*

ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

公開日: : 夜遊び情報

VELVET CLUB

ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブができていた。
名前は、VELVET CLUB(ベルベットクラブ、ヴェルヴェットクラブ)

外観
VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)

夜はこんな感じ
VELVET CLUB SOI BONGKOT (3)

場所は、ソイボンコット(パタヤタイのソイ16)のかなり北側。
サードロードから歩いて数分といったところ。

地図

ソイボンコットで有名なジェントルマンクラブ系といえば、CLUB4や007の並びだが、その一角とは少々離れている。とはいえ、徒歩で行き来が可能な距離だ。

入店レポ

VELVET CLUB SOI BONGKOT (2)

入り口はロックされていて、ブザーを鳴らして開けてもらうシステム。
まあ、中から監視カメラで見られているんで、近づいたら開けてもらえるけど。

入店したのは、週末の夜9時過ぎ。
店内に客はゼロだった。

店員に話を聞いたところ、オープンして1ヶ月も経っていないそうな。
確かに真新しい店内で、まだ新築の匂いすらしている。風船が飾り付けられたまま。

入って正面にカウンター席。

右奥がソファーエリアとなっている。
このソファーの座り心地がいい。キャンドルが置いてあったり、ちょっとロマンティック。しかも各ソファーごとにカーテンで仕切れるようになっている。
ここでブンブンできるか聞いてみたが、上の部屋のほうがいいとの答え。

部屋代は300バーツ。
ショート代は聞いていないけど、ほぼ間違いなく1000バーツでしょう。ショート1000Bはパタヤの鉄板価格です。(ゴーゴーバーが異常に高値なだけ。)

気になるラインナップは、4人。
一人はちょっと太りすぎで却下。
二人は年齢ルックスとも悪くはないけれど、あえて選びたいレベルではない。
最後の一人は、23歳のイサーン出身で、ルックス、スタイルとも高レベル。ゴーゴーバーでも余裕で通用するだろう。選ぶならこの23歳だ。

あと、ちょっと色気のあるママさんが一人。

さすがに4人だけではきついものがあるが、普段はもう少し出勤しているみたい。

全員フレンドリーで、ドリンクの催促やペイバーのお誘いはまったくなかった。
日本びいきなようで、とても話が弾む。
バービアと一緒で、ある程度の英語力ないしタイ語力が必要だが、日本人でもまったく問題ないですね。

客がわたし一人だけだったけど、居心地は良かった。
場末のバーも好きだけど、やっぱり綺麗なバーはいいよね。

奥のソファーエリアでまったりと乳繰り合うのがいいでしょう。気分が乗ったら、2階へどうぞ。

名刺
VELVET CLUB SOI BONGKOT (5)
VELVET CLUB SOI BONGKOT (4)

BAR-CLUB-HOTESSESと書いてある。

ホテセス? Hostess(ホステス)の間違いかと思いきや、フランス語ではホステスのことをこのように表記するみたい。知らなんだ。

営業時間は、午後2時から夜12時まで。

昼間や夕方はファラン客がそこそこ集まるそうだが、週末の夜は空いているとのこと。
ファランは週末の夜はテレビでギーラー(スポーツ)を見ているからだそうな。
たしかに。メイン顧客であろう長期滞在ファランは、大きなサッカーの試合がある日は、自宅やスポーツバーに集まりがち。サッカーの試合を放送していないバービアはがらがらだったりするんで。

瓶ビール(LEO)が90バーツ。
あと、アサヒのスーパードライも置いてあったような。価格は不明。

数人のグループで全員が女選び目的で訪れるとちょっと厳しいかもしれないが、うち一人くらいは遊べるだろう。残りはソファーエリアでだらだら飲んでいればいい。喫煙可能。

ソイブッカオからぎりぎり徒歩圏内なんで、昼間に遊ぶにはいいかもね。
ついでに、クラブ4や007へ立ち寄るのもアリ。
すべて徒歩で行けるけど、昼間は汗だくになるはず。
帰りはバイタクがいいでしょう。

関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。
関連記事:パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。
関連記事:【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ

ソイボンコットには、安くてうまいローカルグルメがもりだくさん。
こちらも忘れずにどうぞ。

関連記事:ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。
関連記事:ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。
関連記事:食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋
関連記事:ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ
関連記事:一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

ソイボンコットの奥に、おすすめホテルあり。ここは本当に素晴らしいコスパだと思う。

関連記事:コスパ最強の完全新築ホテル!ザコーナーロッジ宿泊レポート@パタヤタイ・ソイボンコット

新しいコンドミニアムもできているし、これからソイボンコット周辺エリアは発展していきそうな気配。要注目エリアだ。
普段はウォーキングストリートやLKメトロしか行かない人も、たまには足を伸ばしてみましょう。
ただし、ウォーキングストリートのようなレベルや規模や喧騒を期待すると、あまりもがっかりすることになるんで、お間違えなきよう。ちょっと冒険心が出てきた人向けです。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

ビーナスラウンジ看板

VENUS LOUNGE( ビーナスラウンジ)は、サードロード沿いにあるジェントルマンズクラブ

サードロードをノースパタヤからパタヤカンへ向けて進んでいると、たまたま目に入ったのが、このお店。

記事を読む

ラムー (1)

ラムー訪問記後編。ペイバー可能、でもバーファインは3000バーツ。

前回のラムー訪問記はこちらから。 ⇒高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。1

記事を読む

Lady love

GW終盤のパタヤ・ソイLKメトロのゴーゴーバー訪問レポート

昨晩12時頃、ソイLKメトロを訪問してきた。 カレンダー上のゴールデンウィークは終盤戦

記事を読む

fahrenheit-gogo

週末のウォーキングストリート、ゴーゴーバー5軒レポート。昔ペイバーしたバービア嬢がゴーゴー嬢へ転身。

金曜土曜日と、週末のウォーキングストリートを二日間に渡って、訪れてみた。 どちらも午後11時以降の

記事を読む

LKメトロタッチアゴーゴー (1)

ソイLKメトロの新ゴーゴーバー、タッチ(touch)訪問レポート

touch 約2週間ほど前にオープンした新ゴーゴーバーだ。 場所は、ソイLKメトロのブッ

記事を読む

ソイ3バービア群 (2)

【バービア定点観測】ドリンキングストリート、ソイ3、ソイ6

昨晩、ノースパタヤのバービアを少々まわってきた。 時刻は夜11時過ぎ。 まずは、ソイ3へ

記事を読む

walking-street

クリスマス直前のウォーキングストリートとLKメトロの様子。バーファイン値上げ。

すっかりクリスマスモードとなったパタヤ。 あちこちでクリスマスツリーが飾られ、バーではサンタ帽やト

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

ラムー (3)

高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。18歳と19歳のホステスがレベル高し。

日本から友人がやって来た。 お望み通り、サードロードのパブを一緒に捜索することに。 関連記事

記事を読む

アドステア

アドステア

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

→もっと見る

PAGE TOP ↑