タイ入国情報

タイ隔離免除入国時のPCRからATKへの検査方式変更は延期が決定

投稿日:

本日11月30日のタイ閣議において、12月16日開始予定の隔離免除入国(Test & Go)でのタイ到着後の検査方式をPCRからATKへの変更を延期することが決議された。
オミクロン株への懸念から、CCSA決定が急遽覆された形となる。
12月16日以降も、現行のPCR検査を継続することとなる。

これ以上の詳細は発表されていないが、現在の隔離免除入国制度自体はこのまま継続となるはずだ。

Test & Goでの隔離無し入国でタイランドパスを申請するには、これまでどおり、事前のAQ/SHA++ホテル(PCR検査代、空港送迎代込み)1デイパッケージプランの予約、5万ドル以上の医療保険加入、ワクチン接種証明書の提出が必要だ。
すでに12月16日以降到着予定のタイランドパスが承認済みであれば、そのまま利用できる。

新規申請の場合も、これまで通りの申請方法となる。
現時点では、12月15日以降到着予定の新規申請はストップしているが、明日12月1日から再開される予定となっている。

また、日本でオミクロン株が初めて確認されたと日本政府が発表したばかりだ。
タイが日本からの入国者に対して、なんらかの入国制限を課す可能性もある。

状況は刻一刻と変化しており、予断を許さない。
常に最新情報取得のほどを。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.