タイ入国情報

在タイ日本大使館より:タイ入国のための「Thailand Pass」の4月1日以降の運用方針の変更等について

投稿日:

4月1日からのタイ入国規則の変更について、在タイ日本国大使館がお知らせを発表している。
3月30日夜に出された官報の翻訳ならびに概要だ。3月31日19時55分に日本大使館らお知らせが出ており、なかなか早い仕事。
しかも、かなりわかりやすい書き方になっている。

広告



タイ入国のための「Thailand Pass」の4月1日以降の運用方針の変更等について

以下、日本大使館からのお知らせを引用。
そのあとで解説と補足をしておく。

タイ入国のための「Thailand Pass」の4月1日以降の運用方針の変更等について

ポイント
タイ政府は、4月1日以降のタイ入国に際して、タイ入国前のPCR検査を不要とする方針を既に発表していますが、3月30日、本件に関する告示(「Thailand Passシステム」の運用方針の変更に関する告示(CCSA指令第7 / 2565号))を発表しました。
同告示に基づく措置(4月1日以降適用)のポイントは以下のとおりです(従来の措置からの変更点は太字部分)。

本文
(告示原文)http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2565/E/075/T_0049.PDF

1. 隔離免除入国(Test and Go)
(1)隔離免除入国(Test and Go)の、Thailand Passシステムを通じた受付を継続する。
(2)タイ入国前のRT-PCR検査による陰性証明書を不要とする。
(大使館注)ただし、各航空会社の搭乗条件によっては、陰性証明書の提示が求められることもあり得ますので、念のためご利用の航空会社に予めご確認下さい。なお、日本からタイへの直行便を運航する日系航空会社(JAL、ANA)は、日本での飛行機搭乗時に、陰性証明書の提示は不要としています。
(3)以下の諸点をはじめ、入国許可申請および入国後の防疫措置に関する諸規則は従来通り。
(ア)申請時、COVID-19治療費等を含む2万米ドル以上の治療保障額の医療保険(英文)の確認書の提示が必要。
(イ)申請時、到着1日目の宿泊施設ないし隔離施設の予約、1度のPCR検査費用、1度の抗原検査キット(ATK)代金の支払済み予約確認書を提示する。宿泊施設は、タイ当局が定める防疫基準に則し、医療機関と提携のある施設に限り、自宅での滞在は認めない。
(ウ)到着1日目にRT-PCR検査の受検が必要。検査結果の判明まで、当該宿泊施設ないし隔離施設内に留まること。但し、保護者同伴の6歳未満の児童については唾液を用いたPCR検査でも可とする。
(エ)到着1日目のRT-PCR検査により陰性が証明された場合、施設外に出てタイ国内での行動が可能となる。
(オ)RT-PCR検査で陽性が判明した場合、施設が提携する医療機関の判断に従う。
(カ)到着1日目に滞在した宿泊施設ないし隔離施設から抗原検査キット(ATK)を受け取り、入国後5日目に自己検査を実施し、当局が指定する方法(Mor Chanaアプリ等)でタイ保健当局に報告する。

2. サンドボックス・プログラム (Sandbox Destinations)
(1)Thailand Passシステムを通じたサンドボックス・プログラムでの入国について、クラビー県、プーケット県、パンガー県、スラタニ県(タオ島、パガン島、サムイ島のみ)、チョンブリ(バンラムン郡、パタヤ市、シラチャー郡、サタヒープ郡(ジョムティアン地区、バーンサレー地区に限る))、トラート県(チャーン島群)に限定した申請受付を継続する。

(2)入国許可申請及び入国後の防疫措置に関する修正点は次の通り。
(ア)タイ入国前のRT-PCR検査による陰性証明書を不要とする。
(大使館注)ただし、各航空会社の搭乗条件によっては、陰性証明書の提示が求められることもあり得ますので、念のためご利用の航空会社に予めご確認下さい。なお、日本からタイへの直行便を運航する日系航空会社(JAL、ANA)は、日本での飛行機搭乗時に、陰性証明書の提示は不要としています。
(イ)タイ入国後の健康観察期間を5日間とし、申請時、5日間以上の宿泊施設ないし隔離施設の予約、1度のRT-PCR検査費用、1度の抗原検査キット(ATK)代金の支払済み予約確認書を提示する。宿泊施設は、タイ当局が定める防疫基準に則し、医療機関と提携のある施設に限り、自宅での滞在は認めない。

(3)以下の諸点をはじめ、入国許可申請および入国後の防疫措置に関する諸規則は従来通り。
(ア)申請時、COVID-19治療費等を含む2万米ドル以上の治療保障額の医療保険(英文)の確認書の提示が必要。
(イ)到着1日目、入国許可申請に際して予約していた宿泊施設ないし隔離施設においてRT-PCR検査を受検する。右検査で陰性が確認されれば、サンドボックス・エリア内での行動が可能となる。この場合、クラビー県、プーケット県、パンガー県、スラタニ県(タオ島、パガン島、サムイ島のみ)に限り、同地域内において、健康観察期間中(5日間)の滞在先を、3か所を上限として変更することが出来る(滞在先は、タイ当局が定める防疫基準に適合した施設に限る)。
(ウ)保護者同伴の6歳未満の児童については唾液を用いたPCR検査でも可とする。
(エ)RT-PCR検査で陽性が判明した場合、施設が提携する医療機関の判断に従う。
(オ)到着1日目に滞在した宿泊施設ないし隔離施設から抗原検査キット(ATK)を受け取り、入国後5日目に自己検査を実施し、当局が指定する方法(Mor Chanaアプリ等)でタイ保健当局に報告する。

3. 政府指定隔離宿舎(AQ, Happy Quarantine)
(1)引き続き、Thailand PassシステムでのAQ経由での入国許可申請を認める。

(2)入国許可申請及び入国後の防疫措置に関する修正点は次の通り。
(ア)タイ入国前のRT-PCR検査による陰性証明書を不要とする。
(大使館注)ただし、各航空会社の搭乗条件によっては、陰性証明書の提示が求められることもあり得ますので、念のためご利用の航空会社に予めご確認下さい。なお、日本からタイへの直行便を運航する日系航空会社(JAL、ANA)は、日本での飛行機搭乗時に、陰性証明書の提示は不要としています。
(イ)タイ入国後の健康観察期間を5日間とし、申請時、5日間以上の宿泊施設ないし隔離施設の予約、1度のRT-PCR検査費用代金の支払済み予約確認書を提示する。宿泊施設は、タイ当局が定める防疫基準に則し、医療機関と提携のある施設に限り、自宅での滞在は認めない。
(ウ)到着5日目ないし6日目、入国許可申請に際して予約していた宿泊施設ないし隔離施設においてRT-PCR検査を受検する。

(3)この他の諸規則は従来通り。

https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20220331-2.html

変更点は陰性証明書不要と隔離期間5日に短縮

在東京タイ王国大使館からも情報が出ている。

2022年4月1日以降にタイ渡航予定のタイ国籍を有しない方 の入国手順

関連記事:タイ大使館情報:2022年4月1日以降のタイ入国手順、陰性証明書不要に関する注意

読み比べてみれば、在タイ日本大使館の情報がいかにわかりやすいかよくわかる。

Test&Goの変更点は1点。
事前の陰性証明書が不要になる。それだけだ。

陰性証明書不要は、Test&Goだけでなく、サンドボックスと隔離入国でも適用される。

タイ大使館でも注意喚起していたが、各航空会社で独自の搭乗要件を定めていることがあり、陰性証明書の提示が求められる可能性はある。

日本からタイへの直行便は、タイ国際航空はホームページで陰性証明書提示不要と記載してあり、日本大使館情報ではJALとANAも不要としている。
ZIPAIRはJAL系列のため、JALと同じ扱いだろう。
ということは、日本発バンコク行き直行便に関しては、もはや陰性証明書の提示は不要と考えていい。
経由便(たとえば、日本から韓国へ行き、韓国でバンコク行きに乗り継ぐ)だと、日本の空港でのチェックインカウンターで揉めることがあるかもしれない。
気になる人は事前に確認したほうがよさそうだ。

サンドボックスと隔離あり入国では、それぞれの宿泊日数が5日間に短縮される。
サンドボックスでは特定内に5日間滞在すれば、あとはタイ国内を自由に移動できる。
とはいえ、Test&Goでは初日検査で陰性であれば、即自由行動が可能となるわけで、よほどの理由がないかぎり、日本からの旅行者がより制限の多いサンドボックスを利用する意味はない。
隔離あり入国では、ワクチン非接種者の隔離がこれまで10日間間から5日間に短縮される。

変更点はこれだけ。

Test&Goでもサンドボックスでも隔離あり入国でもタイランドパスでの事前登録は必須のままだ。
逆にいえば、タイランドパスの承認させ受けてしまえば、陰性証明書取得に悩まされることなく、あとはタイへのフライトに乗るだけ。

タイ旅行を考えている人は、タイランドパス登録に専念すればよい。

関連記事:Test&Goでのタイランドパス申請方法解説

その他の入国ルール

在東京タイ王国大使館と在タイ日本大使館の情報では触れられていないが、4月1日からのタイ入国ルールは、さらなる変更点がある。
官報は長大なもので、とても読み取れる代物ではない。

英語情報ではあるが、TAT(タイ国政府観光庁)が要点をまとめてくれている。

https://www.tatnews.org/2022/03/thailand-reopening-exemption-from-quarantine-test-go/

タイへは空路だけでなく、陸路と海路での入国も可能となっている。
陸路、海路、空路での入国可能ポイントが4月1日から増える。

4月1日から利用可能な入国地
陸路:ノンカイ、ウドンタニ、ソンクラー、サトゥーン
海路:プーケット、チョンブリ、スラタニー
空路:スワンナプーム、ドンムアン、プーケット、クラビ、サムイ、チェンマイ、ウタパオ、ハジャイ

日本からのごく一般的な旅行者は、スワンナプーム空港到着が圧倒的大多数のため、あまり気にしなくてもいい。

まとめ

Test&Goであれば、普通に日本から直行便でスワンナプームへ行き、承認済みタイランドパスを見せて入国手続きを済ませ、空港出口付近でホテルの送迎車と合流して、ホテルに向かう。PCR検査をして、結果が出るまでは部屋で待機。陰性結果通知を受け取れば、あとは部屋を出て自由行動ができる。
滞在5日目に自分でATK検査をして、結果をアプリで通知する。
行動制限はそれだけ。
初めての人はややこしく思うかもしれないが、やってみれば意外と簡単。
陰性証明書不要により、タイ入国のハードルは一つ下がった。
タイ旅行のハードルはタイランドパスにかかっている。
タイランドパスが撤廃されればタイ旅行のハードルはさらに大きく下がるが、もう少し時間がかかりそうだ。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.