日本帰国情報

在タイ日本大使館発表:6月1日以降タイから日本入国は検査と待機無し

投稿日:2022年5月27日 更新日:

昨日5月27日に日本外務省より、新しい水際対策措置のグループ分けが発表された。
青グループに区分された国からの日本入国では、検査も待機も不要となる。
在タイ日本国大使館からも正式なアナウンスが発表となった。
6月1日以降タイからの日本入国では検査も待機も不要となる。

広告



本年6月1日以降の日本入国時の水際措置の見直し

以下、在タイ日本大使館より引用。

5月26日、本年6月1日以降の日本入国時の水際措置の見直しに関する詳細が公表されました。

タイから日本に入国する際の水際措置の概要は以下のとおりです。
詳細は、以下のリンク先をご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C048.html

1. タイから日本に入国する際の水際措置の変更

タイは「青」区分の国に分類されています。6月1日以降のタイから日本入国時の水際措置は、以下のとおりになります。
ただし、日本入国日前14日以内に、「赤」又は「黄」区分の国・地域に滞在がないことが前提となりますので、ご注意ください。

1. 入国後の待機期間等
タイから日本に入国する場合、ワクチン接種の有無を問わず、入国時検査および入国後の自宅等待機はありません。

2. 入国に際する必要書類等
入国に際する必要書類等は、以下のリンク先をご確認ください。
搭乗前72時間以内の検査証明書は引き続き取得が必要ですので、ご注意ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html#minaosi

3. ファストトラックの利用
ファストトラック(入国必要書類の事前登録制度)は引き続き利用可能です。詳細は、以下のリンク先をご確認ください。
https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20220527.html

補足情報

昨日の発表の詳細はこちらでも解説。

関連記事:タイは青グループへ。6月1日よりタイから日本入国時の空港検査と待機は一切不要に。

5月26日発表時点のグループ分けはこのようになっている。

タイは間違いなく青グループ入りだ。

各グループとワクチンブースター接種有無により検疫措置の違い早見表。

よって、6月1日午前0時以降、タイからの日本入国では、ワクチン接種の有無にかかわらず、空港検査も自宅待機も不要となる。

わかっていたことだが、在タイ日本大使館からの正式告知を読むと、やはり安心する。

いくつか補足しておく。

ワクチン接種の有無とは?

青グループは「ワクチン接種の有無を問わず」とあるが、ブースター接種済みでも1回もワクチンを接種していなくても同じことだ。
ワクチン接種に関しては一切不問。ワクチン接種証明書は不要。

この措置は、日本人にも外国人(タイ人)にも等しく適用される。
ただし、タイ人は入国資格がないと日本に入国できない。日本人はいつでも好きに帰国可能。
6月10日より日本は外国人観光客受け入れ再開を表明しており、日本への入国が許されたタイ人は日本へ観光入国できるようになる。
青グループであるタイからは観光目的入国が可能だ。旅行代店店で申し込んだ添乗員付きグループツアーのみ認められる。個人旅行は不可。

日本入国時の検疫措置は日本人でもタイ人でも同じだ。
タイ人は、シノバックやシノファームの接種が多かったが、この2つは日本側では有効なワクチン接種と認めていない。よってブースター接種条件を満たすには、新たにファイザーやモデルナを3回接種する必要があった。人によってはブースター達成のために計5回のワクチン接種が必要だった。
が、ワクチン接種の有無は問わなくなったので、シノバックもシノファームも無関係。
ワクチンの種類もブースター接種も何も気にする必要はない。
(タイに入国する際のワクチン接種証明書はシノバック2回でも有効。ブースター接種は不要)

陰性証明書継続

陰性証明書は引き続き必要となる。
タイから日本へ向けてのフライト搭乗前72時間以内に検査を受けて陰性証明書を取得しなければいけない。
陰性証明書がないとフライト搭乗できず、日本帰国不可。
検査方法や陰性証明書のフォーマットに変更はないもよう。
これまでどおりとなりそうだ。

バンコクやパタヤ、スワンナプーム空港で陰性証明書取得は可能。

関連記事:バンコクとパタヤ 日本帰国用陰性証明書取得PCR検査場まとめ(5/22アップデート)

MySOSとファストトラック

入国に必要な書類は特に変更なし。
・陰性証明書
・誓約書
・スマートフォンの携行、アプリの登録
・質問票提出
・ワクチン接種証明書

ワクチン接種証明書については、青グループであるタイからの入国では提出不要となる(はず)。

ファストトラックを使えば、入国手続きが簡素化できる。
ファストトラック登録にはMySOSアプリのインストールが必須だ。
陰性証明書、誓約書、質問票、ワクチン接種書はMySOSに登録可能で、すべて認証されれば、入国時の検疫手続き時間が大幅に短縮可能だ。

タイからの日本入国では、自動的に検査も待機も不要となり、空港を出た後は即自由行動。
MySOSアプリでの追跡や健康調査のビデオコールはない。
よってMySOSは、ファストトラックでのみ用いることになる。

ファストトラックどころかMySOSの登録無しでも、実際には入国可能。でも検疫手続きの手間が圧倒的に増える。
長い長い列に並び、長い長い距離を歩き、その都度現れる書類チェックポイントに座って手続きをして、また歩いては別のチェックポイントに座る。延々とその繰り返しだ。
せっかく検査が不要になるのに、書類チェックで無駄な時間がかかることになる。
ファストトラック登録は事前に済ませておき、さっさと入国できるようにしておくのがベター。

広告

-日本帰国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.