

大きなリソールが2個。たっぷりとグレイビーソース。
山盛りマッシュポテトはお約束。グリーンピースも大量。

リソールは、ハンバーグというか、大きなミートボールのような料理だ。
中を割ると、ミンチ肉。

ハングリーヒポ Hungry Hippo (12)リソール

やわらかくて食べやすい。
ハンバーグともミートボールとも微妙に違うけれど、日本人の口にはすごく合うと思う。

なお、通常メニューのポークリソールが149バーツ。
リソールはおいしいが、ちょっと高く感じるので、スペシャルで提供されていたら即オーダーすべし。

なお、ソイブッカオの名もなき洋食屋のリソールはかりかりに焼いたタイプでかなりうまい。

関連記事:ソイブッカオに隠れ洋食屋あり。リソールとヴィーナーシュニッツェルがうまい。

地図と営業時間

地図

営業時間
午前7時30から午後10時45分とのこと。
まあ、このあたりはだいたいと考えておいたほうがいい。

まとめ

とりあえず、今回はここまでのレポート。
ブレックファーストからメインディッシュまでそれなりに食べてきた。
どれもボリューム満点。
同じオーナーが創業しただけあって、チャンキーモンキーと基本は変わらない。
が、日替わりに趣向をこらしているような印象がある。
日替わりのスペシャルが断然お得。
プロモーションの朝食が午後1時までなのもうれしい。

あと、店員はすごくきびきびしていて愛想もいい。
新人店員にはオーナーファラン直々に指導が入る。

この近距離でほぼ同じ店が2軒もあっていいのだろうかと思うが、現状、どちらの店もそこそこ繁盛している。
オーナーファランすごいね。

客の大半はファランだけど、アジア系も増えている。とくに中国韓国の個人客がソイブッカオのこういうファラン飯屋でよく目にするようになってきた。

(追記)値上げ

10月頃に値上げを実施している。
ブレックファーストの時間変更もある。
詳しくは以下の記事で。

関連記事:HUNGRY HIPPO 早くも値上げ。一方で新プロモーションも登場。

-ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.