*

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

公開日: : グルメレポート


サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

店名は、Steak Khun Chay
49バーツステーキ屋 (2)

チャイさんのステーキ屋という意味だろうか。

サードロードの49バーツステーキ屋

看板には49バーツとうたってある。
気になったので、実食してみた。

本当に49バーツで食べられたよ。
しかも、そこそこおいしい。
いいね。

SPONSOR LINK

Steak Khun Chay

場所はサードロード沿い、東側。
日本カラオケ「蘭」の数軒隣といえば、わかりやすいだろうか。
サードロードの向かい側には、ディスコエキサイトの跡地が広がる。
49バーツステーキ屋 (3)
ほぼ真正面に見えるのがホテル「サワディ・サイアム」となる。
ブッカオからは、ソイエキサイトあるいはソイチャイヤプーンを通り抜けて歩いて行ける距離。5分はかかるが、10分はいらない。

地図

外観と店内
49バーツステーキ屋 (5)

49バーツステーキ屋 (4)

店内は意外と広くて、奥まで席がある。

営業時間は聞いていないが、わたしが訪れた午後3時頃にはすでにオープンしていた。おそらく昼過ぎから夜10時くらいまでか。

メニュー
49バーツステーキ屋メニュー (2)

注文票を兼ねた一枚もののメニューがある。残念なことにタイ語表記のみ。

わたしは「ポークステーク ミーマイ?」と聞いてみた。
すると、メニューの中を指さして、これだと教えてくれた。
タマダー(普通)で49バーツ。

49バーツステーキ屋メニュー (1)

じゃあ、それちょうだいと注文確定。
チキンやビーフステーキの値段は不明。おそらくチキンも49バーツ。
かろうじて、Tボーンステーキだけわかる。169バーツ。

49バーツステーキ屋 (1)

水は10バーツ。
氷入りのコップを持ってきてくれるんで、テーブルの上に置いてある瓶を勝手に開封して飲めばいいだけ。
実際には注文していなが、おそらくコーラが15バーツで、ビールが70バーツ。

壁に貼られた見本写真には、パスタも写っている。

あと、MILKも扱っている。
壁にはこんなキャラクターが。

49バーツステーキ屋MILKキャラ

どこか他でも見かけたような気がするので、有名なブランドなのかも。

ポークステーキ49バーツ

他に客がおらず、すぐに調理してくれた。
到着。

49バーツポークステーキ (2)

ポークステーキ一枚と、フライドポテト少々、野菜サラダ。
ごくごく一般的なステーキセットの中身。

ステーキのグラム数は120gくらいかなあ。標準的なトンカツの肉よりも、やや多いくらい。

画像では判別できないが、脂身も含まれている。

肉の厚みは、こんな感じ。食べ差しの写真で汚らしいですね、すいません。

49バーツポークステーキ (1)

意外とやわらかくて、普通においしい。
脂身が逆に食欲をかきたてる。

ソースは、肉汁を利用したと思しきもの。やや脂っぽいが、黒胡椒がきいていて、ピリリとした味。それほどしつこくはなく、食べやすい。
わたしは、けっこう好き。

サラダにはマヨネーズがかかっており、これまた食べやすい。新鮮さも問題なかった。

あっという間に完食した。

全体的に量は少ない。
が、なんといっても、これだけ食べても49バーツなのだ。
文句を言うのがお門違い。

もっと量が食べたい人は、肉の大盛り(ピセーッ)を注文すればいいだろう。
もしくは、白ご飯も頼むといいだろう。白ご飯のことを「カオスワイ」もしくは「カオパオ」と言う。

わたしは、49バーツという価格を考えると、大変満足しましたね。
リピートは大有りで、次回はご飯セットで食べたい。
より詳しいメニュー調査も行う予定。意外と使える店かも。

 

なお、以前紹介したソイボンコット内にある59バーツステーキ屋も、ここから近い。ソイ18/1の中を歩いていって、さらに3分といったところ。

ボンコットステーキ屋 (6)
ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

ポークステーキで10バーツの違いだが、ボリュームは59バーツ屋に軍配があがる。こちらはパンもついているし、サラダの量も多い。肉は同じくらいか、ちょっと多いくらい。
コスパは59バーツステーキ屋のほうがちょっと上かな。
ソースの味は、49バーツのステーキ屋のほうが好き。

ボンコット内部まで歩くのは、少々しんどい。
でも、Steak Khun Chayはサードロード沿いにあって、ブッカオからなら徒歩圏内だ。LKメトロからでも10分ほどで行ける。

もちろん、BEEF EATERなどに行けば、もっとおいしいステーキが食べられるだろうが、値段がたぶん5倍から10倍くらいは違う。
このSteak Khun Chayなら、たった49バーツで、そこそこおいしいステーキが食べられる。
昼間から夕方の暇な時間にでも、散歩がてら食べに出かけてみてはいかが?

メニューはタイ語のみだが、店員には簡単な英語が通じるんで、注文も大丈夫でしょう、きっと。
ステーキは、英語やタイ語では「ステーク」と発音するのをお忘れなく。

SPONSOR LINK

関連記事

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオ2015 (1)

ブッカオ名無し食堂で久しぶりにガパオムーを食べてみた。味は復活したかな。

ソイブッカオにある青い屋根のローカル食堂。店名はない。 誰が呼んだか名付けたか、ブッカ

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

アンヘレスSMデパートフードコート (12)

【アンヘレスの食事処】SMデパートのフードコードは使い勝手良し

今回のアンヘレス滞在で2回通ったのが、SMと呼ばれる大型ショッピングモールのフードコードだ。

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂 地図 ブッカオ沿いにあるゴーゴーバー「クラブ・

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

アドステア

Comment

  1. こ~じ より:

    いつも有用な情報をありがとうございます。
    1/2になりますが、ボンコット内の59Bステーキがやっていなかったので、こちらの49Bステーキに行きました。
    ポークステーキの「ピセッ」はなく、「W」になるそうです。実際、2きれでサーブされました。
    ライスと水も頼んで118Bでしたから、49B×2+10B+10Bだったのでしょうね。
    残念だったのが、肉が冷めていたこと。作り置きだったのかもしれません。
    自分としては、またムーヤーン・ステーキを食べたいので、次回はボンコット内へ行くと思います。

    • 千夜一夜 より:

      なるほど、単純に肉が2枚で提供されるわけですか。あんまりお得感がないですね。まあ、ご飯もたべて118バーツなら、まだまだ安いですけど。
      肉が冷めているのは興ざめですねえ。わたしの時は、ちゃんと注文を受けてから焼いてくれました。
      ボンコットの59バーツステーキ屋のほうが、わたしもおすすめです。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑