*

【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ

公開日: : 夜遊び情報

ソイボンコットからソイアルノタイへ抜ける閑静な一角に、CLUB4がある。
クラブ4は老舗のジェントルマンズクラブだ。いや、キンナリープレイスのような正統派のジェントルマンズクラブというよりも、ソイ6のようなショートタイムバーに近いかも。その特徴からブロージョブバーとも呼ばれる。

club-sin-pattaya-1

クラブ4に続いて、007やパイレーツといった同業種のバーが続々とオープン。ソイブッカオとサードロードの間で営業していたカッレブランも移転してきた。

そして、さらにもう1店舗が新登場。
店名は、「CLUB SIN」

club-sin-pattaya-2

夜の外観
club-sin-pattaya-3
文字の並びからすれば、SIN CLUBになりそうだけど、どうやらCLUB SINでいいみたい。ま、どっちでも。

基本的に入り口には鍵がかかっていて、チャイムを鳴らしてドアを開けてもらう。
店内からは監視カメラでばっちり見られていて、店に近づいたら解錠してもらえるだろう。

店内はカウンター席がメイン。
あとは小さなテーブルがいくつか並んでいる。
クラブ4や007のような座敷タイプの客席は見当たらない。どうやら奥にスペースがあって、そっちに座敷があるようだが詳細不明。
手前側のソファーには女性たちが座って待機中。

店内はかなり落ち着いた雰囲気。
オープンしたのは11月下旬とのことだ。店内は真新しい。

コーラ65バーツ。ビールは80バーツ前後。

SINとは、英語で「神に背く」とか「罪深い」とか「背徳的」とかそんな意味。

SINと聞いて真っ先に思いつくのが、「SIN CITY」という映画タイトル。原作はコミック。

案の定、店内にはポスターがあちこちに貼られていた。
まあ、パタヤ自体がSIN CITYそのものだけど。

さて、肝心のラインナップであるが、これは少々厳しい。
夕方6時頃の訪問で全部で8人ほど出勤していた。
年齢層は高めだ。たぶん20代半ばから後半が多い。
若くて23歳とのこと。

罪深き女性たちの画像を見たい人は、フェイスブックの公式ページをどうぞ。
これを見るかぎりでは、もうちょっとマシなラインナップのはずなのだが。

https://www.facebook.com/ClubSinPattaya/

カウンター席に座っていると、手のあいている女性が営業に来る。
軽く世間話するだけなら特にレディドリンクは不要だが、気に入った女性がいればおごってあげればいい。

部屋代(バーファイン)は350バーツ。
チップはブンブンで1000バーツ。聞いていないが、口だけのサービスだと500バーツだろう。
ちなみに、クラブ4の部屋代は300バーツだ。SIN CLUBのほうがわずかに高い。
サービスへのチップは、どこも横並び。

先客はファランが二人だけ。
その後、何組かファラン客がやって来ては、女性陣のラインナップをながめるだけですぐに撤退していった。

 

なお、このCLUB4の並びには、さらに2軒のジェントルマンズクラブが新しくできる予定だそうな。

・クラブ4
・007
・パイレーツ
・カッレブラン
・クラブシン

現在5店舗。これに2店舗加わると計7店舗が、この狭い一角に並ぶことになる。
ジェントルマンズクラブ銀座と化してきた。

入り口に鍵がかかっているとはいえ、出入りは自由だ。
のぞいて無理と判断したら、すぐに別の店へ移動できる。容易にバーめぐり可能。

営業時間は、おおむね昼1時頃から夜12時まで。どこも似たようなもの。

地図

バイクがないと少々厳しい立地だが、ソイブッカオからぎりぎり徒歩圏内だろうか。

詳しい行き方は、以下の記事を参照のこと。
関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。

現在、ソイボンコットからCLUB4へ至る曲がり角にあったファミリーマートがなくなっている。

クラブ4への行き方 (1)

このファミリーマートが目印だったので、初めての人はちょっと迷うかも。
FULL LOVE Innの看板を目印にどうぞ。

また、CLUB4前には、バイクタクシーが常駐するようになった。
疲れたらなら帰りはバイタクを利用しましょう。話によると、ちょっと吹っかけてくるみたいだけど。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

fahrenheit-gogo

週末のウォーキングストリート、ゴーゴーバー5軒レポート。昔ペイバーしたバービア嬢がゴーゴー嬢へ転身。

金曜土曜日と、週末のウォーキングストリートを二日間に渡って、訪れてみた。 どちらも午後11時以降の

記事を読む

スパイスクラブ (1)

スパイスクラブ訪問レポートとハッピー&ビーチクラブ移転情報

スパイスクラブ(SPICE CLUB) 3月で閉店したビーチクラブ。 旧ビーチクラブ店舗は、その

記事を読む

Pattaya Darkside bar (6)

【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット通り以東の山側エリアのこと。イ

記事を読む

ビーチクラブ (3)

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB 昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前

記事を読む

walking-street

クリスマス直前のウォーキングストリートとLKメトロの様子。バーファイン値上げ。

すっかりクリスマスモードとなったパタヤ。 あちこちでクリスマスツリーが飾られ、バーではサンタ帽やト

記事を読む

lek-gogo

ノースパタヤバービア群(ソイ6、ドリンキングStなど)の現状とLEKゴーゴーバー初訪問レポート

日曜日の夜、ノースパタヤの遊び場をまわってきた。 ソイ6、ドリンキングストリート、バービア群、ゴー

記事を読む

スカイフォール

禁酒日前夜のパタヤの様子と今晩の開店情報

本日、2月22日は、マカブーチャ(万仏祭)という祝日のため、タイは禁酒日。 2月21日夜のパタ

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者投稿】タイギャルお勧め土産ベスト5

あちこちのタイブログに精力的に顔を出しておられる読者ヨッシーさんから長文のコメントを頂きましたので、

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

エキサイトクラブ(EXCITE CLUB)はソイエキサイトにある新しいショートタイムバー。トータル1300バーツなり。

約2ヶ月ほどまえにオープンした、エキサイトクラブ。 場所はソイエキサイトのブッカオ寄り。

記事を読む

ラムー (3)

高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。18歳と19歳のホステスがレベル高し。

日本から友人がやって来た。 お望み通り、サードロードのパブを一緒に捜索することに。 関連記事

記事を読む

アドステア

アドステア

Dolls (1)
沈没ファランたちと過ごすバービアの夜

沈没日記17 年末年始のパーティラッシュが一段落して、平常運転に

スクリーンショット_012417_024735_AM
HISの初売りクーポン券発行中。LCCでも3000円引き。

格安航空券の大手、H.I.S(エイチ・アイ・エス)が初夢フェアを開

Hot pot chimchum (1)
コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐり

Pattaya Darkside bar (6)
【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

→もっと見る

PAGE TOP ↑