*

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

公開日: : グルメレポート


サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さな店が集まっている。

昼間通りかかると、ステーキ屋っぽい看板の店を発見。

昼間のステーキ屋

間口は狭いんで大したことはなさそうだが、念のため、夜に再訪してみた。

すると、昼間だけ営業している店の軒先を夜に借りて大掛かりに展開する屋台店だった。

SPONSOR LINK

ステーキルゥンヤーイ

外観
サードロードステーキ屋 (2)
サードロードステーキ屋 (1)

テーブル数が多い。路上にまではみ出している。

店の名前をタイ人に確認すると、ステーキルゥンヤーイ。

ルゥンヤーイは、大きなおじさんという意味らしい。ビッグアンクルと英語で説明してくれた。
あ、もちろん、ステーキの発音は、「ステーク」なんでお間違えなく。英語もタイ語も同じで、ステーク。

メニューは写真と英語付きでわかりやすい。

ステーキ屋メニュー (2)

ステーキとパスタがメイン。

ポークステーキ
ステーキ屋メニュー (3)

チキンステーキ
ステーキ屋メニュー (4)

ビーフステーキ
ステーキ屋メニュー (5)

魚ステーキや魚フライもあり。
ご飯とステーキがセットになった定食もある。
ステーキ屋メニュー (1)

注文は、テーブルの上にある注文票に自分でチェックを入れるスタイル。

ステーキ屋注文票

これはタイ語表記のみなんで、わからない人は、店員を呼んで口頭で告げればオッケー。
店員がかわりに印を入れてくれる。

スパイシーチキンステーキ

とりあえず、スパイシーチキンステーキとコーラを注文してみた。
メニュー番号2番のSpicy Chicken Steak。69バーツ。

ちなみに、コーラは15バーツだが、氷入りグラス代として1バーツかかるんで、合計16バーツとなる。
スパイシーチキンステーキ

ポテトとサラダの量が多い。
これは単純にうれしい。
同じような価格帯のローカルステーキ店では、一番多いかもしれない。

肝心のチキンステーキだが、肉がやわらかくて、とにかくジューシーだ。
焼き加減も上手で、皮にいい感じの焦げ目がついている。

スパイシーという料理名どおり、けっこう辛めの味付けとなっている。
ソースは付いていないが、このまま食べても充分。
舌にぴりぴり響く辛さだ。
ちょっとケチャップをつけて食べるとマイルドになった。

チキンは、ほんの少しだけ骨が付いていたが、ほぼ丸ごと食べることができる。

肉自体にボリュームがあって、サラダとポテトも量が多いんで、一皿でそこそこお腹いっぱいになった。
コスパ的には、かなり優れていると思う。
49バーツのペッパーチキンステーキも気になるところだ。味付けが違うだけで肉が同じならば、コスパは抜群であろう。

ポークステーキ

サードロード付近にある同種の格安ステーキ店との比較のため、定番のポークステーキも後日注文してみた。
メニュー番号3番のTender Peppered Pork Steak
こちらも69バーツ。

ポークステーキ (1)

ポークステーキ (2)

ボリュームはあるが、豚肉自体はちょっとぱさぱさしており、焼き方ももう一つ。
ソースはピリ辛だが、これといって特徴のない味。
サラダとポテトは同じなので、全体的な量は多い。
でも、この豚肉の味なら、ガオライサイサームの69バーツポークチョップのほうが断然上だな。ソースもおいしいしね。

 

ただ、チキンステーキはかなりいい感じ。
まあ、屋台のガイヤーンでもいいような気もする。この大きさのガイヤーンだとイサーン屋台で30バーツか40バーツほどだろうか。

あとでタイ人の友人に聞いてみると、パスタがおいしいと言っていた。
たしかに、他のタイ人客を見ていると、パスタの注文率が高かった。
料理はテイクアウト可能。

地図

サードロードのパタヤカン寄り、スクンビット(山側)沿いにある。
すぐ隣が、ヴィーナスラウンジ。
道路向かいは、SMK(シーモンコン)と呼ばれるイサーン&カンチャナブリー方面行き長距離バス会社となっている。
営業時間は、夕方から深夜まで。よくあるタイプの夜型店舗です。暗くなってから訪問すれば、たぶん開店しているでしょう。

サードロードのステーキ屋

サードロード付近にはローカルステーキ屋が多い。
コスパの高いステーキ店が多数揃っている。まさにお肉天国だ。

その中でも一押しなのが、やはりポークチョップ69バーツのガオライサイサーム。ここの肉と焼き加減は素晴らしいと思う。全体的に少し値上げしたが、ポークチョップはお値段据え置き。
ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ
ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

一番安いのは49バーツのステーキ屋。肉はもう一つかも。ソースはそこそこおいしい。
49バーツポークステーキ (2)
サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

ソイボンコット内にある59バーツステーキ屋は、パンも付いていてコスパは上等。豚喉肉(コームーヤーン)ステーキも置いてある。
ソイボンコットの59バーツステーキ
ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。
ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

他にもサードロードの北側にもう1軒、発見している。探せばまだまだありそうだ。
パタヤのローカルステーキ屋探索はまだまだ続く。

SPONSOR LINK

関連記事

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂 地図 ブッカオ沿いにあるゴーゴーバー「クラブ・

記事を読む

アドステア

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑