パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート タイ料理全般(食堂・レストラン)

サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

投稿日:2016年12月15日 更新日:


以前紹介したサードロードのカオソーイ食堂。

khao-soi-pattaya-third-road-12

カオソーイもうまいし、カイジアオ定食もうまい。フルーツジュースもうまい。
ローカル食堂だけど、雰囲気も味もどことなく上品だ。

カオソーイ (3)

関連記事:パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。
関連記事:カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

RUAN KHAO PUNという英語表記はあったものの、店名がよくわからないまま、サードロードのカオソーイ食堂と呼んでいた。

ひさしぶりに訪れてみると、日本の看板とメニューができていてびっくりした。

SPONSOR LINK



ルアンカオプン食堂

新しい看板
khao-soi-pattaya-third-road-11

堂々と日本語が書かれている。

店名がはっきりした。その名も、「ルアンカオプン食堂」というようだ。
やっぱり食堂なのね。

「名物カオソーイ 日本人好みのココナッツ風味タイカレーラーメン」

まさのその通りだなあ。
大して数は多くないけれど、パタヤで食べたカオソーイでは、この食堂が一番おいしい。

メニュー全品にも日本語が併記してある。
これは便利だ。

khao-soi-pattaya-third-road-4
khao-soi-pattaya-third-road-3

khao-soi-pattaya-third-road-2

でも、カノムジンのことを「タイ風ひやむぎ麺」と呼ぶのは、間違ってはいないけれど、ちょっと違和感があるなあ。そうめんじゃダメなのかな。

マッサマンカレー

すでにカオソーイ、カイジアオ(メニューでは、「タイ風玉子焼きのせごはん、焼き唐辛子ソース」)と食べてきたので、今回はマッサマンカレーにしてみた。70バーツ。

khao-soi-pattaya-third-road-9

ごはん、カレー、漬物と別々に盛られている。
一見、量が少ないようにみえるが、そこそこボリュームがある。

何より、このマッサマンカレーはうまい。
最初の口当たりはマイルドだ。すっきりしている。
が、口の中でじわりじわりとコクと辛さがにじみ出てくるのだ。このシンプルかつ深い味わいはなかなかのもの。

khao-soi-pattaya-third-road-10

大きな鶏肉は、ほどよい弾力を残したまま、しっかりと煮込まれている。
絶妙な味付けと煮込み加減だ。

お口直しに漬物をどうぞ。これまた上品な酸味がいいアクセントになる。

大満足の一品でした。

そりゃあ高級タイ料理レストランにはかなわないだろうけど、70バーツでこの上品な味を出せるのなら、文句のつけようがない。

ドリンクは、ロンガンジュースにしてみた。

khao-soi-pattaya-third-road-7

やや味は薄めだが、量が多くて、飲みごたえあり。果肉入り。
でも、ロンガンより、前回飲んだハイビスカスのRosselenのほうがいいかも。

khao-soi-pattaya-third-road-5

この食堂ではついでにフルーツジュースも頼むのが吉。メニューによれば、健康ドリンクということです。25バーツ。

マッサマンカレーとセットで95バーツ。

カノムジンコーナーの脇のガラスケースの中にあるサラダは取り放題のようだ。美容と健康のためサラダもついでにどうぞ。

khao-soi-pattaya-third-road-6

地図

ソイLKメトロからはソイレンキーを抜けて、徒歩10分もかからない。
レンタルバイクのない短期旅行者でも容易に徒歩で訪問可能。

khao-soi-pattaya-third-road-8

アットホームかつどことなく上品な雰囲気の店内は、ローカル食堂ならが入りやすいと思う。(増毛剤をついでに販売しているのはちょと謎だが。)
注文は日本語メニューを指差せばいいだけ。
英語、タイ語の苦手な人でもまったく問題なし。
たぶん、何を食べてもおいしいでしょうね。
まずは、カオソーイかマッサマンカレーをおすすめします。
夜には閉店してしまうので、夕方までにどうぞ。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, タイ料理全般(食堂・レストラン)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.