*

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

公開日: : グルメレポート


サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さな店が集まっている。

昼間通りかかると、ステーキ屋っぽい看板の店を発見。

昼間のステーキ屋

間口は狭いんで大したことはなさそうだが、念のため、夜に再訪してみた。

すると、昼間だけ営業している店の軒先を夜に借りて大掛かりに展開する屋台店だった。

SPONSOR LINK

ステーキルゥンヤーイ

外観
サードロードステーキ屋 (2)
サードロードステーキ屋 (1)

テーブル数が多い。路上にまではみ出している。

店の名前をタイ人に確認すると、ステーキルゥンヤーイ。

ルゥンヤーイは、大きなおじさんという意味らしい。ビッグアンクルと英語で説明してくれた。
あ、もちろん、ステーキの発音は、「ステーク」なんでお間違えなく。英語もタイ語も同じで、ステーク。

メニューは写真と英語付きでわかりやすい。

ステーキ屋メニュー (2)

ステーキとパスタがメイン。

ポークステーキ
ステーキ屋メニュー (3)

チキンステーキ
ステーキ屋メニュー (4)

ビーフステーキ
ステーキ屋メニュー (5)

魚ステーキや魚フライもあり。
ご飯とステーキがセットになった定食もある。
ステーキ屋メニュー (1)

注文は、テーブルの上にある注文票に自分でチェックを入れるスタイル。

ステーキ屋注文票

これはタイ語表記のみなんで、わからない人は、店員を呼んで口頭で告げればオッケー。
店員がかわりに印を入れてくれる。

スパイシーチキンステーキ

とりあえず、スパイシーチキンステーキとコーラを注文してみた。
メニュー番号2番のSpicy Chicken Steak。69バーツ。

ちなみに、コーラは15バーツだが、氷入りグラス代として1バーツかかるんで、合計16バーツとなる。
スパイシーチキンステーキ

ポテトとサラダの量が多い。
これは単純にうれしい。
同じような価格帯のローカルステーキ店では、一番多いかもしれない。

肝心のチキンステーキだが、肉がやわらかくて、とにかくジューシーだ。
焼き加減も上手で、皮にいい感じの焦げ目がついている。

スパイシーという料理名どおり、けっこう辛めの味付けとなっている。
ソースは付いていないが、このまま食べても充分。
舌にぴりぴり響く辛さだ。
ちょっとケチャップをつけて食べるとマイルドになった。

チキンは、ほんの少しだけ骨が付いていたが、ほぼ丸ごと食べることができる。

肉自体にボリュームがあって、サラダとポテトも量が多いんで、一皿でそこそこお腹いっぱいになった。
コスパ的には、かなり優れていると思う。
49バーツのペッパーチキンステーキも気になるところだ。味付けが違うだけで肉が同じならば、コスパは抜群であろう。

ポークステーキ

サードロード付近にある同種の格安ステーキ店との比較のため、定番のポークステーキも後日注文してみた。
メニュー番号3番のTender Peppered Pork Steak
こちらも69バーツ。

ポークステーキ (1)

ポークステーキ (2)

ボリュームはあるが、豚肉自体はちょっとぱさぱさしており、焼き方ももう一つ。
ソースはピリ辛だが、これといって特徴のない味。
サラダとポテトは同じなので、全体的な量は多い。
でも、この豚肉の味なら、ガオライサイサームの69バーツポークチョップのほうが断然上だな。ソースもおいしいしね。

 

ただ、チキンステーキはかなりいい感じ。
まあ、屋台のガイヤーンでもいいような気もする。この大きさのガイヤーンだとイサーン屋台で30バーツか40バーツほどだろうか。

あとでタイ人の友人に聞いてみると、パスタがおいしいと言っていた。
たしかに、他のタイ人客を見ていると、パスタの注文率が高かった。
料理はテイクアウト可能。

地図

サードロードのパタヤカン寄り、スクンビット(山側)沿いにある。
すぐ隣が、ヴィーナスラウンジ。
道路向かいは、SMK(シーモンコン)と呼ばれるイサーン&カンチャナブリー方面行き長距離バス会社となっている。
営業時間は、夕方から深夜まで。よくあるタイプの夜型店舗です。暗くなってから訪問すれば、たぶん開店しているでしょう。

サードロードのステーキ屋

サードロード付近にはローカルステーキ屋が多い。
コスパの高いステーキ店が多数揃っている。まさにお肉天国だ。

その中でも一押しなのが、やはりポークチョップ69バーツのガオライサイサーム。ここの肉と焼き加減は素晴らしいと思う。全体的に少し値上げしたが、ポークチョップはお値段据え置き。
ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ
ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

一番安いのは49バーツのステーキ屋。肉はもう一つかも。ソースはそこそこおいしい。
49バーツポークステーキ (2)
サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

ソイボンコット内にある59バーツステーキ屋は、パンも付いていてコスパは上等。豚喉肉(コームーヤーン)ステーキも置いてある。
ソイボンコットの59バーツステーキ
ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。
ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

他にもサードロードの北側にもう1軒、発見している。探せばまだまだありそうだ。
パタヤのローカルステーキ屋探索はまだまだ続く。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

LEELAカフェ (4)

サードロードのオシャレかつ気軽なカフェ、Leela Coffee&Restaurant

パタヤのカフェシリーズ。 今回紹介するのは、サードロードにあるLee La Coffee &a

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

ボートのトンカツカナーごはん

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。 今回はBOATレストランを

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

ヤムルークチンつみれサラダ (6)

生乳入り豚つみれサラダ、ヤムルークチン

その屋台は、遠目には、おでんに見えた。 串にささったネタが、ずらりと勢揃い。 ま

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。 ⇒パタヤでカオソーイ

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑