ビザ・タイランドパス・入国手続き

タイ入国に必須 タイランドパス(THAILAND PASS)申請方法[5月1日アップデート版]

投稿日:

2022年5月1日からの新しいタイ入国ルールが開始される。
Test&Goとサンドボックスは廃止され、ワクチン接種済み旅行者とワクチン未接種旅行者の2つの枠組みだけとなる。
ワクチン接種済みであれば、事前のホテル予約やPCR検査は不要となり、空港を出て、即自由行動可能だ。
実質的にタイは全面開国となる。
ただし、タイランドパスでの事前登録は必須のまま。
タイランドパスに申請して承認を得ないとタイに入国できない。
大幅にルールが緩和されたタイランドパス申請方法について詳しく解説。
タイランドパスの申請は4月29日午前0時1分スタートしている。
5月1日以降にタイに入国しようと考えている人は参考までに。
(更新:4月29日全面的に記事をリニューアル)

広告



THAILAND PASS(タイランドパス)

2020年のパンデミック発生以来、タイに入国するには事前の登録が必須となっている。
現在はタイランドパスで申請し、入国許可に相当する承認済みQRコードを得てから、タイに入国するという流れだ。
2022年5月1日からも同様だ。

タイランドパス(空路)
https://tp.consular.go.th/en/home

まず注意書きが表示される。

2022年4月29日より、タイランド審査は48時間(2日)以内で完了する。

2022年5月1日以降にタイに空路で入国する旅行者は以下のような入国要件となる。

1.完全にワクチン接種した者
・タイランドパス登録
・パスポート、ワクチン接種証明書を含む必要書類を添付する
・最低1万ドルをカバーする医療保険加入証を添付(非タイ国籍者のみ)
(出発前およびタイ到着時の検査はどちらも不要に)

2.ワクチン未接種者
(オプション1-隔離免除)出発前72時間以内の発行されたRT-PCR検査陰性証明書を持つ旅行者
・タイランドパス登録
・パスポートと陰性証明書を添付(タイランドパスにのみ添付する必要あり)
・最低1万ドルをカバーする医療保険加入証を添付(非タイ国籍者のみ)

(タイ到着後のいかなる検査も要求されない)

注意:すでにAQ隔離の枠組みでタイ入国承認済みの旅行者が隔離免除措置でタイ入国希望する場合は、新たにタイランドパスを再申請する必要がある。

(オプション2-隔離)出発前72時間以内の発行されたRT-PCR検査陰性証明書を持たない、もしくは隔離を希望する旅行者
・タイランドパス登録
・パスポート、5日間のAQホテル予約確認書(1回のPCR検査を含む)を添付
・最低1万ドルをカバーする医療保険加入証を添付(非タイ国籍者のみ)
・AQホテル5日間隔離中に滞在4-5日目にRT-PCR検査を受ける

注意:すでにタイランドパスが発行されている旅行者は発行されたQRコードで入国することができ、新たにタイランドパスを登録する必要はない。
(注釈:5月1日以降入国予定でTest&Goやサンドボックスで承認済みのタイランドパスがある場合は新たにタイランドパスを申請する必要なく、承認済みQRコードで入国できる。AQ隔離で承認済みで、5月1日以降に陰性証明書提示して隔離なし入国を希望する場合は再申請が必要)

また、承認済みタイランドパスQRコードは、元の入国予定日の前後7日間に予定変更しても、そのまま利用できる。タイランドパスを再申請する必要はない。
ただし、タイ滞在全期間をカバーする医療保険の加入書を提示する必要がある。
タイランドパスQRコードは1回かぎりの利用となる。

タイランドパスの申請は無料。

あと、タイランドパスを偽装したスパムメールが送られてくることがあるので、注意してほしいとも警告している。
以上がタイランドパス公式の注意点。

5月1日からのタイ入国制度(タイ外務省発表)

ワクチン接種済み者と陰性証明書提示のワクチン未接種者は、検査も隔離もなしでタイに入国できる。

タイランドパス申請方法

実際にタイランドパス申請を進めてみよう。

昨年11月に実際にタイランドパスを申請して、2分で承認された経験がある。
その際の経験と新たな情報を元に解説。

ワクチン接種済み者ならびに陰性証明書提示のワクチン未接種者と、陰性証明書未提示のワクチン未接種者では、申請方法が異なる。

ここでは、隔離なし(No Quarantine)の説明をする。ワクチン接種済み者と陰性証明書提示ありの未接種者だ。
(空路限定のため陸路はまた別。)

まずトップ画面では、Non-Thai Nationalを選択。
利用できる言語は英語のみ。

No Quarantine

No QuarantineとQuarantineに大きく分類される。
ワクチン接種済みならば自動的にNo Quarantineを選択。ワクチン未接種でも陰性証明書を提示するならば、このNo Quarantineを選べばいい。
(陰性証明書を提示しないワクチン未接種者はQuarantineを選択)

条件
・すべての国と地域から出発する旅行者
・14日以前に完全なワクチン接種を受けていること
・もしワクチン接種を終えていない場合は出発前72時間以内にRT-PCR検査の結果を提出すること

必要な書類

・パスポート
・ワクチン接種証明書
・最低1万ドルの医療保険(タイ国籍者は不要。タイ在住外国人は社会保障もしくは雇用者からの証明書を利用可能)
・(ワクチン接種を終えていない人のみ)出発前72時間以内にRT-PCR検査陰性証明書

うんたらかんたらと条件がいろいろ書いてあるが、軽く一読して、コンファーム。

到着目的

次に到着目的を登録。

Purpose of Arrival(到着目的)は「Travel」
Departure from countryは、「Japan」
First Arrival Port in Thailandは、「スワンナプーム空港」
フライトナンバーは、自分の搭乗するフライト番号(TG622など)
Date of Arrivalは、「到着日」
Estimated Date of Departure from Thailandは、予定しているタイ出国日。

到着日と出国予定日が滞在期間となり、医療保険もこの期間すべてをカバーする必要がある。短期旅行者は普通に往復チケットを購入しているだろうから、特に難しく考える必要はなく、そのまま記入すればよい。

航空チケットの添付は必要ない。よって、先に航空券購入は後回しでもいいが、売り切れの場合は面倒なので、タイランドパス申請前には予約しておいたほうがいいだろう。

また出国日はあくまで予定となっている。
タイランドパスに記載した出国予定日を過ぎてタイを出国しても、パスポートのスタンプに記載された滞在期限を越えていなければ問題ない。
逆にいえば、出国予定日も短くしておけば、保険加入期間も短くていいことになる。
ロングステイビザを持っていて出国日が未定で片道チケット入国の人は、本来なら1年ないしビザ残り期間の保険加入が必要なようだが、このあたりが保険加入期間のヒントになるだろう。

さらに注意事項が表示されて、コンファーム。

ようやく本登録開始。
個人情報→ワクチン情報→宿泊施設・連絡先→医療保険・追加書類と進む。

個人情報

まず個人情報から。

てきとうなサンプルを入力しておいたので参照に。
会社員は、company employeeとでも入力しておけばいいかと。

パスポートは画像データをアップロードする。

アップロード可能なファイル形式は、jpg,jpeg,pngの3種類のみ。
スマホやデジカメで撮影、スキャナーで取り込むなどして画像データにしておく。

PDFは不可のため、パソコンやスマホの画面でPDFを表示させて、スクリーンショットし、画像データにして保存しておく。(ソフトやアプリがあればPDFをjpgなどに変換もできる)

もし18歳未満の子供連れの場合はここで追加情報を入力する。
次へ。

ワクチン接種証明書

次にワクチン接種証明書情報もしくはRT-PCR検査情報を入力する。

ワクチン接種済み者はワクチン接種書、ワクチン未接種者は陰性証明書をアップロードする。
ここでは、ワクチン接種証明書の説明を。

1回目、2回目それぞれのワクチンの種類、日付を選び、ワクチン接種証明書をアップロードする。
(追加で3回目接種分もアップロード可能。現行ルールでは2回接種で条件を満たす。)

タイでワクチン接種を受けたらなら病院発行のワクチン接種証明書、日本でワクチン接種を受けたなら自治体発行のワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)をアップロードすればいい。QRコードは任意となっている。

在東京タイ大使館の最新情報では、氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種の詳細情報全てが記載されたものを使用してくださいとのこと。
自治体から発行されるワクチン接種証明書だけでなく、電子版ワクチン接種証明書も使用可能。この場合は、氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種の詳細情報を必ず「Certificate of Vaccination」欄に添付すること。
タイ大使館では紙版のワクチン接種証明書を推奨している。

QRコードは任意。
ワクチンパスポートに付いているQRコードだけ残るようトリミングしてアップロードする。QRコード以外の余計な部分は切り取るように。

タイでワクチン接種した場合、病院発行のワクチン接種証明書のQRコードはアップロード可能だった。
モープロム内のデジタルワクチン接種証明書のQRコードをスクリーンショットしたものはエラーとなった。(QR Code is not validの表示)

日本のワクチンパスポートは、在東京タイ大使館の情報では、ICAO VDS-NC(海外用)をアップロードすればいいことになっている。

今回いろいろ試したみたがエラーが出ることが多い。
ネットワークエラーと表示されることしばしば。

何度か試すとアップロード成功することがある。
ワクチン接種証明書のQRコードは必須ではないので何度もエラーが出るなら無理にアップロードしようとしなくてもいい。
タイランドパス担当者が手動でワクチン接種証明書を確認してくれる。

このワクチン接種証明書のアップロードでつまずく人が多いようだ。
一番わかりやすいのは、日本でワクチン接種した人なら、自治体に申請して紙媒体のワクチン接種証明書をもらうこと。
紙のワクチン接種証明書を、デジカメやスマホで写真撮影ないしスキャナーで取り込んで、画像ファイルとしてアップロードするのが確実のようだ。
紙媒体だと日本出発時の空港チェックインやタイ入国時の書類チェックも素早いため、やはり紙媒体のほうがよさそうだ。
ただ、電子版でも申請可能で実際に承認された例も多い。また書類チェックの際も必ずしも紙でなければいけないわけではない。

なお、ワクチン接種済み旅行者のタイランドパス申請に必要なのは、2回接種済みのワクチン接種証明書だ。

タイ政府承認ワクチンと必要回数

日本入国時の待機免除措置は、3回ブースター接種が条件となっている。タイからの帰国で待機免除を受けるにはブースター接種済みのワクチン接種証明書が必要。
日本の自治体で2回接種済みワクチン接種証明書をすでに持っている場合は、タイ入国用にはこの2回接種済みの証明書で十分。

詳細解説⇒タイ入国と日本帰国のためのワクチン接種回数

最近ブースター接種を受けたばかりで、新たに3回接種済みのワクチン接種証明書を自治体で発行してもらうと時間がかかる場合は、2回接種済みのワクチン接種証明書をタイランドパス申請に利用すればいい。
マイナンバーを持っているなら、電子版だと早期にワクチン接種証明書が入手可能となる。日本入国時の検疫では紙媒体のワクチン接種証明書は特に必須ではなく、電子版の提示が認められる。

ワクチン接種2回分のデータをアップロードしたら、チェックに印を入れて、次へ。

宿泊先・連絡先

次に宿泊施設の情報を入力する。

5月1日より、事前のSHA Extra Plusのパッケージプラン予約は不要となった。よって、ホテル予約確認書をタイランドパスにアップロードする必要はなくなった。
ただし、タイでの宿泊先情報は登録しておく必要がある。

Address、Agoda、Locationの3つから選択。
Address in Thailandを選び、Province(県)を選択する。
ホテルを予約しているなら、ホテル名とホテルの住所を入力すればいい。
(登録一回目では県が一部しか表示されないエラーが発生した。一度Backを選択してからやり直すとエラーが出なくなった)

パタヤは、Chon Buriとなる。

Agodaでホテルを予約の場合は、県、予約番号、チェックイン日を入力する。

バウチャーの登録は必要ない。
Check my bookingをしないと次へ進めないようだ。
情報提供によれば、アゴダの予約番号を入れれば、自動的に内容が表示されたとのこと。

よくわからない場合は、Address in Thailandにホテル名と住所を入力しておけばいいだろう。

タイ出入国カードに宿泊先を記入する項目があり、タイ入国時のパスポートコントロールでも宿泊先を聞かれることがある。最低でも1泊目のホテルだけは確保しておくこと。

Aogdaでバンコクのホテル検索

Agodaでパタヤのホテル検索

また、タイ国外での住所を記入するようになっている。

海外の電話番号記入も必要。日本の国番号は81。たとえば日本の携帯電話番号が09012345678だとすれば、+8109012345678と記入すればいい。
緊急連絡先も同様に。日本の家族でもいいし、タイ人の知り合いでもいいだろう。タイの国番号は+66だ。

医療保険

最後に医療保険についての登録となる。

まだ購入していない人のために、タイランドパス推奨の医療保険加入先が掲載されている。

ここには必要なカバー額が2万ドルと表記されているが、実際には1万ドルでいい。

タイ滞在中に感染が確認された場合のコロナ対応の保険に加入しなければいけない。
・医療費として最低1万ドルをカバー
・病院隔離
・タイ滞在の全期間に有効な保険証書

これらの条件を満たす保険会社をタイランドパスでは推奨している。

むろん、日本の保険会社のものでもかまわないが、英文での保険証書が必要で、コロナ対応の文言が入っていなければならない。
クレジットカードに付帯する旅行保険でも通用する。補償最低額が1万ドルに引き下げられたので、対応可能な付帯旅行保険(疾病治療費用200万円までカバー)は多いはずだ。クレジットカード会社に連絡して、英文での付与証明書を発行してもらう必要がある。補償額は米ドル表記が望ましい。

日本の保険会社では、エイチ・エス損保のたびともが便利だろう。
タイ滞在7日間で保険料が2,370円。
英文の付保証明書(英文・USドル表記)をすぐに発行可能となっている。

昨年実際に利用したのが、AXAタイランドの保険。
AXAタイランドは、タイランドパス推奨の保険会社リストに含まれている。
ネットで加入し、クレジットカードで支払い、即座に保険証書が送られてきた。
必要な部分をスクリーンショットして、タイランドパスにアップロードしたところ、即時承認された。
タイの保険会社を利用すると承認が早いのかもしれないが、正解は不明。

タイランドパス申請では、保険証書番号を入力。
AXAタイランドの保険では番号記載があったが、日本のクレジットカードの付与証明書には番号が記載されていないことがある。クレジットカード提携の保険会社に電話連絡すれば教えてもらえるようだ。
また、読者さん情報によれば、タイランドパス申請時には「0000000」と記載すれば、審査に通ったとのこと。

2万ドル以上の補償額があるかと聞かれるが、これは1万ドルの間違い。すぐに訂正されるはずだ。
タイ滞在期限全体をカバーしているかの質問にYesと答え、保険有効開始日を入力し、保険証書をアップロードする。

チェック欄に印を入れておく。

また、到着前14日以内に訪問した国を記入する欄があるが、日本だけなら何もいじる必要はない。

最後に追加書類の項目がある。
この追加書類に関しては、PDFファイルでのアップロードが可能だ。
登録証明書の名字変更のための追加書類、医療証明書、あるいはPDFフォーマットでの他の書類など、3つのファイルまで追加アップロードが可能となっている。
特に追加書類がない場合はこの欄はスルーでかまわない。

確認画面

次にこれまで入力した一覧が表示される。

予約宿泊施設情報は、Free to Goになっている。

確認画面では、医療保険の額はしっかり1万ドルとなっている。

すべての入力事項を確認したら、最後にSubmitを押す。
これで登録はおしまい。

成功すれば、Success画面となり、6桁のアクセスコードが表示される。

ただ、4月29日時点ではサーバーが込み合っているようで、api server errorの表示が出ることが多い。
Submitすると、画面が薄く暗転し、くるくると表示待ちとなり、最後にエラー。

この状態でも、実際には登録ができていて、受理されていることがあるとのこと。
申請が正式に受理されれば、登録したアドレス宛にメールが送られてくる。
まずはメールボックスを確認しておこう。

タイランドパスからの受理メール

読者さん提供の実際の受理メール

「あなたのタイランドパスシステムでの登録について」
タイランドパスシステムは登録を受け付けました。
登録結果48時間(2日)以内に送信する予定です。
ステータスをチェックしたり入力情報を編集することができます。
その際には、下記のキーコードでアクセスしてください。

以上のような内容。

あとは承認メールが届くのを待つ。
48時間以内には結果が判明するとのこと。

読者の方からは、4月29日午前に申請して同日午後には承認メールが届いたとの報告がいくつも上がっている。
混み合っているはずのタイミングでも半日もかからない。
承認は早いようだ。

承認メールには、タイランドパスQRコードが添付される。
このQRコードを印刷しておき、タイ行きフライト搭乗チェックイン時とスワンナプーム空港到着後のタイランドパスチェックカウンターで提示する。
(スマホでのデジタルデータを提示してもいいが、紙に印刷しておいたがほうが手っ取り早いし確実のため印刷推奨)

注意点

4月29日時点ではタイランドパス申請が殺到しており、サーバーエラーが頻出している。
途中の申請画面でも変な表示になることもあった。
5月1日や2日の入国予定で急いでいる人以外は、あと1日か2日ほど待ってから申請したほうがいいかもしれない。
医療保険の誤情報も訂正されるだろう。

まとめ

タイランドパスの申請自体はさほど難しくないと思う。
英語がまったくわからない人はちょっと面倒かもしれないし、細かい部分で引っかかることもある。
必要書類が揃っていれば、意外と簡単だ。
事前のホテル予約が不要になったので、難易度はさらに下がっている。
初めての人はなにかと大変で戸惑うことがあるかと思う。
でも、やってみれば本当に簡単。
パスポートと保険加入書さえあれば申請可能だ。

今回からタイランドパスは48時間以内に承認されるとのことだが、時間的余裕はみておいたほうがいい。
渡航予定日が決まったら、最低5日前には動き出すのがベター。クレジットカード会社から付与証明書を送付して貰う場合は、さらに7日ほど余裕を見ておこう。

条件が合えば即時承認もできるはずだ。
書類がばっちり揃っていて、慣れている人ならタイランドパスの入力から承認まで1時間でも可能だろう。
とはいえ、最初は時間がかかるもの。余裕をもって手続きしましょう。

広告

-ビザ・タイランドパス・入国手続き

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.