パタヤ近況

ブッカオ名無し食堂再開、平日のパタヤビーチは静か、LKメトロのショーガールズVIP

投稿日:

平日のパタヤの様子を少々。
街は再開へ向けて少しづつ動き出している。
ソイブッカオでは再開する店があり、新装開店を目指す店もある。

広告



ブッカオ名無し食堂復活

ソイブッカオにある名前のないローカル食堂、通称「ブッカオ名無し食堂」。
最近はずっと閉店していたが、ようやく営業を再開した。

昨年3月のパンデミック以来、店は開けたり閉めたりの繰り返しだった。
今回は長く開け続けてほしいところ。
店については賛否両論わかれるところだが、ソイブッカオ界隈の名物店であることに変わりはない。

ソイブッカオ南側では、固定屋台型の店舗が増えつつある。
新しいカフェ、新しいケバブ屋などだ。

ゲストハウス軒レストランのBuakhao Cornerは、宿泊客募集中。
マンスリーは、スタンダードが6000、バルコニーが6500、ビッグルームが7000となっている。
立地条件は素晴らしいし、これが通常時のハイシーズンならば一ヶ月6000バーツは激安といえるのだが、いかんせんプールとジム付きの豪華コンドミニアムが月5000や6000で借りられる現状では、ほとんどお得感がない。

LKメトロ

LKメトロでは店舗改装工事が続いている。

一度看板が外されたショーガールズには、新しい看板が設置された。

Showgirls VIPと金ピカの看板が踊る。
なんだか成金趣味みたいだが、これが新しい店名になるのだろうか。
まずは早く再開してほしい。

ソイ7

ソイ7のセカンドロード入り口のセブンイレブンFor Rentに。

セブン前の屋台も全部閉鎖されており、とうぶん復活しそうにない。

ソイ7内のバービアは日に日に廃墟となっていく。

Happiness Star Barがもぬけの殻となった。

ソイ7では最大規模のバービアだった。
閉鎖期間中でもテレビなどの機材はそのまま置いていて、毎日誰かしら寝泊まりして見張っていたようだが、ついには完全撤退したもよう。

このあたりのバービアはほぼ全滅で、どこもFor Rent。

平日のパタヤビーチ

平日のパタヤビーチは人が少ない。

週末はタイ人国内観光客でけっこうな賑わいだったが、平日はこんなもの。
ほとんど人がいない。

これはこれでのどかな雰囲気といえる。
でも寂しいものだ。

ウォーキングストリート

ウォーキングストリートの電線類地中化工事はまだまだ続いている。

シャッター街のウォーキングストリート。

そして、ますます廃墟化が進むウォーキングストリートだ。

廃墟の横では、MINISO(メイソウ)が営業。

ウォーキングストリート内で営業しているのは、カンナビスカフェ、ファミリーマート、薬局、そしてメイソウくらいなもの。

メイソウの看板には、日本語で「ジャパファストファッションデザイナーズブランド」と書いてあるが、実際には中国資本の企業。
もろに日本のパクリだが、今では独自に世界中でブランド展開しているそうだ。
さすがに今のウォーキングストリートではほとんど客が来ないだろうけど、廃墟の中でも営業を続けている。
日本のファミリーマートもがんばれ。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.