*

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

公開日: : グルメレポート


パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。

前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で食べた。ここのカオソーイはとてもうまい。他の料理も上品な味付けでおすすめの食堂。

カオソーイ (5)
パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。
カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

あれからけっこう日数が経ったが、決してカオソーイのことを忘れたわけではない。

SPONSOR LINK

COOL HOUSEのカオソーイ

まずは、パタヤカンのビーチ側にあるCOOL HOUSEというレストランへ。

cool-house-kaosoi-3

以前、アメリカンブレックファーストで紹介したことがある。
COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

このブレックファストを食べた時に、メニューにカオソーイがあるのはわかっていた。
表の看板にもきちんと載ってある。EGG NOODLE IN CURRY。

cool-house-kaosoi-2

80バーツとやや高い料金設定が気になるが、味の方も気になる。
店の人に「これはカオソーイか?」と確認してみると、たしかにカオソーイ。
じゃあ決まりとオーダー。

到着

cool-house-kaosoi-4

丼は大きめ。いかにも麺の量が多そうだ。どんと乾麺がのっかっている。
薬味もきちんと別皿に揃っている。

混ぜると、中から通常の中華麺が出てくるのは、カオソーイのお約束。

cool-house-kaosoi-1

さっそく食べてみる。
スープは、いかにもカレー然としていて濃厚。でも辛さは控えめ。カレー本来のうまみが出ている。これはいけるね。まさにカレーラーメンだ。
ややぬるめだけど普通においしい。

が、肝心の麺が両方とも今いちだった。

乾麺は、細いタイプで風味がない。
中華麺は、茹で過ぎで、ふにゃふにゃぐちゃぐち茹で過ぎの上にカレースープを吸っていくんで、もう何が何だか。

鶏肉は、骨付きタイプではなくて、普通の切り身。食べやすくていいし、肉の質もそこそこいいのだが、やっぱりカオソーイの鶏肉は、骨付き肉をほろほろになるまで煮込んだやつがいいと思う。

予想通り、麺の量がやたらと多かった。
がんばって最後まで完食。

スープはうまいが、麺がダメ。

たぶん、リピートはしないでしょう。

セントラルフェスティバル地下フードコートのカオソーイ

セントラルフェスティバル地下のフードコート

クールハウスで昼飯としてカオソーイを食べてから、夜、ふとセントラルフェスティバルの地下フードコート(FOODPARK)へ。
別に理由はなかったが、たまには覗いてみようと思っただけ。

すると、カオソーイを扱うブースを発見。いつの間にできたんだ。

foodpark-kaosoi-1

KAO SOI CHIANGMAIとはっきり書いてあるなあ。

普段はなかなか見つからないカオソーイだが、見つかる時はあっさり見つかるもの。
こうなったのも何かの運命。
まさかの1日2食連続カオソーイ決定だ。

foodpark-kaosoi-2

カオソーイガイ(鶏肉)が70バーツ。オーソドックスにこいつにしよう。

出来上がりがこちら
foodpark-kaosoi-3

見本に比べると実に頼りない外見のような。

薬味は、直接、丼に放り込んである。

乾麺が上に、中華麺はスープの中に。

foodpark-kaosoi-4

乾麺はやや太いタイプで、中華麺はほどよい茹で加減。
うん、これは上出来。

カレースープは、クールハウスよりもさらに辛い。カレー風味はやや薄めで、辛さが目立つかな。可もなく不可もないといったレベル。

鶏肉は骨付きでよく煮込まれていた。肉質じたいは、クールハウスのほうが上。

量は圧倒的に少ない。

クールハウスと同じく、何度もリピートしたい味ではなかった。

結論

スープがクールハウスで、麺がセンタン地下フードコートなら、ばっちりだったのになあ。
鶏肉は、骨付きタイプのものをクールハウスが作って欲しい。

そんなわけで、まさかのパタヤでカオソーイのダブルヘッダーでした。

サードロードのカオソーイ食堂のほうがおすすめです。

また、パタヤカンにも本格的なチャンマイ料理屋がオープンしている。

chiangmai-restaurant

ここは近日訪問予定。
たぶん、ここが決定打となりそうな予感がしているが、さてどうでしょうか。

SPONSOR LINK

関連記事

ヌアヤーンとナムトックムーのダブル焼き肉丼

ヌアヤーンとムーヤーンのダブル焼き肉丼うまし

ある夜のこと。 食事中の友人たちから誘いを受ける。 食べきれないくらい量があるんで、食べに来

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

Big A curry wurst (1)

BIG A Pattayaのパタヤカンブレックファーストとカリーブルスト

パタヤカンのソイ12と、セカンドロードのソイ4が交わる三叉路に一軒のレストランが建っている。ハリ

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

walkingstreet-soi15-food-5

【悲報】ウォーキングストリートソイ15の屋台群が撤去される。あのカオマンガイ屋はいずこへ?

ウォーキングストリートのソイ15は、物価の高いエリアにあって格安で提供してくれる屋台がいくつも並

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

LEELAカフェ (4)

サードロードのオシャレかつ気軽なカフェ、Leela Coffee&Restaurant

パタヤのカフェシリーズ。 今回紹介するのは、サードロードにあるLee La Coffee &a

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani night life bars (1)
ウドンタニーで恒例のバービア遊び。でも一番かわいいバービア嬢はペイバー不可で撃沈。

ラオス・イサーン旅行記20 (19「ウドンタニー名物料理のカイガタは

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑