パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

麺類(クイティアオ・バミーなど)

パタヤアベニュー2階屋台村でカオソーイ

投稿日:


パタヤでカオソーイを食べようシリーズ最新作です。
今回はパタヤアベニューの2階に移転した屋台村から。
濃厚スープがおいしいカオソーイだった。

SPONSOR LINK



屋台村のカオソーイ

以前屋台村があったパタヤアベニュー1階には、洋服屋台が並ぶようになった。
中央部分では何やら工事中。

パタヤアベニュー屋台村カオソーイ (6)

エスカレーターで2階へ。
屋台群というか屋台村といおうか、とにかく屋台の集合体。

このクイティアオ屋台にカオソーイが置いてある。

パタヤアベニュー屋台村カオソーイ (4)

1階にあった頃から、屋台は営業していた。
が、タイミングが悪いせいか、いつ訪れても、「カオソーイマイミー」と言われてばかり。
今日もだめかなとおばさんに聞いてみると「ミー」との返事。
「ガイ?」と聞かれる。鶏肉ですな。
カオソーイガオイをオーダー。

裏手のテーブルに座って、出来上がりを待つ。

パタヤアベニュー屋台村カオソーイ (5)

ちょっとテーブルの配置が変わって、見通しがよくなった。

パタヤアベニュー屋台村カオソーイ (7)

近くには無料の水もある。

5分ほどして到着。
まずは、どんぶり。

パタヤアベニュー屋台村カオソーイ (1)

一番上にたっぷりと乾麺が乗っかっている。その下に、鶏肉が見える。

つづいて、薬味の皿。

パタヤアベニュー屋台村カオソーイ (3)

薬味はカオソーイ定番のもの。マナオ、紫玉ねぎ、辛い漬物。
このあたりは完全にお好みでどうぞ。

パタヤアベニュー屋台村カオソーイ (2)

どんぶりをほじくり返すと、鶏肉と普通の麺が出てくる。
とにかく乾麺が太い。これほど太い乾麺は初めて見たかも。パリパリ感が半端ない。
スープは濃厚カレー味。
ねっとりべっとりとまとわりつくようなどろどろ加減。
辛さもあってなかなかうまい。
けっこう好きかも。
口直しに玉ねぎや漬物を食べるのがいい。
スープがちょっとぬるめなのは残念。もっと熱々で食べたい。

鶏肉はほろほろに煮込んであって、これまた良し。

お値段はたしか60バーツ。
決して量が多いわけではないけれど、わりと満足度は高いです。

地図とまとめ

パタヤアベニュー地図

屋台村へはセカンドロード側からでも裏手のソイ15からでも入れる。
営業時間は不明。午前中から夕方くらいまで。日が暮れると店じまいといったところか。

カオソーイもけっこうおいしかったが、この屋台村では、やっぱりバミートムヤムが一番おすすめかなあ。
同じようなクイティアオ屋台があるんで要注意。

関連記事:2階へ移転したパタヤアベニュー屋台村、おいしいバミートムヤムは健在

パタヤでカオソーイシリーズ
カオソーイとサイウア。パタヤの新チェンマイ料理レストランKASALONG。
【パタヤでカオソーイ】トゥンチェンマイ2号店
セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる
パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。
パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂ルアンカオプン。(閉店済み)

一番好きだったのはサードロードのルアンカオプンのカオソーイ。でも閉店済み。
その次が、TREE TOWNのチェンマイ料理レストランか。
今回のアベニュー屋台村のカオソーイは、上掲2店舗には上品さという点で劣るけど、普通にリピートしたい味。むしろローカルB級感があって好きかも。
立地もいいんで通いやすいし、価格もそれほど高くない。

本場チェンマイのカオソーイ食べ歩きはこちらから。
チェンマイでカオソーイ三昧。一番おいしいのはカオソーイクンヤーイ。

SPONSOR LINK

-麺類(クイティアオ・バミーなど)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.