*

サードロードの格安ローカルステーキ屋ルゥンヤーイmini。ハンバーグがそこそこおいしい。

公開日: : グルメレポート


パタヤサードロードは、ローカル向けの安くてうまい食堂やレストランの宝庫。
タイ料理だけでなくて、洋食や日本食も揃っている。

今回は、サードロードのステーキ屋を紹介しよう。

店名は、ルゥンヤーイ・ミニと呼ぶようだ。英語では、Loong Yaiとだけ書いてある。

third-road-steak-loong-yai-2

おそらくは、以前紹介した、サードロードの北側にあるステーキ屋、ルゥンヤーイの姉妹店っぽい。

関連記事:サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

看板の見た目はほぼ同じだし、店の色使いも同じオレンジ。
ちょっと店が小さくて、量も少ないので、miniと呼んでいるのかね。

SPONSOR LINK

ルゥンヤーイミニ

third-road-steak-loong-yai-2

最初に発見したのは8月のこと。
それから何度も通っている。

実食したメニューをいくつか紹介していこう

メニュー
third-road-steak-loong-yai-1

英語版とタイ語版あり。
本来は自分でタイ語の注文表にチェックを入れて注文するが、口頭でも大丈夫。
店員によってはさっぱり英語が通じないが、指差しで何とかなる。

おそらく10月以降に値上げされている。

現在のメニュー。ステーキ各種5バーツ値上げだ。
third-road-steak-loong-yai-4

ポークハンバーグステーキ

まず最初に食べたのがポークハンバーグステーキwithブラックペッパーソース。当時55バーツ。(現在60バーツ)

third-road-steak-loong-yai-5

こぶりなハンバーグに、フライドポテトとサラダが添えられている。

このハンバーグが意外とおいしい。
まったく期待していなかっただけあって、ちょっとびっくりした。

third-road-steak-loong-yai-6

意外と厚みもある。

きちんと肉のうまみがする。
ただし、日本のハンバーグよりは全体的に固い。決して肉がかたいわけではなくて、つなぎの問題だと思う。
そのぶん、ステーキっぽさは増しているかな。
ハンバーガーのパテと、日本のハンバーグの間くらいの味わい。
ソースは、胡椒がきいたピリ辛風味。
白ご飯と一緒に食べてもよさそうだ。

ポークステーキ

ついでに無難にポークステーキ。65バーツ。

third-road-steak-loong-yai-3

実に肉肉しい。
かなりワイルドである。ちょっと固いが、これはこれで好きだなあ。肉をむさぼっている気分にさせてくれる。

ポテトの種類が変わって量もちょっと少なくなった。これは残念。

ビーフハンバーグステーキ

ポークはもう食べたので、お次はビーフハンバーグステーキにしてみた。70バーツ。
ビーフのほうが10バーツ高い。

third-road-steak-loong-yai-2

これまたこぶりなハンバーグだ。

うん、いまいちポークとの違いがわからない。
肉の旨味はポークのほうがいいと思う。

third-road-steak-loong-yai-3

でもビーフハンバーグもそこそこおいしい。
これはバンズに挟んで、ハンバーガーにしたい。

あと、ポテトの量がやっぱり寂しい。まあ、このタイプのポテトフライのほうが好きだけど。

スパイシーチキンステーキ

最後に、チキンも紹介。
スパイシーチキンステーキ55バーツ。

third-road-steak-2

これまた、ワイルドな焼きっぷり。
以前紹介したノースパタヤのルゥンヤーイのチキンステーキと同じものだろう。ただし、量はminiだけあって少ない。

ルゥンヤーイのチキンステーキは69バーツ(値上げしていなければ)
スパイシーチキンステーキ

こうして見比べると、肉とポテトの量は段違いだ。値段も違うけど。

皮とあぶら身がたっぷりあって、かなりジューシーな味わい。
上品なチキンステーキとは一線を画すできばえ。
けっこう好き。
タレはかかっていないが、ピリ辛に仕立ててあるのでそのままどうぞ。

 

以上4品の紹介でした。
ステーキが一皿60バーツ前後。
水が10バーツ、コーラ15バーツだ。

普通のステーキなら、同じくサードロードにある「ガオライサイサーム」のほうがおすすめかな。
特にポークチョップはすばらしい。

ポークチョップ (2)

関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
関連記事:サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

ハンバーグなら、このルゥンヤーイもなかなかのもの。もうちょっと量があれば申し分ないのだが。

まあどっちにしろ、短期旅行者がわざわざ訪れるほどの店ではないでしょう。
使い勝手がいいので、わたしはちょこちょこ通っていますが。


ルンヤーイミニ地図

すぐ近くに日本食屋台のラーメンチャンピオンあり。
カツカレーは普通に食べられる味です。

関連記事:ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

ルンヤーイミニの道路向かいには、夜になると、ラーメン屋台が出ている。
しゃかりき432系列でしょう、たぶん。

thrid-road-ramen

ラーメン小サイズが59バーツ、大が99バーツのようだ。

SPONSOR LINK

関連記事

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

ボートのトンカツカナーごはん

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。 今回はBOATレストランを

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

RETOX朝食 (4)

RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ソイレンキーにオープンしたブリティッシュスタイルのスポーツバー、RETOX(リトックス、もしくは

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

フライデイFRYDEY最新 (1)

FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

当ブログで何度か登場しているフィッシュアンドチップスの名店「FRYDAY フライデイ」

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_012417_024735_AM
HISの初売りクーポン券発行中。LCCでも3000円引き。

格安航空券の大手、H.I.S(エイチ・アイ・エス)が初夢フェアを開

Hot pot chimchum (1)
コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐり

Pattaya Darkside bar (6)
【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

→もっと見る

PAGE TOP ↑