*

サードロードの格安ローカルステーキ屋ルゥンヤーイmini。ハンバーグがそこそこおいしい。

公開日: : グルメレポート


パタヤサードロードは、ローカル向けの安くてうまい食堂やレストランの宝庫。
タイ料理だけでなくて、洋食や日本食も揃っている。

今回は、サードロードのステーキ屋を紹介しよう。

店名は、ルゥンヤーイ・ミニと呼ぶようだ。英語では、Loong Yaiとだけ書いてある。

third-road-steak-loong-yai-2

おそらくは、以前紹介した、サードロードの北側にあるステーキ屋、ルゥンヤーイの姉妹店っぽい。

関連記事:サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

看板の見た目はほぼ同じだし、店の色使いも同じオレンジ。
ちょっと店が小さくて、量も少ないので、miniと呼んでいるのかね。

SPONSOR LINK

ルゥンヤーイミニ

third-road-steak-loong-yai-2

最初に発見したのは8月のこと。
それから何度も通っている。

実食したメニューをいくつか紹介していこう

メニュー
third-road-steak-loong-yai-1

英語版とタイ語版あり。
本来は自分でタイ語の注文表にチェックを入れて注文するが、口頭でも大丈夫。
店員によってはさっぱり英語が通じないが、指差しで何とかなる。

おそらく10月以降に値上げされている。

現在のメニュー。ステーキ各種5バーツ値上げだ。
third-road-steak-loong-yai-4

ポークハンバーグステーキ

まず最初に食べたのがポークハンバーグステーキwithブラックペッパーソース。当時55バーツ。(現在60バーツ)

third-road-steak-loong-yai-5

こぶりなハンバーグに、フライドポテトとサラダが添えられている。

このハンバーグが意外とおいしい。
まったく期待していなかっただけあって、ちょっとびっくりした。

third-road-steak-loong-yai-6

意外と厚みもある。

きちんと肉のうまみがする。
ただし、日本のハンバーグよりは全体的に固い。決して肉がかたいわけではなくて、つなぎの問題だと思う。
そのぶん、ステーキっぽさは増しているかな。
ハンバーガーのパテと、日本のハンバーグの間くらいの味わい。
ソースは、胡椒がきいたピリ辛風味。
白ご飯と一緒に食べてもよさそうだ。

ポークステーキ

ついでに無難にポークステーキ。65バーツ。

third-road-steak-loong-yai-3

実に肉肉しい。
かなりワイルドである。ちょっと固いが、これはこれで好きだなあ。肉をむさぼっている気分にさせてくれる。

ポテトの種類が変わって量もちょっと少なくなった。これは残念。

ビーフハンバーグステーキ

ポークはもう食べたので、お次はビーフハンバーグステーキにしてみた。70バーツ。
ビーフのほうが10バーツ高い。

third-road-steak-loong-yai-2

これまたこぶりなハンバーグだ。

うん、いまいちポークとの違いがわからない。
肉の旨味はポークのほうがいいと思う。

third-road-steak-loong-yai-3

でもビーフハンバーグもそこそこおいしい。
これはバンズに挟んで、ハンバーガーにしたい。

あと、ポテトの量がやっぱり寂しい。まあ、このタイプのポテトフライのほうが好きだけど。

スパイシーチキンステーキ

最後に、チキンも紹介。
スパイシーチキンステーキ55バーツ。

third-road-steak-2

これまた、ワイルドな焼きっぷり。
以前紹介したノースパタヤのルゥンヤーイのチキンステーキと同じものだろう。ただし、量はminiだけあって少ない。

ルゥンヤーイのチキンステーキは69バーツ(値上げしていなければ)
スパイシーチキンステーキ

こうして見比べると、肉とポテトの量は段違いだ。値段も違うけど。

皮とあぶら身がたっぷりあって、かなりジューシーな味わい。
上品なチキンステーキとは一線を画すできばえ。
けっこう好き。
タレはかかっていないが、ピリ辛に仕立ててあるのでそのままどうぞ。

 

以上4品の紹介でした。
ステーキが一皿60バーツ前後。
水が10バーツ、コーラ15バーツだ。

普通のステーキなら、同じくサードロードにある「ガオライサイサーム」のほうがおすすめかな。
特にポークチョップはすばらしい。

ポークチョップ (2)

関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
関連記事:サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

ハンバーグなら、このルゥンヤーイもなかなかのもの。もうちょっと量があれば申し分ないのだが。

まあどっちにしろ、短期旅行者がわざわざ訪れるほどの店ではないでしょう。
使い勝手がいいので、わたしはちょこちょこ通っていますが。


ルンヤーイミニ地図

すぐ近くに日本食屋台のラーメンチャンピオンあり。
カツカレーは普通に食べられる味です。

関連記事:ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

ルンヤーイミニの道路向かいには、夜になると、ラーメン屋台が出ている。
しゃかりき432系列でしょう、たぶん。

thrid-road-ramen

ラーメン小サイズが59バーツ、大が99バーツのようだ。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ北側イサーン料理食堂 のソムタム

食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

先日、バービアで飲んでいた時のこと。 いつもは見かけるバービア嬢の姿がない。 ペイバーさ

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

mcdonald

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

タイの朝食といえば、おかゆ。 タイ語でジョークという。 原型がなくなるまでに煮こまれたお米が

記事を読む

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

→もっと見る

PAGE TOP ↑