*

ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。
場所は、LKメトロから行くなら、北へ向かって、バンコク銀行を越えて、左側の空き地のあたり。

道路沿いに5,6軒くらい、屋台テントが並んでいる。

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)
この一角にあるイサーン料理屋台がおいしかったので、紹介したい。

SPONSOR LINK

イサーン屋台

ブッカオ沿いイサーン屋台 (2)

ハンバーガー店、白いテントと続いて、その隣のピンク色テントがイサーン料理専門店だ。

夜の様子
ブッカオ沿いイサーン屋台 (4)

タイ語のみだけどメニューは豊富
ブッカオ沿いイサーン屋台 (3)

とにかくうまいぜみたいなことが書いてあるそうな。

ソムタム50バーツ
コームーヤーン60バーツ
カオパット50バーツ
などなど

ブッカオ沿いイサーン屋台 (5)

テーブル席があって、その場で食べることもできる。無料の水あり。
隣の白テントはフルーツジュース屋だが、テーブルは共有しているようだ。

今回食べたのは、コームーヤーンとトムセーブムー。
あと、カオニャオ2人前。
これで140バーツ。
お持ち帰りした。

コームーヤーン

コームーヤーン

豚の喉肉を焼いたイサーン名物の一つ。
ここのコームーヤーンは、豚トロというより普通のムーヤーンに近い。
ほどよく脂が乗っていて、ほどほどにおいしいかな。

コームーヤーンたれ

付属のナムチム(タレ)をつけると、さらにおいしくなった。
コームーヤーンのタレは、液体状のものが多いけど、ここはペースト状になっていて、かなり辛い。でも独特の風味があって、肉のうまみが格段に増す。
いいね。

ムーヤーンを食べるなら、パタヤカンソイ12入り口屋台がおいしい。
パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

トムセーブムー

トムは、トムヤムクンのトム。スープのこと。
セーブは、イサーン語でおいしいの意味。
つまり、イサーンのおいしいスープという、身も蓋もないネーミングの料理だ。

本当は豚肉(ムー)ではなくて牛肉(ヌア)を注文した。
が、出てきたのはムーだった。持ち帰ってから気づいた。まあ、わたしの発音が悪かったのだろう。

トムセーブムー

でも、このトムセーブ、やたらとうまかった。
名前に偽りなし。

イサーンのスープというと、酸っぱいという印象があったけれど、これは酸味控えめ。
どうやってダシを取っているのかさっぱりわからないが、何とも形容しがたい深みとコクがある。
一緒に食べたイサーン出身も、このスープはおいしいと褒めていた。

が、やたらと辛い。
辛さ耐性にすぐれたはずのイサーン人も、「うまいけど辛い」と繰り返すほど。

確かに辛い。舌がひりひりする。
でも、うまい。
やめられない。

具材の豚肉は、たぶん、あばらの部分で骨付き。
ほろほろになるまで煮こまれていて、骨から肉をすぐに剥がせる。やっぱり、骨周りの肉はおいしい。
あとは、野菜と香草も入っているが、あんまり食べないかな。

ちなみに、カオニャオは、2袋頼んだが、一つは炊き上げから時間が経ちすぎていたのか、ぱりぱりだった。もう一つは、しっかりしていたけど。

営業時間は不明。たぶん、昼ごろから夜9時か10時くらいまで。さすがに深夜に通りかかると閉まっていた。

 

ブッカオ沿いで、テーブルに座って本格的なイサーン料理が食べられる店は、意外と貴重。
イサーン屋台はたくさん出ているけど、コームーヤーンも売っている店もまた貴重。

ブッカオ近辺に滞在していて、お手軽にイサーン料理を食べてみたい人は、この屋台へどうぞ。
トムセーブがうまいけど、辛さは控えめのほうがいいかも。注文の際は、「ペッ ニッノイ」と添えておきましょう。

ブッカオからパタヤアベニューへ抜けるソイ15にある「ギンニャン」も利用しやすいイサーン料理専門食堂です。
気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

SPONSOR LINK

関連記事

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

THE SWAN Breakfast (10)

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。 ソイの中に「YAMATO」という日

記事を読む

ウドンのクイジャップ

ウドンターニーの朝食なら、うどんでしょ。ウドンバスターミナルで食べるクイジャップがうまい。

タイ東北部イサーンの主要都市の一つ、ウドンターニー。 ウドンタニとか、ウドンタニーとか、カタカ

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

アドステア

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑