パタヤ近況

日本円・タイバーツ両替は過去25年で最低レートに

投稿日:

円安が止まらない。
もうどうにも止まらない。
円からバーツへのの両替レートは下がる一方だ。

広告



25年ぶりの低レート

4月13日、ソンクラン初日のパタヤは快晴。

青い空にTTカレンシーの看板が映える。

日本語表記で、「パタヤで最高の為替レート」を謳っている。

そんなTTカレンシーが提示する両替レートがこちら。

1円=0.2635バーツ

1万円を両替すると2,635バーツにしかならない。

1バーツ=3.79円

なんとまあ、1バーツ=4円が現実的に目の前に迫ってきている。

この円安ぶりはタイでも話題に。

1円=0.2661バーツ(SCBによるレート)は、過去25年で最も低いレートだと。

ちょっと調べてみた。
年間の平均レートだが以下のようになっている。

1996年:1バーツ=4.29円(1円=0.2331バーツ)
1997年:1バーツ=3.99円(1円=0.2506バーツ)
1998年:1バーツ=3.19円(1円=0.1347バーツ)

たしかに現在のレートは、1997年以来の最低レートだ。

そういえば、初めてタイを訪問しのたが1997年だった。
今は手元にないが、当時の旅日記には両替レートを記録しており、たしか1万円が2500バーツ台だった記憶がある。
カオサン通りの安ゲストハウスの個室が1泊100バーツで、400円で泊まれるのかとびっくりしたものだ。(その後訪れたインドのバラナシのドミトリーは1泊100円以下でもっとびっくりしたが)

偶然にも初めてのタイ旅行以来の最低レートとなっている。
この25年のタイの物価上昇を考えると、なかなか厳しい。
今は特殊な時期とはいえ、現在のカオサンで1泊100バーツは無理に違いない。

逆に最も高い平均レートが2012年で、1バーツ=2.56円(1円=0.3906)
この年は空前の円高で、1万円=4100バーツまで上がったような記憶がある。1バーツ2.5円以下は、本当においしかった。

うーん、この円安には困った。
日本円を元手にタイで生活しているわけで、これは本当につらい。

逆にタイバーツで生活している人にとっては格好の日本行きのタイミングだ。
でも日本はいまだに観光鎖国状態で、外国人の観光目的での日本入国は許されていない。
ソンクラン休暇中に日本旅行したかったタイ人は多いだろう。
日本人にとってもタイ人にとっても地団駄を踏む思いの円安だ。
タイで働いてバーツを得ている日本人の一時帰国には最高のタイミングだけど。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.