*

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。


少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。

カオソーイ (3)
パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

ここでは、他にも気になるメニューがいくつかある。

今回は、カオソーイと並んで、この食堂の2大看板メニューのもう一つ、カオカイジアオを食べてみた。

SPONSOR LINK

カオカイジアオ

英語版メニューの一番上が、カオソーイ。その次がカオカイジアオとなっている。
カイジアオとは、タイ風のオムレツのことだ。

カオソーイ食堂メニュー (6)

英語での説明は、
Omelet & pork on top of rice eat with eggplants in chili paste.

気になるのは、チリペースト。エッグプラントというからには、ナスなのだろうが、たぶんタイのナスで作ったナムプリックといったところか。ナムチムかもしれないが、区別がよくわからないんで、とりあえずナムプリックとしておきます。

こちらが料理の現物
カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

オムレツとはいえ、実際は溶き卵をたっぷりの油で揚げている。
街角の屋台よりは、使用している油はよさそうだし、ぱりぱり加減もお見事。

普通はオムレツにチリソースをかけて食べるのだが、ここはナムプリックを付ける。

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (1)

このナムプリックだけをなめてみると、とても辛い。舌がぴりぴりするレベルの辛さだ。
が、カイジアオと絡めると、あら不思議。
とても芳醇な味わいとなる。

豚肉のステーキは、それほど大きいわけではないけれど、付け合わせとしては充分なボリューム。

カイジアオ、ステーキ、ナムプリック、白ご飯。
見事なマッチングである。

庶民料理の代表的な存在であるカオカイジアオだが、ちょっとだけ上品な食べ方にすると、イメージが変わるものだ。
チリソースをどばどばかけるのがカオカイジアオだと思っていたが、こういうのもアリだなあ。

65バーツ。
ワンプレートでお腹いっぱいになるには物足りないかもしれないが、軽い昼ごはんとしては文句なし。

屋台メシはちょっと苦手と遠慮している人も、ここなら問題ないでしょう。
店内は雰囲気もよくて清潔だし、味も上品。
それでいて決して高くない。
おすすめの食堂だ。

地図

営業時間は、午前9時から午後6時までです。昼間にどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

big-bowl-noodle-11

特盛りクイティアオ!BIG BOWL NOODLE@ソイローングナムケーン

ふらふらとブッカオとサードロードの間を走っていると、見慣れぬクイティアオ屋ができていた。

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

10バーツクイティアオルア食後

トゥッコム裏にある10バーツわんこクイティアオルア。あなたは何杯食べられる?

以前、バイクで通りかかった時に気になっていた10バーツの看板が掲げられたクイティアオ屋。

記事を読む

Kaiten回転の焼肉としゃぶしゃぶ (9)

焼肉とシーフードとしゃぶしゃぶ食べ放題のKAITEN(回転)@セントラルフェスティバルパタヤ

日本からパタヤへ遊びに来た友人たちとセントラルフェスティバルパタヤで食事。 いつも

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. T A より:

    始めまして、いつも情報ありがとうございます。毎回、短期滞在かつ行動範囲がマンネリ化してくる助かります。まずは、カオソーイを勧められましたが、カイジアオを食べました、無料野菜サラダバーも付いてました。また、オーナーらしき女性は、昨年十月に日本に来たとの事でした。本日13時頃にもひっきりなしにお客さんがきました。

    • 千夜一夜 より:

      あのサラダバーは、誰でも食べられるんですね。カノムジン用かと思ってました。
      あそこは人気ですね。お昼時は客が多いです。中途半端な時間だと空いてます。オーナー?は、上品な方ですよねえ。

  2. こうこう より:

    どちらも美味しそうなんで、両方食べてみたいですね。
    両方だと食べきれないですか?日本のラーチャン定食よりボリューミーな感じがします。

    • 千夜一夜 より:

      うーん、どちらも食べて、日本の中華屋のラーメン+チャーハン+餃子1人前のセットくらいのボリュームでしょうか。人によっては余裕で食べきれると思いますよ。
      タイ料理は一品あたりの量がやっぱり少ないです。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑