*

TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Tree town steak lungyai (1)

整備が進んできたことは、以前からお伝えしてきた。

関連記事:ソイブッカオの空き地に登場したTREE TOWNは、まだまだ開発途上
関連記事:ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

その一角に新しいステーキ屋ができている。

Tree town steak lungyai (10)

看板には39バーツと書いてあるなあ。
とりあえず食べてみた。

SPONSOR LINK

STEAK LUNGYAI

ソイブッカオからソイスカウビーチへ抜ける道の外れにある。壁際にへばりついているんで、見落とさないように。まあ、行けばわかります。

TREE TOWN地図

外観
Tree town steak lungyai (9)

店名は、Lungyai。ルゥンヤーイ。おおきなおじさんという意味。
サードロードにもあるステーキチェーン店ですな、たぶん。正確な資本関係は不明だけど。

関連記事:サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ
関連記事:サードロードの格安ローカルステーキ屋ルゥンヤーイmini。ハンバーグがそこそこおいしい。

ツリータウン店は、とても小さい。

Tree town steak lungyai (4)

で、夜9時だというのに誰も客がいない。

客席側から見たTREE TOWN
Tree town steak lungyai (5)

雰囲気はいいのになあ。

メニュー

Tree town steak lungyai (2)
Tree town steak lungyai (3)

ポークステーキ:69バーツ
テンダーペッパードポークステーキ:79バーツ
ポークチョップ:99バーツ

チキンステーキ:49バーツ

フィッシュステーキ:69バーツ

サーロインビーフステーキ159バーツ

スパゲッティ:59バーツから
あとは、サイドディッシュが少々。

うーむ、39バーツのステーキはないのね。
価格表が修正してあるから、チキンステーキは元々39バーツだったと推察される。
サラダとポテトが39バーツのステーキ屋ってことで。

ドリンクメニューはないけれど、水が10バーツです。

Tree town steak lungyai (6)

Tender Peppered Pork Steak

普通のポークステーキが品切れとのことで、テンダーペッパードポークステーキにした。

しっかり焼いているようで、調理に10分ほどかかった。

Tree town steak lungyai (7)

わりとしっかりした肉ですな。
ポテトとサラダの量もそれなり。サラダは玉ねぎリング入りなのがうれしい。ドレッシングは薄いマヨネーズ。

肉を切ってみましょう。

Tree town steak lungyai (8)

表面はこんがり、中はぎりぎり火が通っているといった焼き加減。
それなりの肉厚。

肉肉しいな、このステーキは。

決して柔らかい食感とはいえないが、肉はこれくらい弾力で噛みごたえがあったほうが好きかも。
肉自体に胡椒で下味がつけてある。ソースはいわゆるバーベキューソースで、これも胡椒風味が強い。

肉表面の焼き方がウェルダンで、脂身もそこそこ。細かくカットして食べると、なんだか、ステーキというよりも焼肉を食べているような感覚となった。
まあ、79バーツだと思えば、普通においしいんじゃないでしょうかね。
一皿でそれなりにお腹も膨れます。

でも、やっぱり、サードロードのステーキの名店「ガオライサイサーム」にはかなわない。69バーツのポークチョップは、味と価格のバランスでいえばパタヤ最強なんで。

関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

 

心配なのは、ルゥンヤーイのTREE TOWN店だ。
入店してから食べ終わるまでに、他の客はまったく現れない。
ずっと客はゼロ。

セカンドロードとソイブッカオの間という好立地のはずなのだが、いかんせん周知や宣伝がなされておらず、客が寄ってこないのだろう。
それは、同じ敷地内にあるムーガタ屋も同じ。
エビも食べ放題で299バーツだけど、この時も客はゼロ。

Tree town steak lungyai (11)

店員が暇そうに座っているだけ。
これまで3,4回、夜の時間帯に店の前を通りかかったが、見かけた客はトータル二人。
リアルにやばいなあ。
ステーキ屋もムーガタ屋も風前の灯火だ。

撤退するのも時間の問題。
タイ人って、後先考えずに出店しがちだが、撤退する決断も早い。諦めがいいのか、すっぱりやめてしまう。気持ちいいくらいだ。
この記事をアップする時点で、ステーキ屋とムーガタ屋がなくなっていてもおかしくない。

そもそも、TREE TOWNも客足が少ない。
ナイトマーケットを開催し始めたはいいけれど、週ごとに規模が小さくなっていき、出店数も減っている。
ファラン経営のフィッシュアンドチップス屋台も見かけなくなった。
ソイブッカオ沿いのBEER TOWNとホットドッグ屋GOSHは、そこそこ客が入っていて営業を続けているが、他は危なそう。
しゃぶしゃぶの店もできたみたいだが、これまた危なそう。

ソイ10、ソイハニー、セントラルフェスティバルから余裕の徒歩圏内。
ビーチロードからソイブッカオにかけてのツーリストエリアでは、ここが一番安くステーキの食べられる店のはず。
ローカル向けとはいえ、この価格でそれなりのステーキが食べられるんだから悪くないと思うのだが。
誰か行ってあげてください。
いや、ほんと、ステーキ屋もムーガタ屋も潰れるのは時間の問題なんで。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

10バーツクイティアオルア食後

(閉店)トゥッコム裏にある10バーツわんこクイティアオルア。あなたは何杯食べられる?

以前、バイクで通りかかった時に気になっていた10バーツの看板が掲げられたクイティアオ屋。

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

Olala breakfast (1)

Olala soi7 レストランのブレックファーストと洋食メニュー

パタヤビーチロードのソイ7とソイ8を結ぶ路地の角に建つレストラン、Olala Restauran

記事を読む

D beach restaurant breakfast (8)

パタヤビーチを眺めながらブレックファーストを

パタヤ・ソイ6/1のビーチ側入り口に貼ってある看板がずっと気になっていた。 D-B

記事を読む

カオトムプラジャンバン料理

おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

少し前に紹介したおすすめのタイ料理&イサーン料理&シーフードのおいしいレストラン、カオトムプ

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

アドステア

アドステア

Image
TG・タイ国際航空がバンコク行き往復33,000円のタイムセール中

タイ国際航空(TG)がタイムセール中です。 TGア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

NINJA
パタヤ初心者アテンドの夜。ソイ7からソイハニー経由LKメトロまで。

海の日の連休を利用して日本からパタヤ初心者の知人が来ていて、軽くアテン

→もっと見る


PAGE TOP ↑