パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど) グルメレポート

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

投稿日:2016年5月2日 更新日:


サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

マハーサムット外観

濃厚で味わい深いスープが絶品のクイティアオ屋だ。
何度食べてもここのスープはおいしい。

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。
サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

でも、他にもメニューはいくつかある。

今回は、その中からカオパット(焼き飯)を食べてみた。
もちろん、ただのカオパットではない。トムヤム味のカオパットである。

SPONSOR LINK



カオパットトムヤムタレー

クイティアオ以外を注文すると、奥の厨房で調理される。
10分ほど待って、料理が到着。

カオパットトムヤムマハーサムット (2)

まずは写真を一枚。

色が悪いんで、フラッシュを焚いてみた。

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

みごとに赤いね。
唐辛子の赤さが強烈である。

少し混ぜ返す。

カオパットトムヤムマハーサムット (1)

エビとイカ入りなので、カオパットトムヤムタレーとなる。

刻んだ唐辛子がたっぷり入っており、かなり辛い。
が、見た目ほどの辛さはない。
まあ、辛いのが苦手な人は、とりあえず唐辛子は避けて食べましょう。
みじん切りのような唐辛子なんで、どうしても口に入ってしまうけどね。

きちんと火が通っており、ご飯の焼き加減もばっちり。

玉ねぎやネギのみじん切りも入っていて、しゃきっとした歯ごたえも味わえる。この歯ごたえは、好みが別れるところかなあ。

ご飯の柔らかさと唐辛子の辛さと野菜とシーフードの組み合わせがいいね。
トムヤムベースですが、酸っぱさはないです。かなり食べやすい。
マナオ(ライム)をしぼってから食べるのがおすすめ。
味が引き立ちます。

量はそれほど多くない。
晩飯にするには、ちょっと足りない。
60バーツ。
おいしいけれど、このカオパットトムヤムだけのためのリピートはないかな。
やっぱり、メインはクイティアオですな。

トムヤム味ではない、普通のカオパットも置いてますよ。

地図

営業時間は、夕方6時から深夜3時くらいまで。
晩飯時は繁盛しており、少し時間をずらすのがベター。

 

なお、この店はちょこちょこメニューを作り変えている。

2016年5月のメニューがこちら。

クイティアオ
マハーサムットメニュー (1)

値段は上がっていないように思える。
おすすめは、カニ入りの60バーツのクイティアオトムヤム(2段目真ん中)。
カニの身は少ないけど、カニのエキスは味わえる。

炒めモノ系
マハーサムットメニュー (2)

カオパットの他、ガパオ、カオトム(雑炊)もある。
がっつり食べるなら、クイティアオだけではちょっと物足りないかと思う。
もう一品カオパットも追加注文するのがよさそう。
二品食べると、さすがにお腹いっぱいになれるでしょう。

SPONSOR LINK

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど), グルメレポート
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.