パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

スイーツ・菓子

タイで日本式カレーパンを食べるなら、やっぱりYAMAZAKI(山崎製パン)

投稿日:

カレーも好きだ、パンも好きだ。
そして、カレーパンが大好きだ。
が、パタヤにパン屋は多けれど、カレーパンはなかなかお目にかかれない。
いっとき、タイのコンビニでもカレーパンを売っていた記憶があるが、最近は見かけなくなった。
常時販売しているカレーパフがカレーパンに近いけれど、やっぱり揚げたパンでカレーを包んだものが食べたい。
そんな時、やはり頼りになるのが日本系企業。
惣菜パン・カレーパンといえば、ヤマザキだ。

広告



パタヤのヤマザキパン

タイにはヤマザキパンが多い。

タイのヤマザキパン (2)

山崎製パンの海外事業の一つ。
タイでは、タイヤマザキという名称になっているようだ。
THAI YAMAZAKI CO., LTD.

ホームページ⇒ https://www.thaiyamazaki.com/

調べてみると、タイにはヤマザキの直営店が100店舗ほどあるとのこと。

パタヤには、ノースパタヤのテスコロータス内に山崎製パンがある。

テスコロータス TESCO Lotus ノースパタヤ

地図

ロータスの1階にYAMAZAKIの看板。

タイのヤマザキパン (1)

奥に工房があって、パンを焼いている。
店は小さくて持ち帰り専門。

日本でおなじみのパンが陳列されている。

タイのヤマザキパンのカレーパン (9)

ウィンナーロールパンとかクリームコロネなど。

タイのヤマザキパンのカレーパン (5)

ワッフル、ピザ、ドーナツ、クリームホーンデニッシュなんかもあり。

1個30バーツ前後のものが多い。
どれもうまそう。

プチサイズの菓子パンもあって、1個12バーツで2個なら22バーツ。

タイのヤマザキパンのカレーパン (10)

そして、カレーパンである。

タイのヤマザキパンのカレーパン (6)

チキンカレードーナツという名称だが、これは見紛うことなきカレーパンだ。
1個28バーツ。
ちょうど焼きたての表示。
タイ語では、ドーナツサイガイ。鶏肉入りドーナツとだけ。いやいや、カレーが大事でしょうに。

さっそくカレーパンを購入。ついでにミニソーセージロールも2個購入。全部で50バーツ。

タイのヤマザキパンのカレーパン (3)

パン自体は個別包装してくれるが、ノープラスチックバッグのため、持ち帰り用ビニール袋は無し。自分で用意しておきましょう。

カレーパン実食

部屋に持ち帰って、皿に乗せる。

タイのヤマザキパンのカレーパン (1)

袋から出すと、ぷーんと揚げパンのいい香りがただよってくる。
平べったいがけっこう大きなサイズ。
手で触ると、衣がぱりぱり。
もう冷めてしまっていたので、軽くレンチンする。
温めると、油のいい香りがさらに鼻腔をくすぐる。

揚げパンの食感がたまらない。噛むとさくさくと音がする。じゅわっと染み出る油が脳の快楽物質を刺激する。
が、肝心のカレーがなかなか出てこない。

やっと出てきたと思いきや、カレーの量が少ない。

食べかけの汚い写真で申し訳ないが、こんな感じ。

タイのヤマザキパンのカレーパン (2)

でも、カレーは間違いなく日本のカレー。
そして、間違いなく日本のカレーパンの味。

最近は日本帰国時でもカレーパンを食べておらず、へたすると1年ぶりくらいのカレーパンかもしれない。
それだけに旨さもひとしお。

できればもっとカレーの量を増やしてほしいが、まあ28バーツならこんなものでしょう。
カレーパンが食べられるだけでも満足しないと。

ちなみに、ミニソーセージロールパンは、マヨネーズたっぷりで、これまた日本の惣菜パンの味。

タイのヤマザキパンのソーセージロールパン

ソーセージはちょっと安物っぽいけれど、まあ1個12バーツだし、これまたこんなものでしょう。

ヤマザキのカレーパンといえばこれ。

日本ではコンビニやスーパーで簡単に買える。

パタヤでカレーパンは、今のところ、ヤマザキしか知らない。
似たようなものはローカルパン屋にあるかもしれないが、日本式カレーパンはやっぱりヤマザキということになる。

なお、ヤマザキではケーキも扱っている。

タイのヤマザキパンのカレーパン (8)

ネットで事前オーダー可能。
生クリームとバタークリームの2種類あって、日本式なら当然生クリームで。
誕生日用ケーキとして使えそう。

関連記事:タイ・パタヤで、誕生日ケーキ・クリスマスケーキを買うなら?

まとめ

タイのローカルでもパンは売っているけど、タイ人向けのものはひたすら甘くなりがち。
具材も豚肉をシュレッドしたものとか独特。安いとはいえ、正直、味はしんどい。

パタヤにはファラン向けのパン屋もある。
やはり1個25バーツから35バーツほどで、日本のパン屋と大差ないレベルのパンが食べられる。

関連記事:ソイブッカオのHARRY HOUSE & BAKERYのパンが安くてうまい

普段はこういったパン屋を利用している。
が、他の惣菜パンだけならファラン向けのパン屋でもいいが、カレーパンならやっぱりヤマザキなのである。

広告

-スイーツ・菓子

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.