*

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

公開日: : グルメレポート

パタヤカンのイサーン屋台

パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。
昔、この近所でアパート暮らしをしていた頃に何度か通ったことがある。

パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (1)

こういった店構えは、だいたいイサーン屋台。
ソムタムやらラーブやらゲーンヘット(きのこスープ)なんかを扱っている。

この屋台で一際目を引くのが、七輪。

ムーヤーン (2)

豚肉がどーん。
香ばしい匂いが漂ってくる。

さらに、裏面もしっかり焼きましょう。
ムーヤーン (1)

これぞ、ムーヤーンだ。

いやあ、うまそう。
いや、うまくないはずがない。
ムーヤーンのしたたる油がたまりませんな。

SPONSOR LINK

ナムトックムー

この豚肉、そのままムーヤーンとして食べるのもいい。以前は何度か食べたが、それはうまかった。イサーン出身者と食べたのだが、二人して笑顔になるほどの味。

今回は一人での訪問。
よし、この豚肉を使ったナムトックムーにしてみよう。

注文は簡単です。
「ナムトックムー」と告げるだけ。
カオニャオも一緒にどうぞ。

屋台ながらも、テーブルがいくつか置いてあり、店内で食べることができる。まあ、道路のかたわらでお世辞にも清潔とは言いがたいが、そんな小さなことは気にしない。うまいものが食べられれば、それでいい。

ナムトックムー到着
ナムトックムー (2)

おお、うまそうだ。

ムーヤーンがしっかりしている。ほどよく脂身があってジューシー。しかも量が多い。
サラダの味付けもばっちり。紫色のたまねぎが好きなんだよねえ。肉とタレによくマッチする。
辛さもほどほどで、食べやすい。いや決して外国人向けの手加減しまくった辛さではないが、どローカル向けの激辛仕様でもなくて、ちょうどいい辛さだ。

アップで
ナムトックムー (1)

カオニャオとの相性も抜群。
これぞ、正統派のナムトックムーだ。

ナムトックムー (3)

ナムトックムー60バーツ
カオニャオ10バーツ
合計70バーツのナムトック定食の出来上がり。
野菜は無料で付いてくるよ。
水も無料です。心配な人は、隣のコンビニで買ってきましょう。

あっという間に完食。

ナムトックムー完食

大満足でした。

まあ、一人でイサーン屋台に来ると、これくらいが限界。
もう一品頼んでもいいが、お腹いっぱいになりすぎてしまう。

できれば、二人で訪れてほしい。

ここはソムタムもおいしいです。

おすすめは、ソムタム+ムーヤーン+きのこスープ+カオニャオですかね。
肉と野菜の両方が摂取できてばっちりでしょう。

場所と地図

パタヤカンソイ12

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のソイ12入り口付近。
セブンイレブンの脇で営業している。

地図

ソイブッカオのパタヤカン出口から徒歩3分くらい。
まずまず便利な場所です。

屋台の外観
パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (2)

内側
パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (3)

以前は隣にクイティアオ屋が併設されていたが、現在では見かけない。
でも、この屋台でもクイティアオを提供していみたい。味は不明だけど。

なお、こういった屋台はドリンクの持ち込みは自由。
隣のコンビニでビールを買ってくれば、宴会できる。ムーヤーンをあてにビールを飲むのも最高である。
まあ、他の客の迷惑になるので、長居は禁物だけど。

持ち帰りでもイートインでもお好きなほうで。
ムーヤーン、おいしいですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ北側イサーン料理食堂 のソムタム

食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

先日、バービアで飲んでいた時のこと。 いつもは見かけるバービア嬢の姿がない。 ペイバーさ

記事を読む

the-coins-pattaya-breakfast-1

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオ2015 (1)

ブッカオ名無し食堂で久しぶりにガパオムーを食べてみた。味は復活したかな。

ソイブッカオにある青い屋根のローカル食堂。店名はない。 誰が呼んだか名付けたか、ブッカ

記事を読む

ボートのトンカツカナーごはん

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。 今回はBOATレストランを

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

flandria-2

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

LKメトロケバブ屋 (4)

ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ノークチャイ より:

    わわわ。
    旨そう。笑
    ソンクランにパタヤ行くんで食べに行ってみます!

    • 千夜一夜 より:

      うまいですよ、ぜひ。
      書き忘れましたが、営業時間は、昼過ぎから夜10時くらいまでですかね。あまり遅く行くて閉まっています。

  2. yuu より:

    オーナーはブリラム出身ですかね。店名かな、ラーブブリラムと書いてますよ。ブアカーオからも近いので次回の訪パタヤで行かせていただきます。情報ありがとうございます。

    • 千夜一夜 より:

      タイ語情報ありがとうございます。ラーブが売りなんですかね。まだ、ここのラーブは食べてません。ナムトックと味付けは似ているんで、ラーブにも期待できます。

アドステア

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑