*

「 移動 」 一覧

マニラからバンコクまで片道90ドル、TG625便搭乗レポート。マニラ空港の喫煙所について。

とても快適なエアポートバスでマニラ空港第1ターミナルに到着。 通称、NAIA1である。ニノイ・アキノ・インターナショナル・エアポート1。 なぜかターミナル入り口には多くの人がただ並

続きを見る

マニラからプエルトガレラへの行き方。シーカット(Si-kat)利用での往復。

プエルトガレラ旅行記1 マニラは一泊だけですませて、さっさとプエルトガレラへ向かう。 マニラからプエルトガレラへの行き方。 事前に調べた情報では、大きくわけて2つの方法があった。

続きを見る

スワグマンホテルのフライザバス(FLY THE BUS)でアンヘレスからマニラ市内へ移動

アンヘレスからマニラ市内へ向かう。 アンヘレスはこれまで4回訪問しているが、マニラ市内はいつもスルーしている。空港とアンヘレスとの往復タクシー車内からマニラ市街を眺めたことがあるだけ。とにか

続きを見る

同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は飛んでいない。 ソウルや香港を経由する必要あり。 以前、香港経由でクラークまで飛んだことがある。 が、この時は、フライト

続きを見る

パタヤからバンコクへの道のりは、いつもどおり。ソンテウ、バス、BTS乗り継ぎ。

沈没日記28 パタヤ2ヶ月沈没生活が終了。あとは、バンコク経由で日本へ帰国するだけ。 ドンムアン発の帰国便が午前8時半。午前7時には空港に着いておきたい。パタヤからドンムアンへは、どうして

続きを見る

パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。 その前に1泊だけバンコクへ立ち寄ることにした。 日本帰国便はエアアジアを利用予定。 出発が14時15分なので、パタヤからで

続きを見る

コンケーンからパタヤへ帰還。チャンツアーのVIPバスで10時間50分の長旅。

イサーン遠征編後半11 ほとんど何もしなかったコンケーン滞在二日間だった。 当初の予定では、次の目的地はチャイヤプーン。 が、確実に何もないのはわかっている。 あと、チャイヤプーン出身

続きを見る

ノンカーイからコンケーンへの行き方。コンケーンのバスターミナルは3つあって、ややこしい。

イサーン遠征編後半9 ノンカーイには2泊した。 もう充分でしょう。 次はコンケーンを目指すことに。 ノンカーイとコンケーンの間にはウドンターニーがあるが、すでに滞在済みなのでスルー

続きを見る

ウドンターニーからノンカーイへ行くにはロットゥがおすすめ。50バーツ。

イサーン遠征編後半5 ウドンタニーをあとにして、ノンカイへ向かうことにする。 隣の県となるが、距離的にはそれほど遠くない。 おすすめの移動方法はロットゥだ。 ウドンターニー

続きを見る

パタヤ・ウタパオ空港からウドンターニーまでエアアジアで移動してみた。シティトランスファー利用。

イサーン遠征編後半1 エアアジアの国内線で、パタヤ・ウタパオ空港からウドンタニーまで移動した。 Airasia FD2001便だ。 パタヤ市内からウタパオ空港までは、シティ・トランスファ

続きを見る

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。

イサーン遠征編10 スリンからどこへ行くか? スリンの夜。 次の行動先を考えていた。 元々の予定では、スリンからウボンラーチャターニーへ行くつもりだった。 ウボンからは、さらにイサーンを

続きを見る

ブリラムからスリンへ

イサーン遠征編7 犬と象の夜間歩きに辟易したのでブリラム脱出を決意。 次なる目的地は、ブリラムの東隣にあるスリンだ。 ブリラムの宿をチェックアウトして、徒歩数分でバスターミナルへ移動

続きを見る

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むことにした。コラートの東隣はブリラムだ。 ブリラムは初訪問となる。 コラートから

続きを見る

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。 コラートは別名、ナコンラチャシマー。ナコンラチャシマとかナコンラチャシーマーとかカタカナ表記はいろい

続きを見る

チャン島からパタヤへの長い道のり

パタヤ沈没日記11(チャン島からパタヤへ) 本日でチャン島滞在はおしまい。 また車に乗って、パタヤへ戻る。 チャン島を離れる前に、カイベービーチ近くにある展望台に立ち寄った。

続きを見る

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。

アジア周遊旅行37(バンコク編) ラノーンを出発して10時間。 バンコク南バスターミナルに到着したのが、午後6時過ぎ。 バンコクは大雨だ。 バンコク南バスターミナルからもパタヤ行き

続きを見る

ラノーンからバンコクへ10時間バス移動。ソンバットツアー(SOMBAT TOUR)社のバスは快適だった。

アジア周遊旅行36(バンコクへ) アジア周遊旅行もいよいよ終わりが近づいた。 ラノーンから一気にバンコクへ移動する。 宿泊しているナリンプレイスホテルからラノーンバスターミナルまでは

続きを見る

カオラックからラノーンへバス移動

アジア周遊旅行33(ラノーンへ) カオラックで健全な夜を過ごしてから翌朝のこと。 恒例の次なる目的地決めである。 タイに入ってからは、完全に行き当たりばったり旅だ。 半島を東へ

続きを見る

クラビからカオラックへは、ロットゥー乗り換えのたらいまわしに会う

アジア周遊旅行30(クラビからカオラック) クラビはいいところだった。 アオナンビーチは綺麗だし、岩山もあるし、通りはほどほどに栄えているし、夜も遊ぶことができる。 さて、次はどこへ

続きを見る

ハジャイからクラビへは、ロットゥーとバイタクとソンテウを乗り継いで5時間半。疲れる旅です。

アジア周遊旅行25(ハジャイからクラビ移動編) ハジャイは1泊だけにした。 いろいろとおもしろい街だが、どうにも長居したい雰囲気ではない。 ビーチとバービアが恋しくなってきた。

続きを見る

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑