*

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

公開日: : グルメレポート

パタヤカンのイサーン屋台

パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。
昔、この近所でアパート暮らしをしていた頃に何度か通ったことがある。

パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (1)

こういった店構えは、だいたいイサーン屋台。
ソムタムやらラーブやらゲーンヘット(きのこスープ)なんかを扱っている。

この屋台で一際目を引くのが、七輪。

ムーヤーン (2)

豚肉がどーん。
香ばしい匂いが漂ってくる。

さらに、裏面もしっかり焼きましょう。
ムーヤーン (1)

これぞ、ムーヤーンだ。

いやあ、うまそう。
いや、うまくないはずがない。
ムーヤーンのしたたる油がたまりませんな。

SPONSOR LINK

ナムトックムー

この豚肉、そのままムーヤーンとして食べるのもいい。以前は何度か食べたが、それはうまかった。イサーン出身者と食べたのだが、二人して笑顔になるほどの味。

今回は一人での訪問。
よし、この豚肉を使ったナムトックムーにしてみよう。

注文は簡単です。
「ナムトックムー」と告げるだけ。
カオニャオも一緒にどうぞ。

屋台ながらも、テーブルがいくつか置いてあり、店内で食べることができる。まあ、道路のかたわらでお世辞にも清潔とは言いがたいが、そんな小さなことは気にしない。うまいものが食べられれば、それでいい。

ナムトックムー到着
ナムトックムー (2)

おお、うまそうだ。

ムーヤーンがしっかりしている。ほどよく脂身があってジューシー。しかも量が多い。
サラダの味付けもばっちり。紫色のたまねぎが好きなんだよねえ。肉とタレによくマッチする。
辛さもほどほどで、食べやすい。いや決して外国人向けの手加減しまくった辛さではないが、どローカル向けの激辛仕様でもなくて、ちょうどいい辛さだ。

アップで
ナムトックムー (1)

カオニャオとの相性も抜群。
これぞ、正統派のナムトックムーだ。

ナムトックムー (3)

ナムトックムー60バーツ
カオニャオ10バーツ
合計70バーツのナムトック定食の出来上がり。
野菜は無料で付いてくるよ。
水も無料です。心配な人は、隣のコンビニで買ってきましょう。

あっという間に完食。

ナムトックムー完食

大満足でした。

まあ、一人でイサーン屋台に来ると、これくらいが限界。
もう一品頼んでもいいが、お腹いっぱいになりすぎてしまう。

できれば、二人で訪れてほしい。

ここはソムタムもおいしいです。

おすすめは、ソムタム+ムーヤーン+きのこスープ+カオニャオですかね。
肉と野菜の両方が摂取できてばっちりでしょう。

場所と地図

パタヤカンソイ12

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のソイ12入り口付近。
セブンイレブンの脇で営業している。

地図

ソイブッカオのパタヤカン出口から徒歩3分くらい。
まずまず便利な場所です。

屋台の外観
パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (2)

内側
パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (3)

以前は隣にクイティアオ屋が併設されていたが、現在では見かけない。
でも、この屋台でもクイティアオを提供していみたい。味は不明だけど。

なお、こういった屋台はドリンクの持ち込みは自由。
隣のコンビニでビールを買ってくれば、宴会できる。ムーヤーンをあてにビールを飲むのも最高である。
まあ、他の客の迷惑になるので、長居は禁物だけど。

持ち帰りでもイートインでもお好きなほうで。
ムーヤーン、おいしいですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

ホイコムホイジューブ (1)

ホイコムは、タイのタニシ。別名ホイジューブ。屋台で一盛り40バーツ。

先日、バービアで飲んでいると、シーフード屋台売りがまわってきた。 知り合いのバービア嬢がホ

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

タマリンドシャーベット

タマリンド(マカームワーン)は、シャーベットにすると食べやすくておいしい。

タイはフルーツ天国。 市場に行けば、さまざまなフルーツが山盛りで売られている。 中には、

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。 これはタイでもカンボジアでもフィリピ

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

バンコクトップスフードコートのカオソーイ

スクンビット・ロビンソンデパート地下TOPSフードコートのカオソーイ

バンコク・スクンビットソイ17と19の間にあるロビンソンデパートメント(Robinson Dep

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ノークチャイ より:

    わわわ。
    旨そう。笑
    ソンクランにパタヤ行くんで食べに行ってみます!

    • 千夜一夜 より:

      うまいですよ、ぜひ。
      書き忘れましたが、営業時間は、昼過ぎから夜10時くらいまでですかね。あまり遅く行くて閉まっています。

  2. yuu より:

    オーナーはブリラム出身ですかね。店名かな、ラーブブリラムと書いてますよ。ブアカーオからも近いので次回の訪パタヤで行かせていただきます。情報ありがとうございます。

    • 千夜一夜 より:

      タイ語情報ありがとうございます。ラーブが売りなんですかね。まだ、ここのラーブは食べてません。ナムトックと味付けは似ているんで、ラーブにも期待できます。

アドステア

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

sensations
【昨晩のウォーキングストリート】エアポートクラブとセンセーションズ

調べごとがあり、数日ぶりに夜のウォーキングストリートを訪れた。

camel toe pattaya (1)
ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(

→もっと見る

PAGE TOP ↑