*

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

公開日: : グルメレポート


パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。
いったい、パタヤにはいくつものファラン向けレストランがあることやら。

今回は、ファラン飯の集中エリアとして名高いソイレンキーへ。

THE HAVENというレストランだ。
ずっと気づかなかったが、ここのブレックファーストは安くて量が多い。しかもうまい。
ひょっとして、パタヤ最強かもしれない。

SPONSOR LINK

THE HAVEN

ヘイブンは、天国じゃなくて、タックスヘイブンのヘイブンね。ヘイブン単体だと、港とか停泊地とかそんな意味。タックスヘイブンで租税回避地という意味。

看板
The haven (1)
入り口
The haven (1)
A TASTE OF THAILANDという文字が目印。
テラス席は喫煙可能。

室内はわりとシックできれいなレストラン。上階はゲストハウスになっているようだ。

The haven breakfast the works (6)

表側に手書きのブレックファーストメニュー立て看板
The haven menu (1)

メニューもあり
The haven menu (2)

小サイズブレックファースト

まずは、お試しで75バーツのスモールをオーダーしてみた。

The haven breakfast the works (4)

コーヒーは大きなマグカップに注がれている。ミルクもたっぷりだ。
味はインスタントに毛が生えた程度だが、それなりにおいしい。しかもおかわり自由。

つづいてトースト。

The haven breakfast 75B (3)
この山切りパンが大きい。安っぽいアメリカンブレックファーストの店では、コンビニで買えるような安っぽいパンを利用しているが、ここはボリュームたっぷりのトーストだ。
2枚食べると、これだけでお腹が膨れる。

本体は実にシンプル。

The haven breakfast 75B (2)

卵二つを使った料理とベーコンだけ。
卵の調理方法は指定可能。これはスクランブルエッグ。

別日にオーダーした目玉焼き(フライドエッグ、カイダーオ)がこちら。

The haven breakfast (3)

ポーチドエッグにしているファラン客もいた。

ベーコンかソーセージもあらかじめ選択しておく。わたしはベーコンにした。
このベーコンは厚切りで、しかも大きい。脂身もあってちょっとしたステーキのようだ。

トースト2枚と卵2個とベーコン2枚。
これだけでお腹いっぱいだ。

しかもコーヒーおかわり自由。
室内は禁煙。
食後は、外のテラス席にコーヒーカップだけ持っていき、優雅に一服できる。

The haven breakfast (1)

もちろん、最初からテラス席で食べてもよし。

75バーツでここまで腹いっぱいになれるブレックファーストはパタヤでも珍しい。
まあ、ほぼトーストの大きさが決めてだけど。

65バーツのセットもあって、これは卵3つとトースト3枚という投げやりなスタイル。
たぶん、75バーツのセットよりも腹がふくれるでしょうな。

THE WORKS

後日、ザ・ヘイブン再訪。
ええい、こうなったら、さらに大きいやつもオーダーしておこう。

固有の名前があって、THE WORKSという。オーダーは、ワークスと伝えればオッケーだ。100バーツ。

コーヒーとトーストはまったく同じ。

本体が到着。

The haven breakfast the works (1)

豪華になった。
卵2つとベーコン2枚は同じ。ソーセージ、焼きトマト、ポテト、マッシュルームが追加された。

イングリッシュブレックファースト度がアップ。
The Worksのネーミングの由来はよくわからないが、イギリスの労働者階級は仕事に出かけるまえにこんな朝食を取るんでしょうな。

ソーセージは、イギリス流だけど、それほど臭みはない。食べやすい。
焼きトマトはじゅくじゅく。
マッシュルームはちょっとしたアクセントかな。
個人的にはポテトがうれしい。
ポテトは2種類から選ぶ。HASH BROWNHOME FRIESだ。ハッシュブラウンがいわゆるハッシュドポテトで、ホームフライが切ったポテトを揚げたもの。
わたしが頼んだのは、HOME FRIESのほう。ジャーマンポテトとも呼ぶけど、これはイギリス流でしょう。厚手のポテトチップスみたい。うまい。

ベーコンやソーセージは、ケチャップだけでなくて、ブラウンソースをかけて食べるのもおいしい。

The haven breakfast the works (3)

パンをかじりつつ、おかずを平らげる。

75バーツの小サイズでもお腹いっぱいになったのに、これだけおかずが増えると、満腹感もさらに上昇。
お腹いっぱいどころか、いっそ苦しいほどだ。満足感より膨満感である。
これで100バーツ。

すぐ近くにあるRETOXの99バーツブレックファーストに匹敵するボリュームだ。

もちろん、コーヒーおかわり自由。
お腹がさらにたっぷんたっぷんとなること必至。
えげつないなあ、THE HAVEN。

が、この100バーツのTHE WORKSのさらに上位グレードのブレックファーストも用意されている。

160バーツのものが、本当のFull English Breakfastとなる。
The Worksの内容に、ソーセージが1本追加、豆も追加、そして、イングリッシュブレックファーストといえばお約束のFried bread(揚げパン)までついてくる。
ブラックプディングがあれば完璧なのに。
たぶん、おそろしい量だと思われる。わたしには無理っぽい。

あと、お持帰りもできるハンバーガーが気になるところ。

The haven (2)

肉の量は、ハーフパウンドだそうな。227グラムくらいか。試してみたい。
227gのビーフバーガーで120バーツは安いと思う。

 

地図

ソイレンキーのサードロード寄り。
ソイブッカオからソイレンキーの入って徒歩3分くらいかな。
LKメトロから徒歩5分ってところ。

すぐ近くにあるRETOXのブレックファーストもおすすめだ。

retox-breakfast

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

まとめ

100バーツで食べられるパタヤのブレックファーストとしては、わたしの知る限り、パタヤ最強であろう。
味もいい。
まあ、アメリカンブレックファーストなら、どこで食べても似たようなものだが、イングリッシュブレックファーストとなると、少々様相が異なる。

揚げパンやブラックプディングの入った本格的なイングリッシュブレックファーストなら、RETOXへ。
ややブリティッシュ寄りのブレックファーストを腹いっぱい食べたいなら、THE HAVENへ。
特にトーストをがっつり食べたい人にはおすすめですね。

100バーツ以下に限定するなら、ソイレンキーで隣り合うこの2軒がパタヤのブレックファースト最強の双璧である。

と、勝手に結論づけたものの、パタヤのファラン飯追求の旅は、まだまだ終わらない。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑