*

ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

公開日: : 最終更新日:2016/04/17 グルメレポート


パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋を見つけた。

ステーキ屋ガオライサイサーム外観 (2)

ステーキ定食が55バーツから食べられる。
とにかく肉が柔くて分厚い。
パタヤにあるローカルステーキ屋の中では、一番のおすすめだ。
連続で3回も通ってしまった。
詳しく見ていこう。

SPONSOR LINK

ガオライサイサーム

店名は、ステーキガオライサイサーム。
知り合いのタイ人の読み方を教えてもらった。

ガオは9。ライは、はっきりしないが、種類とかそんな意味らしい。
サイサームは、サードロードのこと。

外観
ステーキ屋ガオライサイサーム外観 (1)
ステーキ屋ガオライサイサーム外観 (3)

店内
ステーキ屋ガオライサイサーム内装

高級感はまったくありませんが、新しいだけあって清潔。
客層はタイ人8割ファラン2割といったところか。

メニュー
ステーキ屋ガオライサイサームメニュー (1)

看板がタイ語のみなので心配していたが、メニューには英語が併記してある。
注文は簡単だ。

チキンステーキ 59バーツ
ポークステーキ 65バーツ
ビーフステーキ 99バーツ
フィッシュステーキ 65バーツ
ポークチョップ 69バーツ

パスタ(スパゲッティ)やスープも置いてある。

ステーキ屋ガオライサイサームメニュー (2)

ステーキ屋ガオライサイサームメニュー (3)

RICEと書かれた定食も気になる。

ステーキ屋ガオライサイサームメニュー (4)

ペットボトルの水が10バーツ、コーラ15バーツ

ポークチョップ

まずは、69バーツという安さにひかれて、ポークチョップを注文してみた。

ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ

ステーキとフライドポテトと野菜がセットになっている。

肉には焼き目が入っていて、実にうまそうだ。グラム数ははっきりしないが、150g以上はありそう。

肉が分厚い。

しかも柔らかい。

ミディアムな焼き加減も見事。

手作りと思われるマッシュルームソースもいい感じだ。肉によく合う。

これは、うまい。

サラダも新鮮。ドレッシングは出来合いのものだろうけど、問題なし。
ポテトは少なめ。ポテト好きとしては、もうちょっとほしいところだ。
(エクストラで追加可能。10バーツ。)

これで69バーツは、安い。

タイのローカルステーキ屋では、ステーキといっても、肉を鉄板でただ焼きましたといった店が多いが、ここは本格的なグリルステーキとなっている。
素晴らしい。

まあ、さすがにこの一皿でお腹いっぱいになるのは難しいかな。
肉だけを追加注文してもいいかも。

あまりにもこのステーキ屋が気に入ったため、連続で訪問してしまった。

ポークステーキ定食

つづいては、ご飯物に挑戦。

メニューのRICE欄から。

Rice+Pork Steak+Spicy Jaew +Boiled Egg 55バーツ

ステーキ屋ガオライサイサームポークステーキ定食 (1)

ポークステーキとライスと野菜(キュウリ)とゆで卵がワンプレートに載っている。
まさに定食。できれば、キュウリではなくて、キャベツかレタスにしてほしかった。
あと味噌汁があれば最高。

肉は、やっぱりうまい。

ステーキ屋ガオライサイサームポークステーキ定食 (2)

この肉厚がたまらない。
これだけ分厚いのに柔らかい。

ソースは、野菜につけるペースト状の唐辛子みたいなやつ。かなり辛い。これがメニューに書いてあるSpicy Jaewなのだろう。ナムチムの一種。
ステーキにはそれほど合わないかも。わたしは塩コショウでいただいた。
それでも、肉がしっかりしているんで、塩コショウだけでも大丈夫。

ごはんがついているとはいえ、量的にはやはり物足りない。
まあ、55バーツで、おいしいステーキとご飯が食べられるのだ。文句は言えない。
それにして55バーツは安いなあ。

ポークステーキ

最後は、一番無難なポークステーキで。
肉は定食のものと同じかな。

ステーキ屋ガオライサイサームポークステーキ (1)

やっぱり分厚いのに柔らかい。
安定したうまさだ。

ステーキ屋ガオライサイサームポークステーキ (2)

今回のソースは、ペッパーソースだった。
これもそこそこおいしいが、個人的にはマッシュルームソースのほうが好き。

ソースは日替わりなのか、それとも指定できるのかは不明。
メニューによれば、ステーキはマッシュルームソースもしくはペッパーソースで提供されることになっている。もし指定できるようなら、マッシュルームソースがおすすめだ。

これで65バーツですか。200円ちょっとだよ。何だか申し訳なくなってくる。

ガオライサイサームの場所と地図

サードロードのソイ14入り口。
ソイをまたいで隣にローカルカラオケ屋がある。

地図

トムヤムクイティアオのマハーサムットの近くだ。
ソイブッカオから歩いて行くなら、ブッカオ常設市場のすぐ向かい側のソイをサードロードまでまっすぐ歩いて、道路を割った斜め向かいくらい。市場から歩いて5分ちょっとくらい。歩ける距離だ。

営業時間は、午後5時から深夜0時までとのこと。

メニューは英語表記だし、店員には英語が話せる人もいる。

現在のところ、わたしがイチオシのステーキ屋だ。
65バーツのポークステーキ、69バーツのポークチョップとは思えないレベルですよ。
定食の55バーツも嬉しいかぎり。

なお、コスパという点ではソイボンコットにある59バーツステーキ屋のほうが上かもしれない。パンもついていて一皿でそこそこおなかいっぱいになれるんで。
でも、肉の味は断然ガオライサイサームの勝ち。

次回は、ビーフステーキを食べてみたい。

ソイブッカオからは徒歩圏内なんで、パタヤでステーキが食べたくなったら、迷わずどうぞ。

あ、もちろん、それなりのお値段を出して、それなりにきちんとした輸入牛のステーキが食べたいのなら、ビーフイーターとか外国人観光客向けのステーキハウスへどうぞ。
価格が5倍とか10倍くらい違うんで、比較するのは野暮ってもんです。

ガオライサイサームは、本格的ながらも日常的に使えるステーキ屋です。

(追記)
その後、少々値上げとなっている。
でも、ポークチョップは、お値段据え置きの69バーツのまま。
おすすめのステーキ屋であることに変わりなし。

SPONSOR LINK

関連記事

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

フーターズパタヤのフーターズガール (4)

フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

2016年1月にグランドオープンしたHOOTERS PATTAYA 少し前に実際に

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ノークチャイ より:

    ここのステーキを食べてLKメトロへ。
    帰りはシーフードトムヤムラーメンで締めてホテルへ。
    ゴールデンコースですね!

    • 千夜一夜 より:

      まさにゴールデンコースですね。ウォーキングいらずです。

  2. ratchada3 より:

    おひさしぶりです。
    一昨日、LKプレジデントはどんなものかと、サードロードのあのあたりを歩いていたのですが、みつけられませんでしたー。
    確かにこのポークは美味しそうですねー。
    ちなみにポークチョップとポークステーキの違いはなんなんでしょうね?
    ポークステーキでマッシュルームソースを選択すると、違いはお肉の質くらいですか?
    定食のナムチムジェオは、コームーヤーンとかに付いてくるやつですね。確かにこのお肉にはグレービーソースみたいなのが合う気がします。
    定食ではなくて、ポークステーキやポークチョップにカオスワイを頼むのが良さそうですねー。野菜とポテトも付いてますし。
    明日までパタヤーなので、今夜あたり、夜遊び前に行ってみようかな?

    • 千夜一夜 より:

      おひさしぶりです。
      わたしも最近店ができたことに気付きました。いつできたんでしょうかね。
      ポークチョップは骨が少しだけ付いてます。ポークステーキとは、肉の部位が違うんでしょうね。ポークチョップのほうがおすすめです。
      ナムチムジェオは、たしかにステーキには向きません。かなり辛いんですよね、あれ。
      ステーキと白飯を別途注文したほうがいいかもです。
      ぜひどうぞ。

  3. こうこう より:

    ソイボンコットのステーキ屋は美味しかったデス。こちらは厚みが2倍くらいありそうですが、パサパサ感はありませんか?あと、ビーフの方のレポもお待ちしてます。

    • 千夜一夜 より:

      パサパサ感はないですよ、安心してください。ビーフはそのうち食べてみます。

  4. 案山子 より:

    初パタヤ行って来ました。 貴殿のブログのお陰で初めて来た気がしないほどノンビリと堪能でき本当に感謝感激です。これからも沢山情報お願いします。 1つ質問何ですが私はパクチーが駄目でパタヤでは日本食かマクドで済ましてしまいました。 タイ飯に興味有るのですが全ての料理にパクチー入ってそうで挑戦できてません。 パクチー無しの料理有れば教えて頂きたいです。

    • 千夜一夜 より:

      さすがに全部のタイ料理にパクチーが入っていることはないですが、まあ、けっこう入ってますよね。特にスープ系は、必ずのように振りかけられてます。
      心配な場合は、注文する時に何でもかんでも「マイサイパクチー」(パクチー抜きで)と付け加えれば、パクチーなしになります。
      無難なのは、カオパット(焼き飯)ですかね。他にもたくさんありますよ、パクチーなしの料理。わたしはパクチーの有り無しは気にならないんで、あまり意識したことがないです。
      今度、意識して料理を見ておきます。

  5. タマチャート より:

    この店に行ってきました。
    ポークチョップ69Bとごはん20Bを食べてきました。

    コスパがいいですね。
    肉も美味しかった。

    ビーフも気になります。
    ぜひ、実食して感想をUPして下さい。

    僕はスパゲッティも食べてみたいです。

    フリーwifiもあるんですね。
    帰るときに気付きました。

    • 千夜一夜 より:

      ポークチョップは、おいしいですねえ。
      白ご飯は20バーツですか。合計89バーツなんで、やっぱりコスパはいいですね。
      確かにパスタも気になります。
      二人で訪れるなら、白飯のかわりにパスタ一皿をシェアするのもアリかと思います。
      フリーWifiは、奥の厨房入り口のところにログイン名とパスワードが貼ってあります。電話番号と9raisai3だったような。

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑