*

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

公開日: : グルメレポート


先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セントラルマリーナ)。
ずいぶんと綺麗かつおしゃれになっている。

central-marina-pattaya-10

関連記事:【改築新装開店】Central Marina。マグロ解体ショーもすき家もフードコードもあるよ。

その中にフードコートが新設されている。
気になるメニューはいくつかあるが、まずはカオソーイを食べてみた。

SPONSOR LINK

FOOD PARKのカオソーイ

central-marina-food-park-khao-soi-4

フードコートの名前はFOOD PARK。
セントラルフェスティバル(センタン)地下フードコートと同じ名称。

センタンのフードコートにもカオソーイが売られている。

関連記事:パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

でも、セントラルマリーナフードコートのカオソーイは、別のテナントのようだ。

central-marina-food-park-khao-soi-3

一番奥側にカオソーイ店がある。くるっとまわったところね。

central-marina-food-park-khao-soi-5

カオソーイガイ(チキン)が65バーツ。ムー(ポーク)が70B、ヌア(ビーフ)が80B。
定番のカオソーイガイを注文した。

central-marina-food-park-khao-soi-1

辛い。
辛いうえに濃厚。
これまで食べたカオソーイの中で一番パンチ力のあるスープだ。

乾麺、バミーとも、やや太め。
正統派のカオソーイのたたずまい。

central-marina-food-park-khao-soi-2

薬味の漬物は、あらかじめ丼の中に放り込まれている。
あと、店先に野菜が並べてあって、たぶん取り放題のはず。

central-marina-food-park-khao-soi-6

鶏肉は柔らかくておいしい。よく煮込まれている。

全体的な味は問題なし。
センタン地下フードコートのカオソーイよりはおいしいと思う。

とにかくスープが濃厚なんで、麺よりもむしろご飯と一緒に食べたくなった。

辛いスープが好みの人には向いているはず。

マイルド風味が好きな人は、やはりサードロードのカオソーイ食堂がいい。

関連記事:パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。
関連記事:サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

立地条件でいうと、やはりセカンドロード沿いは便利。
パタヤで気軽にカオソーイが食べたいなら、セントラルグループのフードコートへどうぞ。

言わずもがなですが、いわゆるクーポン食堂なので、事前にカードに金額をチャージしておくことが必要。
窓口で好きな金額を指定すればいいだけ。1000バーツ札を出して200バーツ分だけ購入することもできる。
余ったら、また窓口でカードを差し出せば、返金してもらえる。

地図

最後に蛇足。このノースパタヤのビッグCの一角って、本来はセントラルグループだから、センタンと呼ばれてもおかしくないのに、ずっとビッグCと呼ばれているよなあ。
パタヤでセンタンといえば、ソイ9と10の間にセントラルフェスティバルのことを差す。
ノースパタヤのセントラル何たらは、昔からビッグC呼ばわりだ。セントラルの中にビッグCがあるだけなのだが。
わたしもセントラルなんて呼んだことはない。ずっとノースパタヤのビッグCと呼んでいる。
まあ、それだけ中身の伴わないセントラルだったわけで、今回のセントラルマリーナへの改称ならびに大規模工事が吉となればいい。
でも、たぶん、これからもビッグC呼ばわりは続きそうですけどね。

SPONSOR LINK

関連記事

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑