*

カイガタもあるよ。Thip’s cafeのブレックファースト。クラブサンドイッチもどうぞ。

公開日: : グルメレポート

パタヤカンとサードロード交差点にあるThip’S Cafe。

thips-cafe-11

パタヤでは老舗の部類の入るカフェレストランかも。
元々はアメリカ海軍のキャンプでコックとして働いていたタイ人カップルが、キャンプ閉鎖後にパタヤでサンドイッチ屋が開業、その後、Thip’s cafeとして店を開くにいたったそうだ。(と、メニューに書いてある)

メニューはブレックファースト、サンドイッチ、洋食、タイ料理など。やはりメインは洋食かな。でも、ちょっと変わり種のブレックファーストも置いてるので、まとめて紹介しよう。

カイガタ

ブレックファーストメニューの1つ。
Asian Styleという名前になっているが、これがカイガタのことだ。119バーツ。

thips-cafe-1

カイガタとは、豚ミンチの中国ソーセージを目玉焼きに乗せて鉄板鍋で焼いたもの。カイが卵、ガタはムーガタのガタね。
ウドンターニーの名物らしいが、元はベトナム発祥らしい。
うーんややこしい。
中国ソーセージのほかに、ムーヨーというタイソーセージも載っている。

thips-cafe-7

味付けは胡椒。
ソーセージ自体にも味がついている。

カイガタは、ご飯ではなくてパンと一緒に食べるのが、一般的なスタイルらしい。

thips-cafe-8

確かに食パンと一緒に食べると、かなりうまい。

コーヒーとオレンジジュース付き。

通常のアメリカンブレックファーストに飽きた人はぜひ食べてみてほしい。
でも、119バーツはわずかばかり高いような気もするなあ。

ブレックファースト87バーツ

thips-cafe-2

87バーツの朝食は全部で5種類。
メニュー番号5番のスクランブルエッグセットにした。
ハム、ベーコン、ソーセージの中からベーコンで。
ドリンクは、コーヒー、紅茶、もしくはジュースから選べる。

thips-cafe-14

実にオーソドックスなアメリカンブレックファーストである。
ベーコンはカリカリタイプ。卵は、ほどよくふんわりに仕上げてある。
なんとも無難な味で、特に文句のつけようがない。
でも量は少なめ。

99バーツのステーキ朝食セットも気になるところ。

物足りない人は、ビッグサイズのブレックファーストにしましょう。159バーツ。

クラブサンドイッチセット

お得なセットメニューの1つだ。
店の表にも看板が出ている。

thips-cafe-13

Save 1のClub Sandwich+soft drink

ソフトドリンクは、コーラにしておいた。

thips-cafe-club-sandwich

食パンを3枚使用。きっちりトーストしてある。
具材は、卵、ベーコン、トマト、レタス、たまねぎなど。

トーストがさくさく、ベーコンがかりかり、レタスと玉ねぎがしゃきしゃき、トマトがしっとり、卵がじんわり。
それぞれの食感が楽しめる。
これ、おいしいなあ。

サンドイッチ屋時代から、このサンドイッチが売りだったのだろう。
文句なしの1品。
挿してある爪楊枝を抜くのを忘れずに食べましょう。

 

今回紹介した3つのメニューは、いずれも量は少なめ。
がっつり朝飯を食べるというより、軽食程度のものだと考えておこう。

カイガタが気軽に食べられる店はパタヤでは希少。
クラブサンドイッチは本当においしい。

他には、ステーキやタイ料理など。
たぶん、どれを頼んでもハズレはなさそうだ。

ティップズカフェ地図

サードロードとパタヤカン(セントラルパタヤロード)の交差点にあるので、すぐにわかるはずだ。
バイクは店の前の歩道上に駐輪すればいいみたい。

thips-cafe-12

営業時間:午前8時から午後8時まで

店内は、喫煙可のオープンテラス席と、エアコンの効いた室内席に分かれている。お好みでどうぞ。

thips-cafe-10

オープンテラス席は、サードロードに面していて、ちょっとうるさい。
食事は屋内で済ませて、食後はオープンテラス席に移動して、喫煙とコーヒーを楽しむのがいいかもね。
おすすめのカフェです。
コーヒーだけでもどうぞ。ホット45B、アイス55B。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Vietnamese pork noodle soup (3)

パタヤタイのクイジャップユアンは40バーツで豚骨、手羽先、うずら卵入り

またしても、クイジャップユアンを取り上げる。 クイジャップユアンとは、うどんのような米麺を使っ

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

ドンムアン空港第2ターミナルマジックフードディストリクト (2)

ドンムアン空港第2ターミナルの新フードコート、MAGIC GARDEN・マジックフードディストリクト

ドンムアン空港第1ターミナル リノベーションを終えて、新装オープンしたドンムアン空港第

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

ハーバーパタヤフードコートの冷やし中華

冷やし中華はじめました@ハーバーパタヤ。でも食べたのはチキンカレーライス。

別に何でもいいが、日本の夏の風物詩といえば、海開き、高校野球、TUBE、冷やし中華である。

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

【2017年追記あり】ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑