*

サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

公開日: : グルメレポート


以前紹介したサードロードのカオソーイ食堂。

khao-soi-pattaya-third-road-12

カオソーイもうまいし、カイジアオ定食もうまい。フルーツジュースもうまい。
ローカル食堂だけど、雰囲気も味もどことなく上品だ。

カオソーイ (3)

関連記事:パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。
関連記事:カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

RUAN KHAO PUNという英語表記はあったものの、店名がよくわからないまま、サードロードのカオソーイ食堂と呼んでいた。

ひさしぶりに訪れてみると、日本の看板とメニューができていてびっくりした。

SPONSOR LINK

ルアンカオプン食堂

新しい看板
khao-soi-pattaya-third-road-11

堂々と日本語が書かれている。

店名がはっきりした。その名も、「ルアンカオプン食堂」というようだ。
やっぱり食堂なのね。

「名物カオソーイ 日本人好みのココナッツ風味タイカレーラーメン」

まさのその通りだなあ。
大して数は多くないけれど、パタヤで食べたカオソーイでは、この食堂が一番おいしい。

メニュー全品にも日本語が併記してある。
これは便利だ。

khao-soi-pattaya-third-road-4
khao-soi-pattaya-third-road-3

khao-soi-pattaya-third-road-2

でも、カノムジンのことを「タイ風ひやむぎ麺」と呼ぶのは、間違ってはいないけれど、ちょっと違和感があるなあ。そうめんじゃダメなのかな。

マッサマンカレー

すでにカオソーイ、カイジアオ(メニューでは、「タイ風玉子焼きのせごはん、焼き唐辛子ソース」)と食べてきたので、今回はマッサマンカレーにしてみた。70バーツ。

khao-soi-pattaya-third-road-9

ごはん、カレー、漬物と別々に盛られている。
一見、量が少ないようにみえるが、そこそこボリュームがある。

何より、このマッサマンカレーはうまい。
最初の口当たりはマイルドだ。すっきりしている。
が、口の中でじわりじわりとコクと辛さがにじみ出てくるのだ。このシンプルかつ深い味わいはなかなかのもの。

khao-soi-pattaya-third-road-10

大きな鶏肉は、ほどよい弾力を残したまま、しっかりと煮込まれている。
絶妙な味付けと煮込み加減だ。

お口直しに漬物をどうぞ。これまた上品な酸味がいいアクセントになる。

大満足の一品でした。

そりゃあ高級タイ料理レストランにはかなわないだろうけど、70バーツでこの上品な味を出せるのなら、文句のつけようがない。

ドリンクは、ロンガンジュースにしてみた。

khao-soi-pattaya-third-road-7

やや味は薄めだが、量が多くて、飲みごたえあり。果肉入り。
でも、ロンガンより、前回飲んだハイビスカスのRosselenのほうがいいかも。

khao-soi-pattaya-third-road-5

この食堂ではついでにフルーツジュースも頼むのが吉。メニューによれば、健康ドリンクということです。25バーツ。

マッサマンカレーとセットで95バーツ。

カノムジンコーナーの脇のガラスケースの中にあるサラダは取り放題のようだ。美容と健康のためサラダもついでにどうぞ。

khao-soi-pattaya-third-road-6

地図

ソイLKメトロからはソイレンキーを抜けて、徒歩10分もかからない。
レンタルバイクのない短期旅行者でも容易に徒歩で訪問可能。

khao-soi-pattaya-third-road-8

アットホームかつどことなく上品な雰囲気の店内は、ローカル食堂ならが入りやすいと思う。(増毛剤をついでに販売しているのはちょと謎だが。)
注文は日本語メニューを指差せばいいだけ。
英語、タイ語の苦手な人でもまったく問題なし。
たぶん、何を食べてもおいしいでしょうね。
まずは、カオソーイかマッサマンカレーをおすすめします。
夜には閉店してしまうので、夕方までにどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

豚串屋台 (1)

昼間のソイLKメトロに出ている豚串屋台とインスタント味噌汁

LKメトロの豚串屋台 昼間のソイLKメトロには、屋台が出没している。 夜の時間帯は屋台進入禁

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

the-coins-pattaya-breakfast-1

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

記事を読む

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

tuktuk-noodle-soup-2

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。 いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんが

記事を読む

パットマカロニー (1)

パットマカロニは、タイ版ナポリタンスパゲティ@PSボーリングプラザのフードコート

PSボーリングプラザ セカンドロードとパタヤカン交差点にあるボーリング場ビル。

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑