*

【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ

公開日: : 夜遊び情報

ソイボンコットからソイアルノタイへ抜ける閑静な一角に、CLUB4がある。
クラブ4は老舗のジェントルマンズクラブだ。いや、キンナリープレイスのような正統派のジェントルマンズクラブというよりも、ソイ6のようなショートタイムバーに近いかも。その特徴からブロージョブバーとも呼ばれる。

club-sin-pattaya-1

クラブ4に続いて、007やパイレーツといった同業種のバーが続々とオープン。ソイブッカオとサードロードの間で営業していたカッレブランも移転してきた。

そして、さらにもう1店舗が新登場。
店名は、「CLUB SIN」

club-sin-pattaya-2

夜の外観
club-sin-pattaya-3
文字の並びからすれば、SIN CLUBになりそうだけど、どうやらCLUB SINでいいみたい。ま、どっちでも。

基本的に入り口には鍵がかかっていて、チャイムを鳴らしてドアを開けてもらう。
店内からは監視カメラでばっちり見られていて、店に近づいたら解錠してもらえるだろう。

店内はカウンター席がメイン。
あとは小さなテーブルがいくつか並んでいる。
クラブ4や007のような座敷タイプの客席は見当たらない。どうやら奥にスペースがあって、そっちに座敷があるようだが詳細不明。
手前側のソファーには女性たちが座って待機中。

店内はかなり落ち着いた雰囲気。
オープンしたのは11月下旬とのことだ。店内は真新しい。

コーラ65バーツ。ビールは80バーツ前後。

SINとは、英語で「神に背く」とか「罪深い」とか「背徳的」とかそんな意味。

SINと聞いて真っ先に思いつくのが、「SIN CITY」という映画タイトル。原作はコミック。

案の定、店内にはポスターがあちこちに貼られていた。
まあ、パタヤ自体がSIN CITYそのものだけど。

さて、肝心のラインナップであるが、これは少々厳しい。
夕方6時頃の訪問で全部で8人ほど出勤していた。
年齢層は高めだ。たぶん20代半ばから後半が多い。
若くて23歳とのこと。

罪深き女性たちの画像を見たい人は、フェイスブックの公式ページをどうぞ。
これを見るかぎりでは、もうちょっとマシなラインナップのはずなのだが。

https://www.facebook.com/ClubSinPattaya/

カウンター席に座っていると、手のあいている女性が営業に来る。
軽く世間話するだけなら特にレディドリンクは不要だが、気に入った女性がいればおごってあげればいい。

部屋代(バーファイン)は350バーツ。
チップはブンブンで1000バーツ。聞いていないが、口だけのサービスだと500バーツだろう。
ちなみに、クラブ4の部屋代は300バーツだ。SIN CLUBのほうがわずかに高い。
サービスへのチップは、どこも横並び。

先客はファランが二人だけ。
その後、何組かファラン客がやって来ては、女性陣のラインナップをながめるだけですぐに撤退していった。

 

なお、このCLUB4の並びには、さらに2軒のジェントルマンズクラブが新しくできる予定だそうな。

・クラブ4
・007
・パイレーツ
・カッレブラン
・クラブシン

現在5店舗。これに2店舗加わると計7店舗が、この狭い一角に並ぶことになる。
ジェントルマンズクラブ銀座と化してきた。

入り口に鍵がかかっているとはいえ、出入りは自由だ。
のぞいて無理と判断したら、すぐに別の店へ移動できる。容易にバーめぐり可能。

営業時間は、おおむね昼1時頃から夜12時まで。どこも似たようなもの。

地図

バイクがないと少々厳しい立地だが、ソイブッカオからぎりぎり徒歩圏内だろうか。

詳しい行き方は、以下の記事を参照のこと。
関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。

現在、ソイボンコットからCLUB4へ至る曲がり角にあったファミリーマートがなくなっている。

クラブ4への行き方 (1)

このファミリーマートが目印だったので、初めての人はちょっと迷うかも。
FULL LOVE Innの看板を目印にどうぞ。

また、CLUB4前には、バイクタクシーが常駐するようになった。
疲れたらなら帰りはバイタクを利用しましょう。話によると、ちょっと吹っかけてくるみたいだけど。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ソイ3バービア群 (2)

【バービア定点観測】ドリンキングストリート、ソイ3、ソイ6

昨晩、ノースパタヤのバービアを少々まわってきた。 時刻は夜11時過ぎ。 まずは、ソイ3へ

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

pattaya-20161017-4

パタヤは復活。はたして夜遊びは是か非か?

週明けのパタヤの様子である。 昼間はもうほぼ通常のパタヤと変わらない。 わずかに黒い服を着た

記事を読む

whiterooms-motown-2

ソイLKメトロの新店レポート。White Roomsがモータウンバービアへ。CAFE’ RACERも。

ソイLKメトロに新しいバーが2つ出来ている。 一つは、1,2ヶ月ほど前に開業したと思われるCA

記事を読む

pattaya-walkingstreet-20161016-2

10月16日深夜のウォーキングストリートではゴーゴーバー営業中。バカラとスーパーガール訪問レポート。

昨日、10月16日は仏教の祝日にあたり、禁酒日となっていた。 服喪期間ということもあり、てっきり、

記事を読む

nana-plaza-1

バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットの現状レポート

パタヤの夜遊びに関しては、ほぼ復活している。 では、バンコクはどうなのか? 一昨日の夜、スクンビ

記事を読む

アメジストのクリスマスツリー

ソイLKメトロ周辺新規オープン店情報。2015年12月クリスマスイブ。

本日はクリスマスイブ。 ゴーゴーバーやお店の飾り付けもすっかりクリスマスモード。

記事を読む

shark-1

【ウォーキングストリート】新規ゴーゴー店フロッグクイーンとシャーク復活

年明け以来、ひさしぶりにウォーキングストリートを訪れてみると、いくつか変化があった。 簡単にレポー

記事を読む

スクーターバー4

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。

深夜のソイブッカオを千鳥足でふらふらと歩いていると、耳慣れたビートとサウンドが耳に飛び込んできた。

記事を読む

ラムー (3)

高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。18歳と19歳のホステスがレベル高し。

日本から友人がやって来た。 お望み通り、サードロードのパブを一緒に捜索することに。 関連記事

記事を読む

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑