*

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

公開日: : 最終更新日:2017/07/10 グルメレポート ,


少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂、ルアンカオプン。

Khao soi Ruankhaopun (1)
パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

ここでは、他にも気になるメニューがいくつかある。

今回は、カオソーイと並んで、この食堂の2大看板メニューのもう一つ、カオカイジアオを食べてみた。

SPONSOR LINK



カオカイジアオ

英語版メニューの一番上が、カオソーイ。その次がカオカイジアオとなっている。
カイジアオとは、タイ風のオムレツのことだ。

カオソーイ食堂メニュー (6)

英語での説明は、
Omelet & pork on top of rice eat with eggplants in chili paste.

気になるのは、チリペースト。エッグプラントというからには、ナスなのだろうが、たぶんタイのナスで作ったナムプリックといったところか。ナムチムかもしれないが、区別がよくわからないんで、とりあえずナムプリックとしておきます。

(追記)
その後、メニューが日本語化され、少し値上げ。70バーツとなっている。

こちらが料理の現物
カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

オムレツとはいえ、実際は溶き卵をたっぷりの油で揚げている。
街角の屋台よりは、使用している油はよさそうだし、ぱりぱり加減もお見事。

普通はオムレツにチリソースをかけて食べるのだが、ここはナムプリックを付ける。

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (1)

このナムプリックだけをなめてみると、とても辛い。舌がぴりぴりするレベルの辛さだ。
が、カイジアオと絡めると、あら不思議。
とても芳醇な味わいとなる。

豚肉のステーキは、それほど大きいわけではないけれど、付け合わせとしては充分なボリューム。

カイジアオ、ステーキ、ナムプリック、白ご飯。
見事なマッチングである。

庶民料理の代表的な存在であるカオカイジアオだが、ちょっとだけ上品な食べ方にすると、イメージが変わるものだ。
チリソースをどばどばかけるのがカオカイジアオだと思っていたが、こういうのもアリだなあ。

65バーツ。
ワンプレートでお腹いっぱいになるには物足りないかもしれないが、軽い昼ごはんとしては文句なし。
(追記。その後値上げされて70バーツ)

屋台メシはちょっと苦手と遠慮している人も、ここなら問題ないでしょう。
店内は雰囲気もよくて清潔だし、味も上品。
それでいて決して高くない。
おすすめの食堂だ。

地図

営業時間は、午前9時から午後6時までです。昼間にどうぞ。

日本語メニューとマッサマンカレーのレポートはこちらから
関連記事:サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

SPONSOR LINK

関連記事

クイジャップ屋台 (6)

屋台のクイジャップがうまし。手作り麺とスープが絶妙。

ほてほてとソイメイドインタイランドを歩いていると、クィッティアオ風の屋台に遭遇。 でも、ちょっ

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

カイカーオ (1)

タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

ゆで卵が好きだ。 ご飯と食べるもよし、パンと食べるもよし、カレーに入れるもよし、ラーメンに

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)

BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるBITES RES

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

khao-soi-pattaya-third-road-11

サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

以前紹介したサードロードのカオソーイ食堂。 カオソーイもうまいし、カイジアオ定食も

記事を読む

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

(閉店)ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。 場所は、LKメトロから行くなら、北へ向

記事を読む

アドステア

Comment

  1. T A より:

    始めまして、いつも情報ありがとうございます。毎回、短期滞在かつ行動範囲がマンネリ化してくる助かります。まずは、カオソーイを勧められましたが、カイジアオを食べました、無料野菜サラダバーも付いてました。また、オーナーらしき女性は、昨年十月に日本に来たとの事でした。本日13時頃にもひっきりなしにお客さんがきました。

    • 千夜一夜 より:

      あのサラダバーは、誰でも食べられるんですね。カノムジン用かと思ってました。
      あそこは人気ですね。お昼時は客が多いです。中途半端な時間だと空いてます。オーナー?は、上品な方ですよねえ。

  2. こうこう より:

    どちらも美味しそうなんで、両方食べてみたいですね。
    両方だと食べきれないですか?日本のラーチャン定食よりボリューミーな感じがします。

    • 千夜一夜 より:

      うーん、どちらも食べて、日本の中華屋のラーメン+チャーハン+餃子1人前のセットくらいのボリュームでしょうか。人によっては余裕で食べきれると思いますよ。
      タイ料理は一品あたりの量がやっぱり少ないです。

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑