*

【パタヤのファランな朝食】セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

公開日: : グルメレポート


ビーチロードのソイ8のビーチ近くにある老舗のバー&レストラン、SAILOR(セイラー)。
ステーキや洋食が格安で食べられるとあって、外国人旅行者から人気が高い。

数ヶ月ぶりに訪れてみると、以前は65バーツだったブレックファーストが、今回訪れてみると70バーツへ値上がりしていた。

以前の看板
セイラーバーレストラン (3)
現在の看板
セイラーレストランのブレックファースト (6)
まあ、5バーツのプチ値上げもやむなしか。元々安かったし。
と、せっかく訪れたことだし、セイラーレストランのブレックファーストを食べてみた。

SPONSOR LINK

セイラーバーレストランのアメリカンブレックファースト

セイラーレストラン (2)

午前11時頃の訪問。

店内は、客が数組ほど。
手前側のバーエリアに座った。

セイラーレストラン (1)

こちらは喫煙可能。
奥のレストランエリアは禁煙となっている。
セイラーレストラン (3)
お好きなほうへどうぞ。

朝食メニューは、3つある。
でも実際は、卵の調理方法が違うだけ。
・フライドエッグ(目玉焼き)
・スクランブルエッグ
・ボイルドエッグ(ゆで卵)

あとは、コーヒーか紅茶かを選択する。

コーヒーとオレンジジュース
セイラーレストランのブレックファースト (2)

コーヒーはインスタントかなあ。オレンジジュースは、果肉が底に沈んでいる。

本体がわずかに遅れて到着。配膳速度はかなり早い。ものの数分でやって来た。

セイラーレストランのブレックファースト (3)

トーストが2枚。これは、コンビニでも売っているような安いパンだろう。
スクランブル、ソーセージ、ハム、ベーコン、野菜サラダ。

スクランブルエッグはふかふかで文句なし。
ソーセージはごく小さめで味は並。ハムも普通。
でも、ベーコンは、思ったよりも厚切りでカリカリ炒めにならずに、肉の味がしっかりしている。これはポイント高し。まあ、思っていたよりも、というレベルだけど。

アップで
セイラーレストランのブレックファースト (5)

あと、地味にレタスとトマトの野菜がうれしい。大した量ではないが、タイでの野菜不足解消にわずかながら貢献してくれそうだ。

たしかに、大盛りブレックファーストというほどの食べごたえはなかった。
あくまで普通のアメリカンブレックファーストだ。
抜群においしいわけでもない。
でも、朝食としては、これくらいでちょうどいいかも。
値段を考えると、上出来だと思う。

セイラーレストランのブレックファースト (4)

ブレックファーストは、午前6時から午後3時まで。

バーエリアでは喫煙できるので、食後にコーヒーを飲みながらまったりするのもオッケー。

値上げしたとはいえ、この内容、この立地で70バーツは立派だと思う。
まあ、遠くに宿泊している人がわざわざ訪れるほどのものではないだろうけど、近くに滞在している人が気軽に訪れる価値は充分ある。
そういえば、パタヤ在住の某有名日本人が偶然同じタイミングでブレックファーストを食べてましたね。単なる偶然だけど。

地図

セイラーレストランで食べた他の料理のレポートはこちらから。
セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。
セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

また、パタヤのファランな朝食シリーズのレポートはこちらから。
いくつか厳選して紹介しておく。ただし、昨今の値上がり事情から考えて、価格が変動している可能性があるのでご注意のほどを。
RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり
ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ
ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

SPONSOR LINK

関連記事

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。 ⇒パタヤでカオソーイ

記事を読む

ユアドンのカツ丼 (1)

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた

先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。 そういえば、新しく日本

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

khao man gai soi AR (2)

パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ屋のご紹介。 場

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑