パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

イサーン料理 グルメレポート

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

投稿日:2016年3月6日 更新日:

パタヤカンのイサーン屋台

パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。

パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (1)

こういった店構えは、だいたいイサーン屋台。
ソムタムやらラーブやらゲーンヘット(きのこスープ)なんかを扱っている。

この屋台で一際目を引くのが、七輪。

ムーヤーン (2)

豚肉がどーん。
香ばしい匂いが漂ってくる。

さらに、裏面もしっかり焼きましょう。
ムーヤーン (1)

これぞ、ムーヤーンだ。

いやあ、うまそう。
いや、うまくないはずがない。
ムーヤーンのしたたる油がたまりませんな。

SPONSOR LINK



ナムトックムー

この豚肉、そのままムーヤーンとして食べるのもいい。以前は何度か食べたが、それはうまかった。イサーン出身者と食べたのだが、二人して笑顔になるほどの味。

今回は一人での訪問。
よし、この豚肉を使ったナムトックムーにしてみよう。

注文は簡単です。
「ナムトックムー」と告げるだけ。
カオニャオも一緒にどうぞ。

屋台ながらも、テーブルがいくつか置いてあり、店内で食べることができる。まあ、道路のかたわらでお世辞にも清潔とは言いがたいが、そんな小さなことは気にしない。うまいものが食べられれば、それでいい。

ナムトックムー到着
ナムトックムー (2)

おお、うまそうだ。

ムーヤーンがしっかりしている。ほどよく脂身があってジューシー。しかも量が多い。
サラダの味付けもばっちり。紫色のたまねぎが好きなんだよねえ。肉とタレによくマッチする。
辛さもほどほどで、食べやすい。いや決して外国人向けの手加減しまくった辛さではないが、どローカル向けの激辛仕様でもなくて、ちょうどいい辛さだ。

アップで
ナムトックムー (1)

カオニャオとの相性も抜群。
これぞ、正統派のナムトックムーだ。

ナムトックムー (3)

ナムトックムー60バーツ
カオニャオ10バーツ
合計70バーツのナムトック定食の出来上がり。
野菜は無料で付いてくるよ。
水も無料です。心配な人は、隣のコンビニで買ってきましょう。

あっという間に完食。

ナムトックムー完食

大満足でした。

まあ、一人でイサーン屋台に来ると、これくらいが限界。
もう一品頼んでもいいが、お腹いっぱいになりすぎてしまう。

できれば、二人で訪れてほしい。

ここはソムタムもおいしいです。

おすすめは、ソムタム+ムーヤーン+きのこスープ+カオニャオですかね。
肉と野菜の両方が摂取できてばっちりでしょう。

追記
2017年8月にナムトックムーを持ち帰りしたところ、70バーツとなっていた。

ナムトックムー Namtokmoo (1)

味も量も変わらず、うまいまま。でも、明らかに辛くなっていた。
白ごはんが10バーツ。

ナムトックムー Namtokmoo (2)

このナムトックムーと白ごはんのセットもおすすめだ。

場所と地図

パタヤカンソイ12

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のソイ12入り口付近。
セブンイレブンの脇で営業している。

地図

ソイブッカオのパタヤカン出口から徒歩3分くらい。
まずまず便利な場所です。

屋台の外観
パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (2)

内側
パタヤカンソイ12のイサーン屋台 (3)

以前は隣にクイティアオ屋が併設されていたが、現在では見かけない。
でも、この屋台でもクイティアオを提供しているみたい。味は不明だけど。

なお、こういった屋台はドリンクの持ち込みは自由。
隣のコンビニでビールを買ってくれば、宴会できる。ムーヤーンをあてにビールを飲むのも最高である。
まあ、他の客の迷惑になるので、長居は禁物だけど。

持ち帰りでもイートインでもお好きなほうで。
ムーヤーン、おいしいですよ。

ソイブッカオでナムトックムーが食べたければ、ブッカオ常設市場前のイサーン屋台が一押し。
ここは未だにナムトックムーが50バーツだ

関連記事:ソイブッカオ市場前のイサーン料理屋台がうまい。ガイヤーン、ナムトックムー、ラーブ!

SPONSOR LINK

-イサーン料理, グルメレポート
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.