タイ入国情報

タイの非常事態宣言は終了、10月1日にタイ完全開国決定

投稿日:2022年9月23日 更新日:

本日9月23日にCCSA本会議が開催された。
すでに保健省やCCSA小会議である程度の話は固まっていようだ。
事前の予測通りの本会議決定内容となった。
タイは10月1日にコロナ終了し、完全開国する。
タイはポストパンデミック段階へ移行する。

広告



非常事態宣言終了

以下、CCSA本会議後の英語版会見より。

非常事態宣言は9月30日以降は延長しないと決定した。9月30日をもって非常事態宣言は終了し、10月1日には何もない。
長く続いた非常事態宣言は終了し、タイはポストパンデミックへ移行する。

CCSAは役割を終えて解散する。
10月1日以降は保健省をはじ各省庁にて対応策を取る。
引き続きワクチン接種計画は進めていく。

タイ完全開国

非常事態宣言終了にともない、非常事態令のもとで実施されていた規制措置も解除される。
10月1日よりタイ入国制限も解除される。
つまり、ワクチン接種証明書も陰性証明書も不要で入国可能となる。

たとえコロナ感染していても入国が認められる。

これにより、タイ入国はパンデミック前の状態に戻る。
日本人はビザ免除措置を受けられるため、パスポート一つでタイに入国可能だ。

隔離措置撤廃

タイ国内で感染が確認された場合、これまでは5日間の自己隔離が求められていた。
高齢や基礎疾患があるといった脆弱グループでなく、無症状あるいは軽症にかぎり、この自己隔離措置も撤廃する。ただし5日日間は感染拡大防止対策を遵守すること。
高リスク接触者は10日間の自己健康観察が求められる。5日目と10日目にATK検査を実施することが推奨される。

タイはポストパンデミックへ移行

タイは10月1日よりパンデミックからポストパンデミック段階へと移行する。

すでに決定した事項
・Covid-19を危険な感染症から監視が必要な感染症へと引き下げる
・外国人の入国を禁ずる病気リストからCovid-19を除外
・外国人旅行者の滞在期間を延長

本日のCCSA本会議での決定事項
・非常事態宣言は9月30日をもって終了(それ以上の延長はしない)
・タイ入国制限解除、ワクチン接種証明書も陰性証明書も不要で入国可
・感染者への隔離措置撤廃

10月1日の完全開国が決まった。
国内の規制もなくなる。
ただ、混雑した場所では引き続きマスク着用を推奨とするが、強制義務はないとCCSA。

タイでは10月1日コロナ終了といっていい。
次の段階へ進む。
コロナは終わった。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.