*

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

公開日: : グルメレポート


パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。

前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で食べた。ここのカオソーイはとてもうまい。他の料理も上品な味付けでおすすめの食堂。

カオソーイ (5)
パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。
カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

あれからけっこう日数が経ったが、決してカオソーイのことを忘れたわけではない。

SPONSOR LINK

COOL HOUSEのカオソーイ

まずは、パタヤカンのビーチ側にあるCOOL HOUSEというレストランへ。

cool-house-kaosoi-3

以前、アメリカンブレックファーストで紹介したことがある。
COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

このブレックファストを食べた時に、メニューにカオソーイがあるのはわかっていた。
表の看板にもきちんと載ってある。EGG NOODLE IN CURRY。

cool-house-kaosoi-2

80バーツとやや高い料金設定が気になるが、味の方も気になる。
店の人に「これはカオソーイか?」と確認してみると、たしかにカオソーイ。
じゃあ決まりとオーダー。

到着

cool-house-kaosoi-4

丼は大きめ。いかにも麺の量が多そうだ。どんと乾麺がのっかっている。
薬味もきちんと別皿に揃っている。

混ぜると、中から通常の中華麺が出てくるのは、カオソーイのお約束。

cool-house-kaosoi-1

さっそく食べてみる。
スープは、いかにもカレー然としていて濃厚。でも辛さは控えめ。カレー本来のうまみが出ている。これはいけるね。まさにカレーラーメンだ。
ややぬるめだけど普通においしい。

が、肝心の麺が両方とも今いちだった。

乾麺は、細いタイプで風味がない。
中華麺は、茹で過ぎで、ふにゃふにゃぐちゃぐち茹で過ぎの上にカレースープを吸っていくんで、もう何が何だか。

鶏肉は、骨付きタイプではなくて、普通の切り身。食べやすくていいし、肉の質もそこそこいいのだが、やっぱりカオソーイの鶏肉は、骨付き肉をほろほろになるまで煮込んだやつがいいと思う。

予想通り、麺の量がやたらと多かった。
がんばって最後まで完食。

スープはうまいが、麺がダメ。

たぶん、リピートはしないでしょう。

セントラルフェスティバル地下フードコートのカオソーイ

セントラルフェスティバル地下のフードコート

クールハウスで昼飯としてカオソーイを食べてから、夜、ふとセントラルフェスティバルの地下フードコート(FOODPARK)へ。
別に理由はなかったが、たまには覗いてみようと思っただけ。

すると、カオソーイを扱うブースを発見。いつの間にできたんだ。

foodpark-kaosoi-1

KAO SOI CHIANGMAIとはっきり書いてあるなあ。

普段はなかなか見つからないカオソーイだが、見つかる時はあっさり見つかるもの。
こうなったのも何かの運命。
まさかの1日2食連続カオソーイ決定だ。

foodpark-kaosoi-2

カオソーイガイ(鶏肉)が70バーツ。オーソドックスにこいつにしよう。

出来上がりがこちら
foodpark-kaosoi-3

見本に比べると実に頼りない外見のような。

薬味は、直接、丼に放り込んである。

乾麺が上に、中華麺はスープの中に。

foodpark-kaosoi-4

乾麺はやや太いタイプで、中華麺はほどよい茹で加減。
うん、これは上出来。

カレースープは、クールハウスよりもさらに辛い。カレー風味はやや薄めで、辛さが目立つかな。可もなく不可もないといったレベル。

鶏肉は骨付きでよく煮込まれていた。肉質じたいは、クールハウスのほうが上。

量は圧倒的に少ない。

クールハウスと同じく、何度もリピートしたい味ではなかった。

結論

スープがクールハウスで、麺がセンタン地下フードコートなら、ばっちりだったのになあ。
鶏肉は、骨付きタイプのものをクールハウスが作って欲しい。

そんなわけで、まさかのパタヤでカオソーイのダブルヘッダーでした。

サードロードのカオソーイ食堂のほうがおすすめです。

また、パタヤカンにも本格的なチャンマイ料理屋がオープンしている。

chiangmai-restaurant

ここは近日訪問予定。
たぶん、ここが決定打となりそうな予感がしているが、さてどうでしょうか。

SPONSOR LINK

関連記事

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (1)

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

パタヤのウォーキングストリート。 文字通り世界中から観光客が集まってくる。 よっ

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

カイヨーマー

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

ジョークといえば、タイのおかゆ。 米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

記事を読む

豚串屋台 (1)

昼間のソイLKメトロに出ている豚串屋台とインスタント味噌汁

LKメトロの豚串屋台 昼間のソイLKメトロには、屋台が出没している。 夜の時間帯は屋台進入禁

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑