*

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

公開日: : グルメレポート


SPONSOR LINK

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。
やはりパタヤのステーキといえば、ここ。サードロードのガオライサイサムだ。

ステーキ屋ガオライサイサーム外観 (1)

しつこいくらいに登場して熱心な読者の方には非常に申し訳ないが、安くておいしい店は何度でも紹介しておきたい。

詳しい行き方や食レポは以下のリンクから。

ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

 

普段はポークチョップ69バーツを愛好しているが、今回はチキンステーキを選択してみた。

サードロードステーキ屋ガオライサイサム

人気店となっても、相変わらず会議室のようなテーブルが置かれている。
注文を取るお姉さんの愛想も変わらず良好。
客層はファランがかなり増えてきたかな。日本人も見かけるようになった。

チキンステーキがこちら。

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (2)

焼き色が食欲をそそる。鉄板プレートで出されたら、日本のステーキハウスのものと遜色ない出来栄えだ。

横から見てみると、肉はこの分厚さである。

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

ナイフで切るとこうなる。

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (1)

これだけ分厚いのにきちんと火が通っている。お見事。

肝心の肉も柔らかい。ナイフですっと切れて、歯で噛むのも容易。固さは感じない。
わずかにパサパサ感があるけれど、脂身の少ない部位なんで、こんなものだろう。
マッシュルームソースとの相性も良し。
フライドポテトとサラダがついて、65バーツ。
開店当初は59バーツだったが、わずかに値上げ。
値上げしたとはいえ、やっぱりいいね、このステーキ屋は。

でも、個人的には、鶏肉にはもうちょっと皮と脂身があったほうがいい。これはカオマンガイにも共通。胸肉ばかりでは飽きてしまう。
よって、サードロードのノースパタヤ寄りにあるステーキ屋のチキンステーキのほうが好みだ。こっちは皮と脂身が多い。

スパイシーチキンステーキ
サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

それでも、ガオライサイサムはパタヤのローカルステーキ屋では一押しです。ブッカオから徒歩圏内なのもポイント高いですね。
ここで食べた中では、やっぱりポークチョップがベストかな。
日曜日は閉店していることがあるんで要注意です。

SPONSOR LINK

関連記事

hopfビール (1)

HOPF。パタヤで自家製ビールがうまいビアレストラン。ピザとソーセージもおすすめ。

エアコンの効いた店内で、生バンドの演奏がありつつ、おいしい酒と料理が楽しめる店を紹介してくれと、

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

ホイコムホイジューブ (1)

ホイコムは、タイのタニシ。別名ホイジューブ。屋台で一盛り40バーツ。

先日、バービアで飲んでいると、シーフード屋台売りがまわってきた。 知り合いのバービア嬢がホ

記事を読む

ヤムルークチンつみれサラダ (6)

生乳入り豚つみれサラダ、ヤムルークチン

その屋台は、遠目には、おでんに見えた。 串にささったネタが、ずらりと勢揃い。 ま

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

MALEE3マリーレストラン (1)

MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。

MALEE(マリー)は、パタヤで数店舗展開しているレストラン&ゲストハウス。 今回訪れたのは、

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑