*

年明け1発目のブンブン。最後は一人でバービアめぐりして新人バービア嬢とファラン裸祭りに遭遇。

沈没日記11

ムーピンとカオニャオの朝食

朝は意外と早起き。
まだ午前10時前だった。

目を覚ますと、横で寝ているはずのカラオケ嬢の姿がない。
ベランダでスマフォゲームをしていた。

珍しい。わたしより早く起きているなんて。
わたしの顔を見るなり、「グッドモーニング」よりもまず「ヒューカオ(腹減った)」
はあ、相変わらずで。

わたしの体調もそれなりに回復。
腹も減っている。
時刻は午前10時。
よし、パートンコーだ。
まだ間に合うだろう。

ソイブッカオを市民病院方面へ移動して、パートンコー屋台を探すも、見当たらなかった。
新年の休みなのか、すでに品切れになったのか。残念。
ああ、食べたかったなあ、パートンコー。

関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

そのかわり、近くにあったムーピン屋台で、ムーピンとカオニャオを購入する。
タイの朝ごはんの定番の一つですな。
ムーピンとは、味付き豚肉の炭火焼き。

ムーピン屋台 (1)

見るからにうまそうな焼き加減。一本10バーツ。

すると、屋台の上には、なぜかパートンコーの袋が置いてあるのを発見。

ムーピン屋台 (2)

「そのパートンコーどこで買ったの?」とおばちゃんに聞いた。

「ともだちにもらったの。あなたパートンコー食べたいの? じゃあ、これもついでにあげるよ」

と、サービスで一袋もらえた。
ラッキー。なんとかパートンコーにありつけた。
ありがとう、おばちゃん。

カラオケ嬢には、さらに、ママーとヨーグルトとポッキーのイチゴ味。
もう、朝からどれだけ食べる気だ。

本日の朝食はこんな感じとなりました。
ムーピンカオニャオママーパートンコー

ムーピンはおいしいけど、朝から甘辛いタレはちょっとしんどいかな。
ただでもらったパートンコーもおいしかった。おばちゃんの親切が身にしみる。

ひさびさのブンブン

さて、食後は、久々にやりますか。

だらだらとベッドに横たわるカラオケ嬢の服を脱がせる。
「うひゃ~」とかわいい悲鳴を上げながらも、脱衣に応じるカラオケ嬢。

月光仮面は月へ帰っていった。
わたしの体調は戻ってきた。
実に1週間ぶりのブンブン合体である。

気持ちいいに決まっている。

気持ちいいのだが、どうにも気持が入っていかない。
カラオケ嬢のノリももう一つか。

とりあえず出すものだけ出した感じかなあ。
排泄感ですっきりしたものの、どこか味気ない。
ふーむ、ちょっと気持が遠のきはじめたのかな。

クリスマスイブから年明けまで、いろいろあったからなあ。
今が正念場かも。

ソイチャイヤプーンの100バーツビザ

夕方まで、お互いに昼寝。
わたしのほうが長く寝ていた。
やはり体調の回復は万全ではないようだ。

わたしが寝ている間に、カラオケ嬢はまたママーを食べていた。本日2食目。もちろん、ポッキーも空箱となり、ヨーグルトもなくなっている。
さらに、腹が減ったという。
食べたいものは、ビザ。

そういえば、クリスマスの頃にもピザが食べたいと言っていたなあ。

日本のピザに比べればかなり安いとはいえ、タイ飯よりは割高なピザ。チェーン店でも200バーツ近くする。
どこか安いピザがないものかと思案して、ソイチャイヤプーンにある食堂「THAISAAN」で聞いてみることにした。

ここはタイ料理イサーン料理からファラン飯までなんでもそろう便利な食堂だ。

ソイチャイヤプーン食堂の新しい外観 (2)
ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

ハワイアンピザのMサイズが100バーツ。
ソイチャイヤプーン食堂のピザ (3)

てっきり取り寄せるのかと思いきや、自分の店の厨房でピザを焼き始めた。
こんなローカル食堂でピザを焼いているとは意外だった。

焼き上がりまで待っていると、店内にはわたし一人。すると、ファランの客がやってきた。
わたしのことをタイ人の店員だと勘違いしたのか、あれこれ注文してくる。
タイ語表記しかないメニューを読んでくれとも言う。
いやいや、店員じゃないし、そもそもタイ人じゃないし。

まあ、注文くらい取れるだろうけど、さすがにねえ。
奥にいる店員を呼んであげた。

ようやくピザが完成してお持ち帰り。

100バーツのピザハワイアンはこんな感じでした。
ソイチャイヤプーン食堂のピザ (2)

うーん、まあ、ローカル食堂の安ピザなんで、こんなもんでしょう。
パイナップルの量、多し。
肝心のチーズは少なめ。
生地は硬め。
味は薄め。

カラオケ嬢はケチャップとチリソースをどばどばかけて食べておりました。

ウォーキングストリートやバービア群の露天で売っている一切れ50バーツくらいのピザに比べれば、コスパは断然いいけど、味は少々残念か。
ピザはちゃんとした店で食べましょう。

ブッカオなら、パタヤアベニューへ抜けるソイ15入り口にあるイタリアンレストラン「VOLARE」は間違いなし。
soi15イタリアン料理

パスタもピザも一級品。お値段高めだけど。

LKメトロ入り口のバミーナム

その後、カラオケ嬢はわたしのバイクに乗って、アパートへ戻る。
あとで迎えに行くことになった。

夜12時頃に、電話がかかってきた。
友だちのパーティに行くから、何時に戻ってこられるかわからないという。バイクの鍵はアパートの管理員にあずけているから、受け取ってくれと。
おいおい、面倒なやつだなあ。

鍵を受け取ってから、完全一人行動。
まずは、LKメトロのソイダイアナ側入り口にある屋台へ。
すっきりしたスープのバミーが食べたくなったのだ。

LKメトロ入り口のバミーナム

相変わらずスープはうまい。
ここのスープはそのままでもいける。
が、わたしの味覚が変わったのか、以前は薬味を入れずとも満足できたのだが、今では唐辛子、砂糖、酢、ナンプラーと一通り盛り込まないと自分好みの味にならなくなった。

焼き豚がいまいちなのが残念。あと、写真ではわからないが、もやしの量が異常に多かった。
でも、おいしくいただきました。
現在は、1杯40バーツ。
LKメトロ近辺で飲み歩いたあとは、ここのバミーナムがちょうどいい感じですよ。移動しなくていいし、酔っ払っていても平気。

ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

バービア22歳の新人嬢と遊ぶ

夜のLKメトロ2016年1月

LKメトロ内を散歩してみるものの、特に入りたいゴーゴーバーもバービアも見当たらず。

なじみのバービアの一つへ移動。
数日ぶりにビールを飲む。
うーん、うまい。

バービアは、いつもと変わらぬメンツかと思いきや、新顔が一人増えていた。
さっそく、わたしの横にやってくる。

バービア嬢22歳新人

珍しく非イサーン出身の22歳。
パタヤに来て4日目。
タイ北部出身だけあって、色白だが、ややぽっちゃり体型。
愛嬌はあるけど、ペイバーには至らないレベル。

ビリヤードで遊んでみるが、さすがに新人、とてつもない下手くそだった。
3回に1回は、狙った球にさえ当たらないレベル。

そろそろレディードリンクを奢ってあげないといけないタイミングで、客のファランがリンガベル。
おお、ラッキー。
バービア嬢にもわたしにもビールがまわってきた。
しばらく、22歳とおしゃべりして過ごす。

わたしがその22歳バービア嬢をペイバーしないとわかると、ママさんが次回入荷予定の新人の写真を見せてくれた。
19歳でスタイルはよさそうだけど、顔がもう一つかなあ。
でも完全新人だし、機会があれば、お試しペイバーしてみようか。

楽しく飲んで、バービア嬢とバービアにチップ20バーツずつ。ビール代は60バーツ。合計100バーツの安い遊びだった。

深夜に裸踊りするファラン

体調が万全ではないので、大人しく帰ろうかと思ったが、どうにも寂しくなってもう一軒だけハシゴ。
ブッカオにあるバービアへ。

ビールはやめてコーラにした。
バービア嬢の数は多いけど、選ぶにはきついかなあ。
すると、女連れのファラン軍団が来店。総勢6人くらい。
一気に大賑わいだ。
イングランド出身のやつらは、すでに酔っ払っており、騒ぐ気満々。
がんがんベルをならしている。
代わりばんこでリンガベル攻撃だ。
ファランは、ほんとノリで遊ぶよなあ。

あいにくとわたしはコーラなんで、せっかくのリンガベルドリンクを辞退させてもらった。

ファランの二人は、バービア嬢と4目並べ勝負。
負けたらシャツを脱いでブラ姿で踊れという無茶な賭け。若いバービア嬢は怖くなって勝負から逃げたが、歴戦のおばちゃんバービア嬢2人が応戦。かっこいいぜ、おばちゃん。
で、ファラン2人は、あえなく敗北。

ファラン2人は、シャツどころからパンツまで脱ぎ捨て、バーカウンターの上で裸踊りしておりました。それもわたしの席のすぐ真横で。
目の前で見るファランのソレは、さほど大きくなかった。日本人でも勝てるな、アレになら。でも、このノリには勝てないや。

ファランの年齢はおそらく40代後半くらい。ファラン、バカすぎ。

大笑いさせてもらった深夜3時のブッカオバービアであった。

 

深夜4時になっても、カラオケ嬢からの連絡は無し。
昼間に久々のブンブンはしたし、夜中にファランの裸踊りで爆笑したし、ただ酒も飲んだし、楽しい1日であったはずなんだけど、どこかすっきりしない気分だ。
やっぱり一人寝は楽しくないや。


関連記事

大雨

【パタヤ近況】ただいま豪雨中で、ブッカオはプチ冠水

昨年の洪水が記憶にあたらしいパタヤ。 2月のこの時期にしては珍しくまとまった雨が降っている

記事を読む

デパート嬢のLINE

バンコクの学生デパート嬢から誘いが来て、交通費500バーツ送金するの巻

沈没日記36 現在22歳の元バービア嬢がいる。 出会ったのは、かれこれ4,5年前のパタヤ

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

ソーポン市場 (7)

パートンコー、ソーポン市場のぶっかけ飯、59Bステーキ

沈没日記24 朝8時過ぎ。 わたしにとっては早朝同然の時間帯。 そうだパートンコーを買

記事を読む

エアアジア機体

パタヤから日本へ。沈没日記最終回と軽いあとがき。

沈没日記57 本日、パタヤラストデイ。 パタヤをあとにして、日本へ帰るだけ。 午前

記事を読む

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ沈没生活突然終了のおしらせ。急遽、帰国命令が下る。

沈没日記55 急遽、帰国へ 昼頃にだらだらと起床して、寝ぼけまなこでメールチェック。 日本

記事を読む

showgirls2

ゴーゴーバー数軒まわるも最後はバービアで。大騒ぎファランとキーニャオファラン。

沈没日記46 32歳との2回戦を終えて、また次なるペイバーに向けて雌伏の時がはじまった。

記事を読む

ドリンキングストリート

肉と酒とノースパタヤ夜遊びめぐり

沈没日記47 日本から新たに遊びに来た友人。 暗くなってから合流して、まずは食事とビールでも

記事を読む

23歳バービア嬢

友人たちのパタヤラストナイトはバービアで。わたしはママさんから息子と呼ばれる。

沈没日記42 日本から遊びに来た友人たちもそろそろ帰国。 10日以上に渡る比較的長い休暇であ

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑