パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ステーキ・洋食

Chill Innのプロモーション日替わりメニューがお得。ハンバーガーとコルドンブルーがうまい。

投稿日:2019年2月12日 更新日:


ソイブッカオにあるChill Inn(チルイン)。

Chill Inn (1)

セルビア料理が食べられるレストランして以前紹介した。

関連記事:セルビア料理を食べながらバルカン半島を思い出す@Chill Inn パタヤソイブッカオ

その後、メニュー自体に大きな変化はないが、全体的にフードが値上げとなっている。
その一方、お得なプロモーションを提供するようになった。
午後2時までがブレックファーストのプロモーション。
午後2時以降は日替わり料理のプロモーション。
店舗前に黒板が出ていてメニューは事前にわかる。

SPONSOR LINK



スモールブレックファースト

まずは、スモールブレックファーストから。
午後2時までの提供となる。

Chill innの日替わりとブレックファースト (11)

卵2個、ベーコン、ソーセージ、ポテト、ジャム&バター、コーヒーのセットで89バーツ。

Chill innの日替わりとブレックファースト (9)

トーストは2枚ついていた。
サラダも少々。
ベーコンもソーセージも上質のものではないが、味はいたって普通。
ポテトは、いわゆるジャーマンポテト風。いも好きとしては嬉しい。
全体的にボリュームあり。

コーヒーはよくあるコーヒーマシーンを使ったものだと思う。

以前食べた109バーツのイングリッシュブレックファーストとの違いは、オレンジジュースがあるかないかだけのようだ。

89バーツという価格を考えれば、コスパは高い。

ハンバーガー

ハンバーガーは2種類あって、チキンかポークを選べる。

Chill innの日替わりとブレックファースト (3)

ポークバーガーがこちら。

Chill innの日替わりとブレックファースト (1)

厚みのあるバンズとパテ。いかにもハンバーガーっぽい見た目だ。
たっぷりのフレンチフライとサラダも少々。

Chill innの日替わりとブレックファースト (2)

厚みがありすぎてかぶりつくのはきつい。
ナイフで切断する。

断面はこんな感じ。

Chill innの日替わりとブレックファースト (13)

とにかくパテがうまかった。
ジューシーかつ分厚いハンバーグ。

味付けはシンプルなので、卓上に置いてあるケチャップなどを追加すればいい。

バンズは固くもなく柔らかくもなくちょうどいい。

ポテトも大量にあって、これ一皿で腹は膨れる。
これで79バーツはお得。
少なくても、街角にあるバーガースタンドで食べるよりもよっぽど上だ。

なお、水は20バーツ。

次にチキンバーガーも食べてみた。

Chill innの日替わりとブレックファースト (4)

皿は変わったが、相変わらずのボリューム感。
内容はパテ以外は同じ。

Chill innの日替わりとブレックファースト (5)

でも、肝心のパテは、ちょっとぱさぱさしている。ポークほどのジューシーさなし。

おすすめは断然ポークバーガー。

フィッシュアンドチップス

Chill innの日替わりとブレックファースト (7)

お次はフィッシュアンドチップス。89バーツ。

Chill innの日替わりとブレックファースト (6)

どでかい魚フライだ。
タルタルソース付き。

身は薄め、衣厚め。

Chill innの日替わりとブレックファースト (14)

身も衣も油っこさは否めない。
フィッシュアンドチップスはどこで食べてもそうだが、最後は胸焼けしがち。

やはり、フィッシュアンドチップスなら、ソイニュープラザのFRYDAYがおすすめだ。

関連記事:フィッシュアンドチップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。

マーキーもそれなりにおいしい。

関連記事:パタヤの日曜日は、Marqueeでサンデーローストを。フィッシュアンドチップスもあるよ。どれでも100B!

チルインでは89バーツで食べられるのが最大の売りかな。

チキンステーキ

最後にチキンステーキ。
89バーツ。

Chill innの日替わりとブレックファースト (15)

胸肉(フィレ)が2枚。
格子状の焼き色がうまそう。

肉は柔らかく、あっさりしていて食べやすい。
付け合せのソースはやや薄味。
全体的に淡白な印象。
でもボリュームがあって、しっかり腹は膨れる。

(追加)コルドンブルー

2019年3月21日追記。
コルドンブルーが日替わりに加わった。99バーツ。

chill innのコルドンブルー (2)

コルドンブルーとは、チーズ入りのチキンカツだ。

chill innのコルドンブルー (1)

写真ではわかりづらいが、けっこうな重量感あり。
衣はさくさく。肉も分厚い。

chill innのコルドンブルー (3)

ちょっと汚らしい写真で申し訳ないが、中身はこうなっている。
数層に重ねられた豚肉の間にチーズが挟まっている。
ややチーズが少なめだけど、味がくどくならず、これくらいがちょうどいいかも。
タルタルソースをかけてやるとなお良し。
ここのコルドンブルーはおいしい。
ボリュームもあり、この内容で99バーツはかなりお得。
先週は2回も日替わりに登場していたが、具体的にいつ登場するかは不明。
午後2時以降にCordon Blueの文字を見かけたら、即入店すべし。

地図

地図

営業時間は、おそらく朝9時から24時まで。
22時くらいにはプロモーションおしらせの黒板が撤去されていることが多い印象。

まとめ

店内の雰囲気は以前と変わらない。

Chill innの日替わりとブレックファースト (12)

ソファー席多めでリラックスできる。喫煙可能。
ソイブッカオの往来を眺めながらのんびり一服可能。

スモールブレックファーストは、名前と価格のわりに満足度高め。
日替わりには、上記のほか、チキンシュニッツェルやカルボナーラスパゲッティなどもある。
パッタイといったタイ料理も対象となることもある。
何曜日がどの料理となるのかはよくわからない。
とりあえず食べてみた中では、ポークバーガーが一番おすすめ。次にチキンステーキか。
(追記:コルドンブルーもおすすめ)
午後2時まではブレックファースト、2時以降は日替わりと使い分けるのがいい。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.