*

セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, ステーキ・洋食


ソイ7とソイ8を歩いていると、急に洋食が食べたくなった。
こんな時は、ソイ8にあるSAILOR BAR & RESTAURANTが最適だ。
リーズナブルでお値段で、洋食を食べることができる。


セイラーレストラン (2)


セイラーバーレストラン (1)

バービアの奥が、レストランとなっている。
もちろん同じ店なので、手前のバービアエリアに座っても、レストランの料理は注文可能だ。

前回訪問時は、コルドンブルーを食べた。

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ
セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

チーズ入りでなかなかおいしかった。

さて、今回は何を食べようか。
ステーキ系は、サードロードに安くおいしいステーキ屋がいくつもあるんで除外。
トンカツが食べたいなあ。
というわけで、シュニッツェルを選択。

SPONSOR LINK



セイラーレストランのシュニッツェル(Schnitzel)

メニュー番号23番。100バーツ。
セイラーバーレストランメニュー

シュニッツェルとは、パン粉を付けて肉を油で揚げたヨーロッパ料理。
カツレツと呼ぶこともある。
店によって調理方法が違っており、衣の付け方は様々。
一番有名なのが、ウィーンのシュニッツェルで、これはヴィーナーシュニッツェルと呼ばれる。
どこかどう違うのか、わたしはオーストリアやその周辺国で何度かシュニッツェルを食べたことがあるけれど、どこもパン粉の付け方や焼き方、揚げ方が違っていて、これまたよくわからない。
昔、ユーゴスラビアの屋台で食べたシュニッツェルが一番おいしかった。

さて、パタヤのセイラーバーレストランはどうか?

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (1)

うむ、見てのとおり、カツであった。

パン粉をまぶして、油で揚げてある。

中身は、豚肉ですな。まさに、豚カツ。肉の厚みはそこそこあるなあ。

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (2)

マナオ(ライム)がついているんで、しっかりかけておく。
特にソースは付いていない。
肉に軽く下味がついているようだが、それほど強くない。
シュニッツェルだけで食べると味気が薄いんで、卓上のケチャップを少し付けて食べるといいかな。

同じシュニッツェルでも、ユーゴスラビアで食べたものは、全粒粉を使っているのか、フィッシュアンドチップスの魚フライと似たような衣だった。さくさく感があって、個人的にはそっちのほうが好き。
これだけ豚カツっぽいと、やはり豚カツソースが欲しくなる。

まあ、これはこれで、もちろんおしいんだけど。

セイラーレストランでは、ポテト料理が選択可能。
わたしは、ベイクドポテトにしている。

セイラーバーレストランベイクドポテト

じゃがいも一個を皮ごと使用し、バターをのせている。まさにじゃがバター。
これがほくほくしていて、おいしい。
むしろ、シュニッツェルより好きかもしれない。

サラダは、おまけ程度の分量。

肉はそれほど大きくないが、ポテトもあって、一皿でそこそこお腹は膨らむ。
これで100バーツなら、文句なしでしょう。しかもビーチから近い好立地だしね。

ドリンクは別途注文で、コーラが30バーツだった。

パタヤでシュニッツェル(豚カツ)が食べたくなったら、セイラーバーレストランへどうぞ。
テイクアウトして、豚カツソースをかけて、別途白ご飯と味噌汁を用意すれば、立派な豚カツ定食が出来上がります。

セイラーバーレストラン地図

夜遅くまで営業しているが、あまり遅いと材料がなくなることも。以前は24時間営業だったように思うが、現在はバービア同様深夜2時か3時には閉まるようだ。
ブレックファーストもやっている。
セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

(閉店)ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。 場所は、LKメトロから行くなら、北へ向

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

FRYDAYのフィッシュバーガー (2)

FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス。こいつもうまい。

以前紹介したフィッシュ・アンド・チップスの名店「FRYDAY」。 場所は、ソイニュープラザ内で

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

Bakadin (13)

バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってきた。 店名は、バーカディン。

記事を読む

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (1)

【追記】ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

みんな大好きソイブッカオ名無し食堂。 その2軒隣に、以前からクィティアオ屋がオープンしてい

記事を読む

Soi excite Japanese menu restaurant Nuang (2)

ソイエキサイト脇道の食堂「ヌアン」は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Silver Bullet より:

    海外に長く滞在しても特に日本料理が食べたくなることはないのですが、カツ丼だけはたまに無性に食べたくなるときがあります。
    僕は甘くなるのが嫌なので、カツ丼に玉ねぎは入れない派ですがw

    昨日の昼はBIG Cに買い出しに出掛けてました。
    鶏の丸焼き115バーツ、スペアリブ65バーツ、ソーセージは2本で30バーツ、でっかいチーズパンが35バーツ、
    マンゴーが59バーツ、パイナップルが45バーツ
    安いなあ。
    これで昨日の昼と夜、今日の昼と3食足りました。
    マンゴーが甘いですね、もっと買えば良かったw

    でもいつも思うのですが、お酒って日本だとコンビニとスーパーではかなり値段違いますが、パタヤではそんなに変わりませんね
    どうしてかなあ?

    あ、そういや土曜にバンコクのウォールストリートインに泊まったんですが、タイで初めてデポジットを取られませんでした。
    良心的だなあ、と思ったら、フロントマンがデポジットがわりにパスポートから出国カードを抜いて預かってました。
    次の日、チェックアウトした後にパスポートを見たら出国カードが無くなってたので、もしかしてと思い、ホテルに戻ってフロントに聞いてみたら、何事もなかったように出国カードを出してきました。
    そんな大切なもの返し忘れるなら預かるなや、と怒り心頭でした。
    それにしても気付いて良かったです。。。
    今週の土曜も泊まる予定でしたが、キャンセルしてナナホテルを予約し直しましたよ。

    • 千夜一夜 より:

      わたしも、海外ではカツカレーかカツ丼くらいですね、食べたくなるのは。
      ビッグCは惣菜が安いですね。フルーツも安いです。そろそろマンゴーの季節です。
      酒やお菓子とか、普通の既成品はコンビニとスーパーでほとんど値段が変わりません。大きな徳用サイズはスーパーにしか置いてないことが多いですが、小さいものはわざわざスーパーで買う必要ないですね。
      出国カードを預かるホテルは初めて聞きました。安いホテルだとデポジット無しのところが多いですよ。だいたい700バーツ以下だとデポジットは無いですね。あっても300バーツとかです。

アドステア

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

Bachelor バチェラーの門 (1)
【昨晩のLKメトロ】天蓋付きバチェラーと、アラーム付きカオス

日本はお盆休み真っ盛りで日本人がめっきり増えたパタヤ。 昼間のソイブ

Green bottle breakfast グリーンボトルのブレックファースト (5)
食べ放題の朝食。GREEN BOTTLEのビュッフェブレックファースト。

先日、ボススイートパタヤに宿泊した際、朝食を取ったのがホテルのすぐ

→もっと見る


PAGE TOP ↑