*

今日も一人寝だが朝まできっちり遊んでやった。深夜の紫煙とハンバーガーうまし。

沈没日記7

結局、カラオケ嬢は帰ってこなかった。
クリスマスの夜も一人寝となった。

電話するから、と彼女は言っていたが、わたしのスマフォは微動だにしない。
朝を迎え、昼になっても夜になっても、何の音沙汰もない。
なんとも虚しいものである。

とはいえ、気にしてもしかたない。
カラオケ嬢の過去の行動パターンから考えると、2日か3日もたてば、ケロッとしてまた連絡してくるはずだ。
それを信じて、今は、一人の時間を堪能すべし。

うん、パタヤなんだから、一人で楽しまないと。

バイクの給油からソイユメへ

せっかく借りているレンタルバイクである。
これをもっと有効活用せねば。

スクンビットのガソリンスタンド (2)

まずは、パタヤカンとスクンビット交差点近くにあるガソリンスタンドへ。ここでガソリンの補給だ。

「ガオヌン ロイバー」

91のガソリンを100バーツ入れてくれ、という意味になる。スクーターなら、91か95のどちらかだろう。レンタルバイク業者から指定される事が多い。

スクンビットのガソリンスタンド (1)

小型スクーターなら満タンにしても100バーツいかないほど。
満タンにするなら、「full」と言えばいいだけだ。

ブッカオからなら、ここか、パタヤタイのGSが一番便利かな。

スクンビットから戻るには、ソイユメへの抜け道を通ればいい。
スクンビットを曲がる時は、「viva」というラブホテルの看板が目印。

ソイユメのVIVAラブホテル

ソイユメにたどり着くと、そのラブホテル「VIVA」がある。
ちなみに、ショート利用が285バーツ、泊まりが750バーツとなっている。
まだ新しいんで、部屋の中は綺麗とのこと。

VIVAの隣にはソイユメの市場がある。ここまで来るとブッカオよりさらに物価が安くなる。

ソイユメの市場

市場の向かい側には、ホテル、Woraburi Pattaya。
ソイユメホテルウォラブリ

ウォラブリ ザ リッツ ホテル (Woraburi The Ritz Hotel)
ウォラブリホテル
2013年オープンと比較的新しいホテル。かなり広い敷居と大きな建物。
知り合いのタイ人は、ここに日本人が多く泊まっているよと言っていたが、団体客利用しているのだろうか、それとも中国人か。
徒歩とソンテウで移動する人には不向きな立地だが、バイク利用なら問題なし。
コンビニも市場もすぐ近く。

アゴダでチェック

ソイユメからパタヤカンへ抜けると、パタヤ中心部へ移動できる。

わたしは、さらにサードロードの店舗をチェックすることに。

快走快走。
時間を気にせず、走り回れる。気持ちいいね。

サードロード散策

まず、イサーン料理屋発見。店頭に置いてあるチムチュム鍋が目を引いた。

サードロードのイサーン料理屋

メニューをチェックしてみると、豚肉のチムチュムが168バーツ。

サードロードのイサーン料理屋チムチュムメニュー

店員に話を聞いてみると、コームーヤーンやナムトックもあるそうだ。
そのうち実食調査をせねば。

これも気になるローカル食堂。
サードロードのローカル食堂

昼間のマハーサムットは、もちろん開店前。
マハーサムット昼間

日本食ビュッフェの店「TSUNAMI」。寿司や天ぷらが食べ放題のようだ。値段次第では利用価値があるかも。
TSUNAMI日本食ブッフェツナミ

49バーツステーキ屋。これも気になるなあ。
サードロードの49バーツステーキ屋

ここも気になるローカル食堂。閉まってるけど。
サードロードのレストラン食堂

近くにはカラオケ蘭もあるよ。

調査対象はまだまだたくさんある。一人で過ごしていると取材も容易なのだが、カラオケ嬢に拘束されていると、なかなかねえ。

一人で夜遊び

夜は、開店したマハーサムットで久々の海鮮クイティアオトムヤム。

さらにソイボンコットのジェントルマンズクラブ、Piratesへ移動。

最後は、バービアへ移動。
一人夜遊びを満喫しております。

ここは、知り合いのおばさんが働いているバービアだ。
久しぶりと挨拶していたら、新人バービア嬢を紹介された。

20歳の色白スレンダー系新人で、顔はまずまず。
ふふ、悪くないぞ。

が、彼女はしらけた表情をしている。
あれ、日本人はお嫌いか?

そのうち、おっさんファランにお呼ばれしてテキーラを飲まされていた。すると、時々わたしのほうを見て、にっこり笑いかけてくる。
ふふ、そうかそうか、同じおっさんでも、ファランより日本人がいいか。よしよし、今度奢ってあげよう。

いやあ、やっぱり自由に遊んでいると楽しいなあ。
別にペイバーしなくてもいいや。
羽根を伸ばしてあっちへふらりこっちへふらり、それだけでも充分楽しいよ。

 

シメは、なじみのバービアでまったりと飲む。

クリスマスの飾り付けの残骸が残っていた。
一人寂しく、LEOビールに飾ってみた。

LEOビールと飾り付け

熟女軍団と19歳新人バービア嬢をからかって遊ぶ。

仲の良い38歳バービア嬢は、ドイツ人の彼氏持ち。バーファイン不可嬢として働いている。
ドイツ人彼氏とは来年にも結婚してドイツへ渡る予定。
ちなみに、イサーン出身の彼女の結納金は「ハーセンバー(50万バーツ)」。

おいおい、そりゃあ高いだろ。
イサーンだったら、普通は10万か20万だろうに。
「わたしはピセーッ(特別)なのよ」と、バービア嬢は大笑いしている。
どこが特別なもんか。わたしから見たら、色黒のただの田舎のおばちゃんにしか見えない。
ちなみに、ドイツ人彼氏と出会った当初は、彼のことを「ATM」と呼んでいたそうだ。
今でもATMなのは変わりなしか。
まあ、ドイツ人の方も慣れたもんで、送金依頼が来ると「オー インターネット ノーグッド」とおどけて、通話を切ってしまうそうだ。
楽しそうな生活で何より。ドイツに行っても、幸せにやってくれ。

とまあ、そんなくだらない会話をしつつ夜は更けていく。

うん、これぞバービアだ。
うへへへ、楽しいなあ。

深夜2時半頃。
そろそろバービアも閉店。

が、まだ夜は終わらない。

深夜の紫煙とハンバーガー

熟女バービア嬢と常連ファランとバービアの男性マネージャーと連れ立って、秘密の場所へ。

暗がりの中、紫煙をくぐらせる。

アップルミントの馥郁たる香りが口腔に広がり、鼻から煙をぽけーっと吐き出す。
パタヤでは久々だな、この味は。
まったりしつつも幸せな時間が流れる。

深夜のシーシャ

深夜4時前。
腹が減ったという友人ファランが、ハンバーガーをお取り寄せ。
わたしにもおごってくれた。

巨大ビーフバーガー
ビーフハンバーガー

ナイフとフォークが必要なほどの分厚さだ。
でも、うまい。深夜のハンバーガーもいいもんだなあ。
ありがとう、ファラン。

タイ人二人、ファラン、日本人の4人で深夜の宴会となった。
楽しいねえ。

 

早朝5時前、ようやく宴は終了。
遊んだ遊んだ、朝まで遊んだった。

カラオケ嬢からの連絡は無し。
いちおう、いつ連絡があってもいいように、携帯電話には常に注意していたが、一度も鳴ることはなかった。

が、気にしない。
泥のようにして、一人で熟睡。
ベッドが広いなあ。
ぐすん。


関連記事

ソイ7ホテルアイチェックイン (1)

ソイ7の新しいホテルiCheck innと、バービアめぐり

沈没日記22 ノースパタヤ散策 昼過ぎから、セカンドロードをノースパタヤ方面へバイクを走らせる。

記事を読む

ルークチン

23歳北部出身新人バービア嬢と過去最悪のバミーナム

沈没日記34 友人たちとのバービアめぐりの日々は続く 昨日からパタヤへやって来たバービア好きの友

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

ビエンチャン市内観光 (1)パトゥーサイ

ビエンチャンサイクリング観光と、もうパタヤに帰りたいと泣くカラオケ嬢とのやり取り

沈没日記17 ビエンチャン滞在2日目。 今日こそタイの観光ビザ申請をせねば。 6時過ぎ

記事を読む

オイルマッサージ個室 (1)

21歳美人マッサージ嬢はスペシャルなし。あとバチェラーとタッチ。

沈没日記48 オイルマッサージにて ノースパタヤでバービアめぐりをしている時に見かけたマッサージ

記事を読む

イサーン料理の食卓

またしても単なるパタヤ同棲生活。イサーン人の食卓とは。

パタヤ沈没日記4 正午を過ぎても、カラオケ嬢は、もちろん爆睡。 わたしは、一人でブッカオ市場

記事を読む

デパート嬢のLINE

バンコクの学生デパート嬢から誘いが来て、交通費500バーツ送金するの巻

沈没日記36 現在22歳の元バービア嬢がいる。 出会ったのは、かれこれ4,5年前のパタヤ

記事を読む

バーベキューホームパーティ (3)

禁酒日には、バービアママさんとファランボスの自宅でホームパティー。あとタンブンデート少々。

沈没日記41 パタヤ沈没日記としては時系列的に後先となるが、特に夜遊びネタでも何でもないんで、

記事を読む

チャイ4 (1)

チャイ4のバミーと、友人がペイバーしたバービア嬢はショート1800バーツ先払い

沈没日記37 友人たちのアテンドは毎日続く。 珍しくパタヤの観光にも出かけた。 ビッグ

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑