パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー

ソイ19の新しいカフェ、402 Cafe

投稿日:


ソイブッカオ常設市場の向かい側のソイが、サードロードソイ19。
最近では新しいホテルができたが、アパートやローカル向けの店舗が多いソイだ。
そこに新しいカフェが登場した。

SPONSOR LINK



402 Cefe

店名は、402 Cafe。

ソイ19の402 Cafe (1)

ずっと工事をしているのは知っていたが、ようやく完成したようなので早速入ってみた。
個人経営っぽい小洒落たカフェである。

ソイ19の402 Cafe (2)

打ちっぱなしの内装が今風だ。
テーブル席が5,6セット。

外には一台だけテーブル席があり、喫煙可能。

ソイ19の402 Cafe (7)

店内はもちろん禁煙。

メニュー
ソイ19の402 Cafe (5)

ホットが40バーツから
アイスが50バーツから
フラッペとスムージーが60バーツから

ローカルなコーヒー屋台に比べると高いが、大手カフェチェーンより安い。
店舗を構えた地場系カフェはおおよそこのくらいの料金設定だ。

他にもビールも売っている。

ソイ19の402 Cafe (4)

プロモーション中で、シンハービール3本とつまみで250バーツ。

ソイ19の402 Cafe (8)

ケーキやお菓子もあり。

ソイ19の402 Cafe (6)

アイスカプチーノ

アイスカプチーノをオーダー。50バーツ。

ソイ19の402 Cafe (3)

甘さの指定はしなかったが、タイではありがちな劇甘仕様ではなかった。日本で飲むよりは甘いけれど余裕で許容範囲。
コーヒー自体は、やや薄めか。
苦味と深みもちょっと物足りない。
嫌いな味ではないが、決定力に欠ける感じ。

訪れた際に、店内には店の知り合いらしきタイ人男性が二人テーブルに座ってPCをいじっていた。
あとは、近所の子供が遊んでいた。
オープンしたてということもあるだろうけど、内輪のたまり場のような雰囲気あり。
まあ、別にコーヒーを飲むだけなら問題なし。
長居するような場所ではないが、軽くまったりはできそう。

地図

営業時間は失念。
たしか午前6時から午後9時までだったような。

横には、LK 19th Avenueホテル。

LK 19TH アベニュー (1)

関連記事:ソイブッカオとサードロードの間、LK 19TH アベニュー (LK 19th Avenue)宿泊レポート

新築ホテルのスリープウィズミーからも近い。

sleep with me pattaya スリープウィズミーパタヤホテル (2)

関連記事:実際に泊まってみた。スリープ ウイズ ミー パタヤ (Sleep with me Pattaya)宿泊レポート。

まとめ

特におすすめというわけではないが、近所に滞在していて、ちょっとコーヒーが飲みたくなった時に利用する程度ならありかなと。

個人的な好みでは、すぐ近くにあるジャスミンのほうがおいしいと思う。鉄腕アトムが目印のカフェ。

Jasmine coffee and restaurant (11)

関連記事:サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

また、サードロードとソイブッカオにあるパングポンドもいい。

関連記事:サードロードのちょいおしゃれカフェ Pangpond Cafeでアラビカ種コーヒーとカイガタ
関連記事:Pangpond Cafe 2号店がソイブッカオにオープン

自分好みのカフェを探すのもパタヤ滞在の楽しみの一つだ。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.