ビザ・タイランドパス・入国手続き

Test&Goタイ入国5日目のATK検査報告方法について

投稿日:

2022年4月現在のタイ入国制度では、Test&Goという隔離なし入国プログラムがある。
タイ到着時のPCR検査は強制的に実施されるが、滞在5日目のATK(迅速抗原検査)は自分で検査して、その結果を報告することとなっている。
この滞在5日AKT検査結果報告方法については混乱が生じている。

広告



Test&Go滞在5日目のATK検査結果報告方法

昨日、タイ政府広報がこのような情報を発信した。

Test&Goに関して最も多い質問
「どのように5日目のATK検査の報告をすればいいですか?」
・検査陰性であれば、タイ国内どこでも旅行できる
・滞在5日目にセルフATK検査を実施し、結果はモーチャナアプリを通じて、もしくはホテルの指示に従い報告しなければならない
・もし滞在期間が5泊未満、もしくは5日目に出国する場合は、5日目のセルフATKは必要ない
モーチャナアプリでのATK検査結果入力方法は、QRコードをスキャンして確認を。

以上。

ホテルというのは、滞在初日のSHA++/AQホテルのこと。
ATK検査キットを渡して、5日目の検査結果報告に関して旅行者に説明する責任があるのはSHA++ホテルだ。
モープロムというアプリのダウンロードもホテルが説明することになっている。
ATK検査キットは、ホテル提携の病院から渡されることもある。

昨年11月にTest&Goでタイ入国した際にもセルフATK検査(この頃は6-7日目、現在は5日目)は必要だった。
この時は、空港からホテルへの移動途中に病院へ立ち寄り、ドライブスルー方式でPCR検査を行い、その際にATK検査キットを渡された。

関連記事:タイ隔離免除入国実践レポート(2)タイランドパスで入国手続き、空港から病院経由隔離ホテルへ

ホテルチェックイン時に、モーチャナアプリをダウンロードするよう注意書きはあったが。本当にダウンロードしたのか確認はされなかった。
そのかわり、ホテルのLINEを友だち追加し、ATK検査結果を写真で送るように言われた。
モーチャナアプリはダウンロードこそしたものの、実際には役に立たず、ホテルに指示どおりに、LINEで検査結果の写真を送付した。

関連記事:タイ隔離免除入国実践レポート(4)2回目の検査はATKで

この方法で何の問題もなかった。

結局、モーチャナの意味はわからないまま。

モーチャナでのアップロード方法

タイ政府広報に添付されたQRコードでモーチャナ利用法をチェックしてみる。

National TelecomによるMORCHANAのATK結果入力方法の解説となっている。

5日目セルフATK検査のアップロード手順

モーチャナのインストール→ホテルが予約情報を内部システムに追加→モーチャナの登録→モーチャナからの通知を待つ→5日目ATK検査結果をアップロード

モーチャナからの通知の例

5日目ATK検査のアップロード様式の例

以上のような説明だ。

順当に進めば問題なさそうに思える。

でも実際は、うまく登録できなかったり、通知が来てもアップロードできなかったりとトラブルが頻発しているようだ。
多くの旅行者が悩むことになっている。

読者の方々からの情報
・モーチャナでアップロードできた
・モーチャナで直接アップロードすることができず、通知に掲載されていたアドレスあてに陰性結果の写真を送った
・モーチャナが使えず、初日滞在ホテルに問い合わせても知らないと言われ、報告しようがないのでなにもしないままタイを出国したが、なんのお咎めもなかった。時間を置いてタイに再入国したが、やはり問題なかった。

結論:無理だったらしょうがない

結論:
到着初日のホテルで5日目ATK検査結果報告方法について確認すべし。モーチャナについても確認。
5日目のATK検査は必ず行い、結果はスマホやデジカメなど写真に残しておく。
ホテルに検査結果を送るように言われたら、それに従う。
もしホテルが何も知らないというなら、自分でモーチャナだけはダウンロードしてみる。
5日目にモーチャナから通知があれば、検査結果をアップロードしてみる。
うまく送信できないなら、潔くあきらめる。
必要最低限やることはやっておく。それでだめなら、スルーするしかない。

昨年11月1日のTest&Go開始から約5ヶ月。
モーチャナで報告する形式は続いているが、いまだに安定していない。
こんなシステムならやめてしまえと誰もが思うが、完全に使えないわけでもなく、一部は機能している。
今のところ、5日目ATK検査結果を報告していないからといって、なにかペナルティが科されたといった話は聞かない。
ルール上は検査結果報告義務はある。でもどうがんばってもシステム上無理なこともある。
その時はスルーするしかないのが現状。
困ったものだけど、変にストレスをためこむよりも、あまり気にせず、旅行を楽しむことに専心したほうが精神衛生上よろしいかと。

広告

-ビザ・タイランドパス・入国手続き

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.