パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー グルメレポート ブレックファースト

サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

投稿日:


サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。
以前は何だったか忘れた。

のぼりによれば、アラビカ種コーヒーが売りのようだ。

Pangpond cafe (8)

さらにはカイガタもある。
うーん、最近、カイガタ発見が続いているなあ。
ブレックファーストも扱っているので、コーヒーとカイガタとブレックファーストを試してみた。

SPONSOR LINK



PangPond Cafe

Pangpond cafe (1)

店名は、PangPond Cafe。パングポンドと読むのだろうか。
たぶん、開業してまだ日は浅い。4月くらいに新規オープンしたはず。

テラス席と室内席あり。

Pangpond cafe (13)

店内は、エアコンが効いていて快適。

Pangpond cafe (4)

シンプルな作りながら、オシャレ感も漂う。
ただ、テーブルは少ない。

Pangpond cafe (7)

屋外テラス席は喫煙可能。サードロードが近いんでちょっと交通音がうるさい。

コーヒー

メニュー
Pangpond cafe (12)

エスプレッソ:45バーツ
アメリカン:45バーツ、50バーツ
カプチーノ:50バーツ、55バーツ
ラテ:50バーツ、55バーツ

エアコン付きの店内で飲めるローカル向けカフェとしては、高くもなく安くもない一般的な価格設定。
あと、抹茶ラテや紅茶も置いてます。

これは、ホットのアメリカンコーヒー。

Pangpond cafe (3)

アラビカ種利用だというコーヒーだ。コーヒー豆には大きくアラビカ種とロブスタ種があるそうだけど、違いはよくわからない。アラビカ種のほうが高級のようだ。
うん、コーヒーは、たしかにおいしい。アメリカンだけど、薄くもなく、きちんと苦味がある。
が、高級コーヒーショップじゃないんで、インスタントよりはずっとマシだが、決して芳醇な香りがあるわけでもなく、ほどほどにおいしいといった程度。
ま、わたしは、街角屋台の甘ったるいカフェイエンやコンビニの缶コーヒーで満足できるコーヒー舌なんで、あまり論評する資格はないけれど。

Pangpond cafe (9)

こちらは、アイスカプチーノ。55バーツ。
普通においしいです。甘さは控えめで、屋台の練乳たっぷり苦味極小のカフェイエン(アイスコーヒー)とはまったく別物。

ブレックファースト

99バーツのブレックファーストセット。
ベーコン2枚orソーセージ3本orハム2枚のいずれかを選択。コーヒー付き。コーヒーは何でもいいそうだ。

ベーコンのセットにしてみた。

Pangpond cafeのブレックファースト (1)

うーん、これは正直厳しいかなあ。
トースト少々にバターとジャム。
卵焼きとベーコン。
味は悪くなりようがないけれど、ボリュームは寂しい。

Pangpond cafeのブレックファースト (2)

コーヒーがおいしいんで、あくまでコーヒーのおまけで50バーツほど足して、ついでに食事を取ると考えれば、まあ許容範囲内かなあと。
ブレックファースト目的で訪れる価値はまったくないです。

ちなみに無料の水はあり。おかわり自由です。

カイガタ

Pangpond cafe (2)

最後にカイガタも紹介しょう。のぼりには、Pan-Fried Eggと書いてある。これがカイガタだ。
カイガタとは、小さなフライパンで目玉焼きとソーセージやミンチ肉を焼いて胡椒をふりかけた料理のことだ。ベトナム発祥で、タイではウドンタニー名物とされている。
もろにB級料理であり、グルメな人は見向きする必要なし。
が、カイガタを見つけたら食べずにはいられないほどのB級カイガタマニアとしては、もちろん注文した。

写真に映りきらないほど大きな木製しゃもじにのって、カイガタ登場。

Pangpond cafeのカイガタ (1)

おっと、これまでパタヤで食べてきたカイガタの中では、もっとも具だくさんだぞ。
目玉焼き二つは定番。ネギとミンチ肉、タイソーセージが2種類。
味付けは胡椒のみだろうか。
ケチャップとチリソースも用意してくれているんで、自分で味を整えよう。

Pangpond cafeのカイガタ (2)

トーストがきちんと付いていて、飽きることなく食べられる。
今のところ、パタヤナンバー1カイガタかも。

ソイボンコットのローカル食堂のカイガタよりもおいしい。量もやや多め。
ただし、ソイボンコット食堂は40バーツとローカル価格。

Kai gata Egg pan with bread soi bongkot (1)
関連記事:パタヤにもあったカイガタwithパンのローカル食堂

18コインズのカイガタも悪くないけれど、お値段高めだし、それならこのPangpondカフェのカイガタがいい。ソイブッカオ沿いで便利なのは、18コインズ。

18コインズ 18 coins cafe hostel カイガタ egg pan
関連記事:18コインズレストランのブレックファースト。やっぱりカイガタを食べる。

同じくサードロードにある、Thipカフェのカイガタブレックファーストセットは119バーツ。確かにThipカフェは、料理もコーヒーもおいしいけど、やや高い。

thips-cafe-8
関連記事:カイガタもあるよ。Thip’s cafeのブレックファースト。クラブサンドイッチもどうぞ。

Pangpondoカフェなら、カイガタが45バーツ。
ホットアメリカンが45バーツ。これなら合計90バーツの朝食となる。アイスカプチーノ55バーツにするなら、合計100バーツ。
うん、ブレックファーストセットにするよりも、カイガタとコーヒーを注文したほうがいいでしょう。
この程度のブレックファーストはどこでも食べられるけど、そこそこおいしいカイガタとそこそこおいしいコーヒーのセットが100バーツ以下で食べられるのはパタヤでは珍しい。
カイガタ、おすすめです。

地図

ソイブッカオから歩いて5分ちょっと。
ちょっと歩くけれど、朝の散歩がてらどうぞ。
営業時間は不明。午前中から夕方くらいまでかなあと。
カイガタがおすすめですが、お昼にまったりとコーヒー飲むだけでもよさそう。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー, グルメレポート, ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.