タイ入国情報

タイ大使館発表:2022年6月1日以降にタイ渡航予定のタイ国籍を有しない方の入国手順

投稿日:

6月1日開始の新しいタイ入国ルールについて、在東京タイ王国大使館が詳細を発表した。
5月31日付けの情報となる。
すでに明らかとなっている内容だが、日本語での正式情報となるので、タイ入国を考えている人は一読まで。
一部情報を補足しておく。

広告



2022年6月1日以降にタイ渡航予定のタイ国籍を有しない方の入国手順

以下、在東京タイ王国大使館より引用。一部リンクは割愛。

2022年6月1日以降にタイ渡航予定のタイ国籍を有しない方 の入国手順
31/05/2022

■要件(2022年5月31日現在)
2022年 6月 1日よりワクチン接種状況によらず全ての渡航者に対してタイ入国後の隔離措置が廃止されます。(タイ国籍者及びタイ国籍を有しない方ともに)

【タイ国籍者の場合】
2022 年 6月 1日 よりタイへ渡航するタイ国籍者はタイランドパス申請が不要になります。通常の入国手続きを経て、タイ入国後の隔離措置及びRT-PCR検査または抗原検査(ATK)が免除となります。なお、ワクチン接種の規定回数を終えている方はワクチン接種証明書の提示が必要になりますのでご持参下さい。(ワクチン未接種または規定回数を終えていない方は、渡航前 72 時間以内に発行された抗原検査 (Professional ATK) もしくはRT-PCR 検査による新型コロナウィルス非感染証明書の提示が必要です。)
また、タイ到着後に発熱症状等がある場合はRT-PCR検査または抗原検査を実施して頂く可能性があります。

【タイ国籍を有しない方の場合】
1. タイ国籍を有しない方(タイ国籍者の18歳未満の子供でタイパスポートを所持していない方を含む)は 2022年 6月 1日 以降も継続してタイランドパス申請が必要です。タイ入国後の隔離措置及びRT-PCR検査または抗原検査 (ATK) が免除となります。ただし、発熱症状等がある場合やタイ疾病管理局より検査が必要と判断された場合は、RT-PCR検査または抗原検査を実施して頂く可能性があります。なお、各航空会社の新型コロナウィルス RT-PCR 検査要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。

2. タイ渡航をご希望の方 Thailand Pass 申請システム https://tp.consular.go.thにてご登録が必要になります。Thailand Pass システムにて登録後 QRコードが発行されますので、チェックインカウンターでの搭乗手続き時、及びタイ到着時の入国手続き時にご提示下さい。

3. 渡航日の14日前までに新型コロナウィルスワクチン接種を規定の回数終えており、ワクチン接種証明書をお持ちの方

タイ入国後の隔離措置が免除になり、また渡航前及びタイ到着後のRT-PCR検査が不要になります。ただし、発熱症状等がある場合やタイ疾病管理局より検査が必要と判断された場合は、RT-PCR検査または抗原検査を実施して頂く可能性があります。なお、各航空会社の新型コロナウィルス RT-PCR 検査要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。
以下の必要書類をご準備の上、Thailand Passをご申請下さい。

(1) パスポート
(2) 国の公的機関・地方自治体により発行されたワクチン接種証明書
(紙版もしくは電子版ワクチンパスポート)
(3) 1 万 US ドル以上の治療補償がある医療保険証、所属会社からの医療費保証レター、もしくはタイ社会保険加入証明書(SSOカード等)のいずれか
**ワクチン接種証明書は国の公的機関・地方自治体により発行されたもので、氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種詳細の全回数分が記載されているものをご使用下さい。紙版ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)が推奨されます。
**なお、マイナンバーカードをお持ちの場合は電子版ワクチン接種証明書を使用可能です。その場合、氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種の詳細情報をスクリーンショットにてご準備頂き、必ず「Certificate of Vaccination」欄に添付して下さい。新型コロナワクチン接種証明書アプリにて取得したICAO VDS-NC (海外用QRコード)を添付する箇所は「Vaccination certificate QR code」の欄になります。「Certificate of Vaccination」欄にQRコードのみ添付した場合は無効となりますのでご注意下さい。

4. 新型コロナウィルスワクチン未接種、もしくは規定の回数終えていない方
タイランドパス申請の際に渡航前 72 時間以内に発行された RT-PCR 検査または抗原検査(Professional ATK)による新型コロナウィルス非感染証明書をご提出頂く必要があります。タイランドパスが承認された場合は隔離免除にてタイ入国が可能となり、タイ到着後のRT-PCR検査が不要になります。ただし、発熱症状等がある場合やタイ疾病管理局より検査が必要と判断された場合は、RT-PCR検査または抗原検査を実施して頂く可能性があります。
以下の必要書類をご準備の上、Thailand Passをご申請下さい。

(1) パスポート
(2)渡航前 72 時間以内に発行された RT-PCR 検査または抗原検査 (Professional-ATK) による新型コロナウィルス非感染証明書(PCR 検査センターでの検査や自己抗原検査(Self-ATK)は使用不可です。病院等の医療機関にて検査して頂き、検査医師の直筆サイン入り英文非感染証明書が必要になります。ご渡航の際、原本をご持参下さい。)
なお、6歳未満の子供は非感染証明書を提示する必要はありません。
(3) 1 万 US ドル以上の治療補償がある医療保険証、所属会社からの医療費保証レター、もしくはタイ社会保険加入証明書(SSOカード等)のいずれか

タイ入国に際し、タイ王国保健省により許可承認されたワクチン及び規定回数(Click
(2022年5月31日現在)
--------------------------------------------------------------------------

■ 18歳未満の方に対するタイ入国措置 : 2022年5月31日現在
** 18歳未満の子供で保護者と共に渡航する場合はワクチン接種証明書を提示する必要はありません。保護者のタイランドパス申請情報ページに子供の申請情報を追加登録して下さい。
** 5~17歳の子供でお一人で渡航する場合、渡航日の14日前までにワクチン接種を少なくても 1 回終えている場合はワクチン接種条件を満たしていると見なされ、1回分のワクチン接種証明書によりタイランドパス申請が可能になります。または、ワクチン未接種の場合は、渡航前 72 時間以内に発行されたRT-PCR検査または抗原検査(Professional ATK)による新型コロナウィルス非感染証明書を使用してタイランドパス申請が可能です。
** タイ国籍者の18歳未満の子供でタイパスポートを所持せず、タイ国籍の保護者と共に渡航する場合、タイ国籍保護者もタイランドパスを申請して頂く必要があり、タイ国籍保護者のタイランドパス申請情報ページに子供の申請情報を追加登録して下さい。

■ 新型コロナウイルス感染歴がある方に対するタイ入国措置
** 感染判明日より14日間経過後かつ完治もしくは症状なしの場合に渡航が可能になります。
** 感染後3ヶ月以内にタイへ渡航する場合、医療機関より発行された治癒証明書または健康診断書をご持参下さい(陽性判明日、療養期間、完治もしくは症状なしの記述、及び医師の直筆サインの記載があるもの)。感染後数ヶ月間陽性反応が持続する可能性があるため、渡航後タイ国内で陽性となった場合、療養期間を終えている証明になります。なお、陽性となった場合の措置に関しては、治癒証明書または健康診断書及びその際の症状等を踏まえてタイ疾病管理局の判断により決定されます。
** 感染後3ヶ月以上経過してタイへ渡航する方で感染前に新型コロナウィルスワクチン未接種の方は、感染後にワクチン接種を少なくても 1 回終えている場合、ワクチン接種完了の入国カテゴリーにてご渡航が可能になります。なお、感染前にワクチン接種を規定の回数終えている方については、ワクチン接種条件を満たしていると見なされます。

https://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/10866/

ワクチンの種類についての補足

タイ入国に際しタイ王国保健省により許可承認されたワクチン及び規定回数のリンク先は3月時点のもので情報が古い。

目下のところ最新とみられるリスト

日本でワクチン接種を受けた場合は、ファイザーかモデルナなのでなんの影響もないが。

タイ入国規則とタイランドパス登録

タイ外務省が発表した6月1日からのタイ入国規則

・タイ人はタイランドパス登録不要
到着時の隔離と検査は不要で入国できる
ワクチン接種証明書あるいは陰性証明書の提示が必須
陸路入国ではすべての国境検問所を通って入国できる

・外国人はタイランドパス登録必要
1出発前準備
2タイランドパス登録
ワクチン接種済:パスポート、ワクチン接種証明書、医療保険加入
ワクチン未接種:パスポート、陰性証明書、医療保険加入

タイランドパスQRコードは登録完了後に1-2時間以内に自動発行される

3登録後

4到着時
空港で保健担当官が書類の有効性を確認する

書類に不備があれば、保健担当官の指示に従うこと。検査や隔離治療が命じられることがある。
問題なければタイ入国し、どこでも自由に移動できる。

タイランドパス申請方法は6月1日から変更になっている。

関連記事:タイ入国に必須 タイランドパス(THAILAND PASS)申請方法[6月1日最新版]

新しいタイランドパス申請では、記入項目がかなり簡素化されている。
難易度は格段に下がった。
新しいタイランドパスは、入国承認システムではなく、外国人の事前情報登録システムへと変更された形だ。
基本的に審査はない。
登録完了すれば、よほどのことがないかぎり、すぐにQRコードが発行されるはずだ。

でも不適切な書類をアップロードして、タイ到着時の書類チェックで不備が見つかると、検査を受けろと言われる可能性はある。
日本の空港でのチェックイン時でも書類チェックはあるはずだ。
タイランドパスQRコード、ワクチン接種証明書or陰性証明書、医療保険加入書などの書類は紙に印刷したおいたほうが手っ取り早い。
タイランドパス申請にはきちんとした書類をアップロードすること。
あとは、検査も隔離もなしに自由にタイに入国し、自由に旅行できる。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.