*

ソイブッカオの空き地に登場したTREE TOWNは、まだまだ開発途上

公開日: : 最終更新日:2017/05/22 プチ情報・便利帳


ソイブッカオの真ん中あたり、バンコク銀行北側の空き地にTREE TOWNという、飲み屋コンプレックス兼公園みたいなものができている。

Tree town (4)

でも、まだまだ開発途上。
もっとテナントが出来上がってから記事にしようかと思ったが、きりがないので途中報告という形で記事にしておきます。

SPONSOR LINK

ソイブッカオの空き地

バンコク銀行隣、もしくはソイスカウビーチ(Soi Skaw Beach)奥の空き地と言えばいいか。
ま、ソイブッカオを通っていれば、嫌でも目に入るところ。

この空き地は、わたしの知っているここ5年以上、きちんとした使われ方をしていなかった。
以前は、プアン2(3だったかも)という名前だったか、オープンスタイルのイサーン料理レストランがあった。わたしが初めてチムチュムを食べた思い出の場所。
ビアガーデンっぽいものが期間限定で登場したり、露店が並んだり、臨時遊園地っぽいものが現れたり、どうにも安定しなかった。

2013年頃の様子
Soi Buakhao Old Beer garden

最近でも道沿いにテントの屋台群が出現した。

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

関連記事:ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

が、TREE TOWNの開発にともなって、あっさりと消滅。
タイ人の変わり身の早さにびっくりさせられる。

地図

TREE TOWN

で、2017年1月現在の空地の様子。

Tree town (4)

TREE TOWN PATTAYAの看板が出ている

飲み屋関係の店がすでにいくつか完成している。

建物が完成していても、テナント未入居のところも多い。
まだまだ空地多数。

Tree town (9)

Tree town (6)

公園風の作りにする予定だろうか。
あまりいかがわしい雰囲気にはなりそうにない。どこかオシャレさを演出しようとしている。

Tree town (10)
とりあえず、まともの営業しているのは数カ所といったところ。

GOSH!

Tree town Gosh (6)

ホッドドック屋ですな。

かなり前にオープンしていますね。
オープン当初に料金確認して以来、ずっと放置していた。

ノーマルのホッドドック60バーツ。
Tree town Gosh (3)

お店おすすめのGOSHホッドドックが150バーツ。ホッドドックに150バーツは出せないよなあ。
Tree town Gosh (2)

やっと食べてみた。もちろん、ノーマルタイプを。

オニオンとピクルスのトッピングは無料。

パンとソーセージは、注文を受けてから焼き始める。

Tree town Gosh (1)

ぶら下がったケチャップとマスタードがかけ放題。
あとマヨネーズなんかも置いてます。

Tree town Gosh (4)

まあ、普通です、普通。大きさも並です。
あえてリピートしたいとも思えず。
小腹が空いた時に、バービアあたりに持ち込んで、つまみにするならいいんじゃないでしょうか。

BEER TOWN

Tree town (3)

オープンスタイルの飲み屋。
クッションに座って、リラックスしながら飲めるビールガーデンといったところか。

TREE TOWN NIGHT2

モニターが置いてあって、プレミアリーグの試合がある時はファランとタイ人で盛り上がっている印象。
ビールが90バーツくらいから。
タワービルが人気っぽい。

CHEF BOX

Tree town (1)

夜はテーブルと椅子が並んでいる。
まあ、飯屋さんでしょう。
詳細不明。

夜になると、定番のカクテルカーが出現する。

TREE TOWN NIGHT1

さらに奥のほうでも何やら営業していそうだが、詳細不明。

バンコク銀行の裏手の空き地にも、長屋風の店ができつつある。

Tree town (8)

Tree town (7)

手前側の白テント小屋はコーヒーショップ。
Tree town coffee

ここは昼間からオープンしている。コーヒーが60バーツくらいだったような。簡単なタイ料理もやってますね。

一番おもしろかったのは、放置されているのか飾りなのかよくわからんワンボックスカー。

Tree town (2)

ハットリくんじゃないですか。
屋根の上には、藁。

ソイスカウビーチへの抜け道

なお、バンコク銀行横の道は、きちんと舗装されて、そのままソイスカウビーチ(SOI SKAW BEACH)へ抜けられるようになっている。

Tree town to soi skaw beach (3)

Tree town to soi skaw beach (1)

ソイスカウビーチ内部
Tree town to soi skaw beach (2)

右に見えるのが、SKAW BEACH HOTEL

このまままっすぐ行くとセカンドロードに出られる。

セカンドロードとソイブッカオを行き来するには便利だ。以前から通り抜けはできたけど、道が舗装されておらず、またフェンスの隙間を抜ける形でちょっと不便だった。

TREE TOWNの全貌が明らかになるには、もうちょっと時間がかかりそう。
というか、完成してもテナントが埋まらずに朽ち果てていく可能性も高いような気がする。
しばらくは生ぬるく行方を見守りたい。

(2017年5月追記)
その後、徐々に開発が進み、ナイトマーケット化してきた。
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

下痢薬

タイで食あたり性の下痢になった時の対処法と薬局の使い方

タイで下痢になった時の対処法について、わたしの実体験を基に書いてみたい。 あくまで、医学に

記事を読む

Image

スクートのプロモ情報。東京バンコク8500円、大阪バンコク11500円から。エアアジアは1万円。

日本からタイへ旅行の際に少しでも安くフライトを使うには、LCC利用が一般的。 ただ、LCCも通

記事を読む

ウドンターニーの両替所 (1)

ウドンターニーにある、使い勝手の良い高レート両替所

ウドンタニーのみならず、タイの地方都市では外貨を両替するのも意外と面倒なことが多い。 バンコク

記事を読む

バンコク銀行

日本からタイへ国際送金する方法について。どれが一番手数料が安いのかシミュレート。

日本からタイへ国際送金(海外送金)する方法をまとめてみた。 個人が普通に行える国際送金には

記事を読む

スマフォ機種変更 (1)

AISの格安スマートフォンLAVA iris353をレビュー。タイで購入したスマフォ設定の注意点など。

旧型のサムスンギャラクシーがちょこちょこフリーズを起こして使い物にならなくなってきたので

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

バンコク銀行の通帳とカード

タイ、パタヤでバンコク銀行の口座を新規開設する方法。カシコーン銀行も。2015年2月最新情報。

ノービザ入国で、タイの銀行口座を無事に新規開設できた。 今回、実際に開設したのはバンコ

記事を読む

Pattaya Klang swimming pool near @mind (2)

アットマインドプレミアスイート近くの私営プールを利用してみた。1日50バーツ。

今回友人2人が宿泊しているのは、パタヤカンソイ12にある、アットマインドプレミアスイートホテ

記事を読む

タイ国際航空HP (1)

バンコク爆発事件によるタイ行き航空券のキャンセルについて(追記)

バンコク・エラワンでの爆発事件を受けて、せっかく楽しみにしていたタイ旅行をキャンセルせざるを得な

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑