*

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

公開日: : グルメレポート


パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。

前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で食べた。ここのカオソーイはとてもうまい。他の料理も上品な味付けでおすすめの食堂。

カオソーイ (5)
パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。
カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

あれからけっこう日数が経ったが、決してカオソーイのことを忘れたわけではない。

SPONSOR LINK

COOL HOUSEのカオソーイ

まずは、パタヤカンのビーチ側にあるCOOL HOUSEというレストランへ。

cool-house-kaosoi-3

以前、アメリカンブレックファーストで紹介したことがある。
COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

このブレックファストを食べた時に、メニューにカオソーイがあるのはわかっていた。
表の看板にもきちんと載ってある。EGG NOODLE IN CURRY。

cool-house-kaosoi-2

80バーツとやや高い料金設定が気になるが、味の方も気になる。
店の人に「これはカオソーイか?」と確認してみると、たしかにカオソーイ。
じゃあ決まりとオーダー。

到着

cool-house-kaosoi-4

丼は大きめ。いかにも麺の量が多そうだ。どんと乾麺がのっかっている。
薬味もきちんと別皿に揃っている。

混ぜると、中から通常の中華麺が出てくるのは、カオソーイのお約束。

cool-house-kaosoi-1

さっそく食べてみる。
スープは、いかにもカレー然としていて濃厚。でも辛さは控えめ。カレー本来のうまみが出ている。これはいけるね。まさにカレーラーメンだ。
ややぬるめだけど普通においしい。

が、肝心の麺が両方とも今いちだった。

乾麺は、細いタイプで風味がない。
中華麺は、茹で過ぎで、ふにゃふにゃぐちゃぐち茹で過ぎの上にカレースープを吸っていくんで、もう何が何だか。

鶏肉は、骨付きタイプではなくて、普通の切り身。食べやすくていいし、肉の質もそこそこいいのだが、やっぱりカオソーイの鶏肉は、骨付き肉をほろほろになるまで煮込んだやつがいいと思う。

予想通り、麺の量がやたらと多かった。
がんばって最後まで完食。

スープはうまいが、麺がダメ。

たぶん、リピートはしないでしょう。

セントラルフェスティバル地下フードコートのカオソーイ

セントラルフェスティバル地下のフードコート

クールハウスで昼飯としてカオソーイを食べてから、夜、ふとセントラルフェスティバルの地下フードコート(FOODPARK)へ。
別に理由はなかったが、たまには覗いてみようと思っただけ。

すると、カオソーイを扱うブースを発見。いつの間にできたんだ。

foodpark-kaosoi-1

KAO SOI CHIANGMAIとはっきり書いてあるなあ。

普段はなかなか見つからないカオソーイだが、見つかる時はあっさり見つかるもの。
こうなったのも何かの運命。
まさかの1日2食連続カオソーイ決定だ。

foodpark-kaosoi-2

カオソーイガイ(鶏肉)が70バーツ。オーソドックスにこいつにしよう。

出来上がりがこちら
foodpark-kaosoi-3

見本に比べると実に頼りない外見のような。

薬味は、直接、丼に放り込んである。

乾麺が上に、中華麺はスープの中に。

foodpark-kaosoi-4

乾麺はやや太いタイプで、中華麺はほどよい茹で加減。
うん、これは上出来。

カレースープは、クールハウスよりもさらに辛い。カレー風味はやや薄めで、辛さが目立つかな。可もなく不可もないといったレベル。

鶏肉は骨付きでよく煮込まれていた。肉質じたいは、クールハウスのほうが上。

量は圧倒的に少ない。

クールハウスと同じく、何度もリピートしたい味ではなかった。

結論

スープがクールハウスで、麺がセンタン地下フードコートなら、ばっちりだったのになあ。
鶏肉は、骨付きタイプのものをクールハウスが作って欲しい。

そんなわけで、まさかのパタヤでカオソーイのダブルヘッダーでした。

サードロードのカオソーイ食堂のほうがおすすめです。

また、パタヤカンにも本格的なチャンマイ料理屋がオープンしている。

chiangmai-restaurant

ここは近日訪問予定。
たぶん、ここが決定打となりそうな予感がしているが、さてどうでしょうか。

SPONSOR LINK

関連記事

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

ボートのトンカツカナーごはん

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。 今回はBOATレストランを

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

カシコーン横のクィティアオバミー1

ソイブッカオのカシコーン銀行横にあるクイティアオ屋

タイでは、あまりにもポピュラーなクィティアオ。 もちろん昼間に食べるクィティアオもいいけど、深

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

アドステア

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑