タイ入国情報

5月1日からのタイ入国ルールを外務省とCAATが正式発表

投稿日:

4月22日のCCSA本会議にて、5月1日からの新しいタイ入国制度が承認された。
ワクチン接種済みであれば、いかなる検査も隔離もなくタイに入国できるようになる。
またワクチン未接種であっても、陰性証明書があれば検査と隔離なしでの入国が認められる。
タイ外務省とタイ民間航空局が新しいタイ入国ルールについて改めて正式告知している。

広告



タイ外務省発表の新しいタイ入国ルール

タイ外務省が5月1日からのタイ空路入国措置についてのインフォグラフィックを発表した。
4月25日付けの情報となっている。
内容は、タイランドパス申請サイトでの告知と同じ内容。
シンプルでわかりやすい。

タイランドパス登録は4月29日午前0時1分(タイ時間)に開始。

2022年5月1日より、飛行機でタイに入る旅行者は以下のような新しい入国措置の対象となる。

1.完全にワクチン接種した者
・タイランドパス登録
・パスポート、ワクチン接種証明書を含む必要書類を添付する
・最低1万ドルをカバーする医療保険加入証を添付(非タイ国籍者のみ)
(出発前およびタイ到着時の検査はどちらも不要に)

2.ワクチン未接種者
(オプション1-隔離免除)出発前72時間以内の発行されたRT-PCR検査陰性証明書を持つ旅行者
・タイランドパス登録
・最低1万ドルをカバーする医療保険加入証を添付(非タイ国籍者のみ)
・パスポートと陰性証明書を添付
(タイ到着後のいかなる検査も要求されない)

(オプション2-隔離)出発前72時間以内の発行されたRT-PCR検査陰性証明書を持たない、もしくは隔離を希望する旅行者
・タイランドパス登録
・パスポート、5日間のAQホテル予約確認書(1回のPCR検査を含む)を添付
・最低1万ドルをカバーする医療保険加入証を添付(非タイ国籍者のみ)
・AQホテル5日間隔離中に滞在4-5日目にRT-PCR検査を受ける

注意:すでにタイランドパスが発行されている旅行者は発行されたQRコードで入国することができ、新たにタイランドパスを登録する必要はない。

以上。
改めてタイ外務省が発表した形だ。
官報掲載済みかどうかははっきりしないが、もう正式決定となっているのは間違いない。
5月1日からはこのルールが適用される。

5月1日以降のタイ入国のためのタイランドパス申請は、日本時間の4月29日午前2時1分に開始される。
タイランドパス新規申請で5月1日にタイ入国したい人は、4月29日中にはタイランドパス登録すること。
書類不備がなければたぶん1日で承認されるはず。

初めての人はちょっと戸惑うかもしれない。4月30日入国分までのタイランドパス申請は現在も可能なので、予行演習しておくことをおすすめ。

関連記事:タイランドパス申請方法解説

必要書類が少なくなるだけで、概ね同じやり方になるはず。
がらっと変更になるかもしれないが。

CAATによる新しいタイ入国措置アナウンス

CAAT(タイ民間航空局)が5月1日に有効となる新しいタイ入国措置を世界各国の航空会社に向けて発行した。4月26日付けだ。

旅行者への規制内容は、タイ外務省の発表のものと同じ。
あとは、航空会社への通達となっている。

・完全なワクチン接種を受けた乗客は、いかなる検査も不要でタイに入国できる。ただし乗客はもし症状がある場合はセルフATK検査するよう推奨される。

・ワクチン未接種の乗客で、出発前72時間以内にRT-PCR検査証明書があれば、完全なワクチン接種済み乗客と同じく検査なしでタイに入国できる。
陰性証明書がない場合は5日間の隔離と4-5日目のPCR検査が求められる。

・すべての乗客は、最低1万ドルを補償する医療保険加入書が必要。

・乗客はタイランドパスシステムにおいてワクチン接種証明書もしくは陰性証明書と医療保険を登録し、承認されたQRコードを航空会社に提示にする。もしQRコードがない場合は、航空会社は乗客の搭乗を拒否する。

・航空会社は乗客の登場前にタイランドパスのQRコードを確認しなければいけない。もし、乗客がQRコードなしにタイに到着したことがわかれば、航空会社が乗客を出発地まで送り返す責任を負う。

・空港と関係機関は、施設の出入りの際のマスク着用、体温測定といった規制措置を厳格に実施すること。

以上。

タイへのフライト搭乗では、チェックイン時にタイランドパスQRコードが確認される。
以前、Test&Go利用でタイ国際航空に搭乗した際には、ワクチン接種証明書などの書類もチェックされた。
5月1日以降の搭乗で、ワクチン接種証明書と医療保険加入書のチェックがあるかは不明。念のため、どちらも印刷しておくか、スマホ保存しておき提示できるようにしておくのがベター。
Eチケットも含めて、必要書類はすべて印刷してクリアファイルにひとまとめにしておくのが手っ取り早いだろう。
スワンナプーム空港到着時にはタイランドパスQRコード確認所がある。場合によっては書類の提示が求められることがあるかもしれない。
やはり必要書類は紙で揃えて持っておくのが無難だ。

いよいよ5月1日のタイ完全開国が近づいてきた。
いかなる検査も隔離も不要だ。
でもまだタイランドパス登録など規制は残っている。
タイ旅行を考えている人は入国ルールをよく把握しておき、書類準備を進めておきましょう。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.