パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ブレックファースト

18コインズレストランのブレックファースト。やっぱりカイガタを食べる。

投稿日:2017年7月30日 更新日:


しばらく改築作業を進めていた18コインズ(18 Coins Hostel)。
いまではすっかり綺麗になった。

18コインズ 18 coins cafe hostel (1)

場所は、ソイブッカオのやや南側にある。ソイダイアナとソイレンキーの変形十字路交差点からほど近くて、とても便利な場所。ほぼソイブッカオど真ん中といって差し支えない。
以前は18コインズホテルという名称だったような気がするが、ホステルと名乗るようになっている。

18コインズ 18 coins cafe hostel (8)

バックパッカー系に狙いを定めているようだ。ドミトリーで1泊300バーツほど。

1階のカフェレストランも綺麗になって再オープンしている。
と、目に飛び込んできたのが、このレコメンドメニュー。

18コインズ 18 coins cafe hostel (2)

一番上は、Supper Yummyと書いてある。トムヤムスープのママーだろう。いわゆるモーファイだ。これも気になる。
一番下は、クリーミーオムレツ。たぶん、ご飯のうえにオムレツが乗ってある。カオカイジアオでしょう。
やはり気になるのは真ん中の写真。Agg Panと読めるが、Egg Panのことに違いない。すなわち、カイガタだ。
カイガタを見つけると注文せずにはいられない。
さっそく入店してみた。

SPONSOR LINK



18 コインズ カフェ & ホステル (18 Coins Cafe & Hostel)

18コインズ 18 coins cafe hostel (11)

改築したてで店内は綺麗。ややオシャレな雰囲気。

18コインズ 18 coins cafe hostel (7)

オーダーはカウンターへ自分で出向く必要あり。なんちゃってセルフサービスだ。

18コインズ 18 coins cafe hostel (3)

奥に進むとカウンター。

18コインズ 18 coins cafe hostel (9)

カフェメニューは頭上に。
ホットが60バーツ、アイスが70バーツといったところ。ホステルのわりには、しっかりした料金を取るなあ。

食事メニューはカウンターの上に置いてある。

タイ料理とファラン飯が一通り揃っているが、ブレックファーストだけをご紹介。

18コインズ 18 coins cafe hostel (10)

コンチネンタルブレックファーストが110バーツ。
アジアンブレックファーストが140バーツ。

組み合わせ自由のブレックファーストがおもしろい。

卵、ソーセージ、マッシュルーム、豆、トマト、ポテト、カオトム(雑炊)、パンケーキ、フレンチトースト、トースト、クロワッサン、コーンフレーク、ヨーグルト、フルーツ、オレンジジュース、牛乳などなど。

これらから好きに組み合わせる。コーヒーor紅茶は自動付帯。
4アイテムで110バーツ、5アイテムで140バーツ、6アイテムで170バーツ、7アイテムで200バーツ。
ふむ、カオトムも入っているのか。カオトムを軸に組み合わせるとアジアとヨーロッパを融合した朝食セットができそうだ。

カイガタ

ブレックファーストにも惹かれたが、ここは初志貫徹してカイガタで。

コーヒーはセットになっておらず別途注文。ホットアメリカンで60バーツ。

18コインズ 18 coins cafe hostel (4)

インスタントではなくて、きっちりドリップしたコーヒーでしょう。量は少なめだけど、普通においしい。

続いてカイガタ。

今さらながら説明しておくと、カイガタとは、ベトナム発祥と言われる卵焼き料理だ。タイでは、ウドンタニー名物とされている。

関連記事:ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

カイ=卵
ガタ=鍋(Pan)

小さなフライパンの上に目玉焼きとタイソーセージや薬味が乗せられている。
主に朝食として食べられていて、パンがセットになっているのが特徴。

18コインズのカイガタがこちら。

18コインズ 18 coins cafe hostel カイガタ egg pan

ごくごく一般的なカイガタですな。パタヤではこのタイプのカイガタが多い。
ソーセージは、癖のないものが2種類。ミンチ肉少々。ネギのような薬味がぱらぱら。
焼いたトーストが付いてます。

胡椒がふりかけてあるけど、味付けはお好みで足していきましょう。

18コインズ 18 coins cafe hostel (6)

ケチャップとチリソースがおすすめ。シーズニングソースでもいいかも。

まあ、カイガタなんて、どこで食べても同じような味です。しかも、見たまんまの味です。
でも、このB級感が好き。
卵とソーセージとひき肉をトーストに乗せて一気にかぶりつくのがうまい。

カイガタ59バーツ、ホットコーヒー60バーツ。合わせて119バーツの朝食となった。
でも、さすがにこれだけでは腹は膨れませんな。

 

パタヤのカイガタシリーズ
カイガタもあるよ。Thip’s cafeのブレックファースト。クラブサンドイッチもどうぞ。
パタヤにもあったカイガタwithパンのローカル食堂
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

とりあえず、パタヤの中心部でカイガタを食べに行きやすいのは、ここ18コインズでしょう。
あとは、サードロードだったり、ソイボンコットだったりするんで。
立地がいいぶん、価格的には他より高い。
移動が面倒でさくっとカイガタを食べてみたい人向けです。
ま、わたしが物好きなだけで、カイガタ自体はそこまでおすすめできるほどの料理じゃありませんが。

テラス席あり。食後は、ソイブッカオの往来と喧騒を眺めつつ、一服できるのは高ポイント。

がっつり食事を取るというより、おやつ代わりにどうぞ。

カフェレストランの営業時間は、午前8時から午後9時まで。
ホテルはもちろん24時間受け付けです。

地図

18コインズホステルは、ドミトリーだけでなく個室もある。
普通のパタヤの格安ホテルといった部屋ですね。
とにかく立地がいいんで、夜遊び好きのバジェットトラベラーからは人気。

現在プロモーション中で、プライベートルームが1ヶ月12,000バーツ。

18 コインズ カフェ & ホステル (18 Coins Cafe & Hostel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

ブッキングドットコム

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.