日本帰国情報

日本の水際対策緩和、ファストトラック青色画面で検査と待機不要

投稿日:

6月1日より日本の水際対策が大幅に緩和となった。
新しい入国措置について、詳細が発表されている。
検疫手続きを簡素化するファストトラックもアップグレードされ、緑色画面の上の青色画面が追加された。
青色グループからの日本入国でファストトラックが青色表示となれば、検査と待機不要での入国が確定となる。

広告



6月1日からの水際対策

厚労省が外務省がそれぞれ入国措置について説明しているが、初めての人はなにがなんだかわからない状態。

厚労省発表の水際対策についての説明はここから読み始める。

水際対策(2022/6/1以降日本到着の方)⇒https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html#minaosi

滞在していた国の区分とワクチン接種証明書の有無によって、入国時の検疫措置が異なる。
ワクチン接種証明書はブースター接種が条件。2回では有効とみなされない。

国の区分は、青・黃・赤の3グループ。

検疫措置

タイは、青グループに入っている。
よって、ワクチン接種証明書の有無に関係なく、到着時検査と待機は不要となる。

ベトナムやインドなどの黄グループからの入国では、ワクチン接種証明書があれば検査と待機が不要となるが、ブースター接種済みでない場合は検査と待機が求められる。

出国前72時間以内の陰性証明書取得はグループ分けに関係なく全員必要。
陰性証明書がないと日本行きのフライトに搭乗できない。

タイから日本に帰国する際は、陰性証明書を取っておけば、日本入国時の検査と待機は一切不要だ。
ワクチン接種証明書提示は必要ない。
これだけ覚えておけば、とりあえず帰国できる。

関連記事:バンコクとパタヤ 日本帰国用陰性証明書取得PCR検査場まとめ

日本入国に必要な手続きと書類

陰性証明書さえあれば日本帰国はできる。外国人の入国は事前手続きが大変だが、日本人の帰国は簡単だ。
6月1日より、1日あたりの日本入国者上限数が1万人から2万人に引き上げられる。
これに伴い、空港到着時の検疫手続きの混雑が予想される。
その手続きを大幅に短縮化させるのがファストトラックだ。

【水際対策】必要な手続き(ファストトラック)と書類⇒https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_procedure.html

ファストトラックで入国に必要な書類手続きを事前に済ませておくことが推奨されている。

日本入国に必要な書類

・出国前検査証明書(全員必須)
要するに陰性証明書のこと。これがないと帰国できない。

・ワクチン接種証明書
これは任意となっている。青グループであるタイからの帰国ではワクチン接種証明書は無関係。
が、突然グループ分けが変更になり、タイが黃グループになってしまった場合には、ワクチン接種証明書がないと検査と待機が発生してしまう。
ワクチン接種証明書があるなら登録しておけばいいだろう。

・質問票
ファストトラックで入力可能。

・誓約書(一部必須)
強制隔離あるいは自宅待機対象者が提出するもの。青グループのタイからの帰国では不要となる。

ファストトラック

ファストトラックは、成田と羽田と中部と関西と福岡の5空港から入国する際に利用できる。
ファストトラックの事前登録は到着予定日時の6時間前までにMySOSアプリで事前申請できる。
日本入国予定日から2週間以内に登録しておくことを推奨とのこと。
海外へ出発するまえにMySOSをアプリをダウンロードしておき、基本情報だけでも登録は可能。
最終的に現地で取得した陰性証明書をアップロードすれば完了できる。

ファストトラックの説明⇒https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

検疫手続事前登録(ファストトラック)マニュアル⇒https://teachme.jp/111284/manuals/13655051/

この説明どおりに進めていけばいい。
面倒ではあるが、ファストトラック無しで日本入国するほうがもっと面倒くさいことになる。
必ずやっておこう。

質問省、誓約書、ワクチン接種証明書、陰性証明書を指示通りに登録していく。
登録したら審査に入る。

審査内容ごとに、画面表示の色が異なる。
黃、赤、緑、青の4種類。

6月1日からは、青色画面が追加された。

赤は申請内容に不備があるため、再登録が必要。

日本入国時の画面色分け

緑か青の場合は、検疫手続きは画面を見せるだけで完了。
黄色の場合は、陰性証明書の確認が必要となる。

経験した人は痛いほどわかるが、日本の検疫手続きはとにかく時間がかかる。ひたすら歩きまわり、いくつものチェックポイントで足止めされ、そのたびに書類のチェック&チェックの繰り返しだ。
ファストトラック登録済みでも、すべてのチェックポイントをスルーできるわけではないが、大幅に時間短縮となるのは間違いない。

新規追加された青色トップ画面の説明

・すべての事前登録が完了し、
・青色グループの国に滞在していて、陰性証明書が受理された
or
・黄色グループの国滞在していて、ブースター接種済みワクチン接種証明書があり、陰性証明書が受理された

この条件を満たせばトップ画面が青色表示される。
そして、青色画面となれば、空港到着時検査と入国後待機は不要となる。

タイは青色グループであり、ワクチン接種は関係がない。
ぜひとも、ファストトラックの青色画面表示が出るように登録を進めよう。
検査も待機も不要で、さくっと日本に帰国できる。

念のために言っておくと、ファストトラック登録しなくても入国はできる。
陰性証明書だけ持っていればいい。
ファストトラックがなくとも、タイからの入国では、結果的には検査と待機は不要となる。
ファストトラック青色画面表示は必須ではない。
が、日本到着後にあまりにも長大かつ面倒な手続きが待ち構えている。難しくはないけれど、とにかく疲れる。
その苦労を考えれば、ファストトラックの事前登録は必須だ。
タイから日本に素早く帰国したい人は、ファストトラックの青色画面を目指そう。

まとめ:大きく前進

6月1日、タイからの帰国では空港検査と待機は一切不要となった。
本当に長い道のりだった。
個人的には昨年10月に一時帰国した際に、空港での検査と手続きを経験した。本日からはタイからの入国では空港検査は不要となる。昨年はファストトラックもなく、手続きに時間がかかった。
空港から公共交通機関は使えずに友人に車で迎えに来てもらった。すでに公共交通機関利用は許可されている。
さらに14日間の自宅待機も経験した。毎日2回MySOSでビデオ電話がかかってきて、対応する必要もあった。2週間自宅待機は長かった。
本日からは何もない。
空港に到着し、検査は無し。ファストトラックで手続きも省略し、すいすい進む。検査結果待ち時間もなく、そのまま空港外へ。あとは完全自由行動。電車を使ってもいい。待機は一切不要。
まだまだ厳しい日本の水際対策だが、ともかく大きな一歩を踏み出した。
これで日本とタイの往復は大きく進展する。
あとは出国前陰性証明書の提示義務がなくなることを切望する。

広告

-日本帰国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.